2021年05月05日

2021.5.2 さいたま彩発見ぶらり街あるき 草加市

草加市はすぐ隣がもう東京という位置にあります。本日は自宅から武蔵野線の乗り換え、その後東武スカイツリーラインで谷塚駅にやっと到着。思ったより住民も多い様子で町全体がきれいな感じでした。

東武スカイツリーライン谷塚(やつか)駅⇒富士浅間神社⇒火あぶり地蔵尊⇒今様草加宿⇒浅古家地蔵堂⇒草加市役所⇒道標「葛西道」⇒八幡神社⇒藤城家住宅⇒草加駅⇒草加神社⇒氷川中公園⇒ARK PLAZA「夢や芭蕉亭」⇒大川本陣跡⇒清水本陣跡⇒おせん茶屋⇒草加市立歴史民俗資料館⇒東福寺⇒草加宿神明庵⇒神明宮⇒草加せんべい発祥の地「おせん公園」⇒札場河岸公園⇒草加松原⇒松原綾瀬川公園⇒草加市伝統産業展示室⇒松原大橋⇒獨協大学前(草加松原)駅

東武スカイツリーライン谷塚(やつか)駅。
この路線は以前、東武鉄道伊勢崎線といったのです。1925年(大正14年)開業の駅と伺ってびっくり。なぜってこの草加は日光街道の2番目の宿場ですから当然か!と納得。
DSCN5994no2.JPG
谷塚駅東口広場にハープ像がありました。草加市は1993年(平成5年)「音楽都市宣言」をし、音楽振興推進中だそうです。

DSCN6000no2.JPG
同じく谷塚駅東口広場にあるモニュメント。タイトルは「循環」で永遠に繰り返される自然の営みと人の営みを表しているそうです。

DSCN6014no2.JPG
富士浅間神社は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)をお祀りしています。
現本殿は1842年(天保13年)に再建されたとのこと。本殿の建物は、前面に軒唐破風(のきからはふ)、千鳥破風(ちどりはふ)を配し、随所に彫刻を配したものでした。手洗い石には几号(きごう)水準点がありました。
DSCN6013no2.JPG6013
几号(きごう)水準点とは明治初期に土地の高低測量を行うために設けられた基準となる測量点で、イギリス式の測量法に従って漢字の「不」に似た記号を不朽物(恒久的に残るであろうもの)に刻印したり、「不」を彫った標石を埋めて水準点としたのです。

冨士塚。
DSCN6029no2.JPG
富士山を信仰する人々の組織、冨士講は富士行ともいわれ富士登山の代わりに誰もが身軽に登山できるように築かれた富士山を、富士塚としているのです。この富士塚は高さ約4m、横幅10.4m、奥行8.6mとのことです。

火あぶり地蔵尊。
DSCN6038no2.JPG
地蔵堂のある所は昔の処刑場跡だそうです。昔々、借金まみれの貧しい母娘がいてその母が病に倒れたことから娘としては大金持ちの奉公先に看病したいと申し出ても認められず、思い余って奉公先に火をつけたそうです。当時、火つけの罪は「火あぶりの刑」と定っていましたので、娘はこの地で処刑されたのです。でも村人たちはこの哀れな罪人の霊を慰めるために処刑された場所にお堂を建立し、地蔵を安置して供養したとのことでした。

今様草加宿。
DSCN6048no2.JPG
江戸時代初期、日光街道2番目の宿場町として誕生した「草加宿」を旧街道の風情、街なみ、川なみが残っているうちに、再生していきたいと街づくり活動が行われているのです。写真左側が旧日光街道とのことです。

DSCN6054no2.JPG
草加市役所傍にある浅古家地蔵堂は別名子育て地蔵。言い伝えでは、浅古家わきを流れていた堀が増水したときに上流から流されてきた地蔵を、浅古家先祖が救い祭ったところ、子宝に恵まれたということで地蔵堂があるようです。

道標「葛西道」。
DSCN6062no2.JPG
ここは草加宿から葛西道が分岐していた場所。葛西道はここ草加宿と東京の葛西方面を結んでいた道で、千住宿・越谷宿間の日光街道の新道が敷かれる前から通じていた古道だということでした。

DSCN6067no2.JPG
八幡神社はほぼ草加市の市街地の中心部に社殿を構える神社。江戸時代の正徳年間に神主長太夫が、八幡の神体を稲荷社に合殿としたようです。
DSCN6073no2.JPG
社殿には、草加宿七福神の恵比寿が祀られまた、江戸時代に造られたという高さ83cmの大型の雌雄一対の獅子頭が社殿内に鎮座していました。

藤城家住宅。
DSCN6077no2.JPG
旧日光道中に面して建つ「店舗」は木造2階建ての桟瓦葺(さんがわらぶき)。2階部分は開口部を障子と雨戸、縦格子とする座敷で、1階部分は大きく持ち出した庇(ひさし)部分を巧みに店舗部分に取り込み、畳敷の張り出た売場は商家の佇まいそのものです。外観は主屋根の軒先の出桁造(だしげたづくり)と縦格子が往時の風格を伝えています。

おせんさん。
DSCN6090no2.JPG
日光街道沿いに栄えた草加宿の茶屋でおせんさんが当初はお団子を作って売っていたところお団子の次の新製品として武者修行の侍から教えられてお団子をつぶして天日で乾かし焼きもちを作ったのが草加せんべいの始まりだったようです。
そして今、草加駅東口に「おせんさん」が見られるのです。
さらにちょっと離れて草加せんべいをおいしそうに食べている「あこちゃん」がいます。
DSCN6094no2.JPG
実はすぐ近くに「アコス」という商業ビルがあり、それから命名したそうです。
像の作者は草加市生まれの彫刻家、麦倉忠彦氏とのことでした。

DSCN6098no2.JPG
草加神社(旧社名・氷川神社)は、安土桃山時代(天正年間頃)に、武蔵國三之宮なる大宮氷川神社の御霊を分け戴きたことが元とのこと。享保2年神階正一位の宣旨を受け、明治6年村社に列し、同40年政令により草加町内の諸神社十一社を当社に合祀し、同42年社号を氷川神社改め、草加神社となりました。現本殿は天保年間の造営とのことです。その後定期的に本殿周囲の玉垣設置、手水舎、拝殿補修、拝殿屋根葺き替え、神輿倉の造営など行っているとのことです。本殿は二間社流造りで、多彩な彫刻がありました。

草加宿には2軒の本陣があったことから旧日光街道に面して大川本陣と清水本陣の石碑がありました。
DSCN6117no2.JPG

DSCN6119no2.JPG

草加市立歴史民俗資料館。
DSCN6132no2.JPG
当館の建物は、2008年(平成20年)、国の登録有形文化財に登録された歴史ある建物。もとは、1926年(大正15年)、草加小学校西校舎として、建築家・大川勇氏の設計により建てられた、埼玉県初の鉄筋コンクリート(RC)造校舎とのことです。その後草加小学校校舎としての利用は1979年(昭和54年)で終了し、その後現在の資料館になったとのことでした。
沢山の展示の中でも綾瀬川から出土した丸木船が印象的でした。本日は2階で端午の節句展が開催中でした。
DSCN6147no2.JPG

DSCN6165no2.JPG
東福寺は草加宿の開宿に尽力した大川図書(おおかわずしょ)が1606年(慶長11年)に創建。本堂・山門・鐘楼は江戸時代後期の建物。山門や欄間に彫刻がありました。墓処には大川図書の墓がありました。

DSCN6191no2.JPG
草加宿神明庵は、旧日光街道沿いの古民家(旧久野家)を使った観光案内所のような施設でした。中に入ると暖かいお茶をいただきました。

DSCN6193no2.JPG
神明宮は1713年(正徳3年)に、草加宿の総鎮守として現在の位置に建てられたということです。現在の社殿は1847年(弘化4年)に再建されたものだそうです。
DSCN6194no2.JPG
鳥居横の大きな石には几号(きごう)水準点が読み取れました。午前中に三田富士浅間神社の几号(きごう)水準点よりははっきり読み取れました。

おせん公園には河合曽良の像がありました。
DSCN6203no2.JPG
草加せんべい発祥の地「おせん公園」には自然石で作られた石碑がありました。
DSCN6204no2.JPG

伝右川を渡ると札場河岸公園です。ここは草加松原の南端にあたり、園内には芭蕉像、望楼、かっての河岸場、お休み処草加宿芭蕉庵がありました。
DSCN6210no2.JPG
珍しかったのは甚右衛門堰(じんざえもんぜき)。
DSCN6222no2.JPG
伝右川の2連アーチ型煉瓦造りの水門で明治7年に再構築されたとのことでした。

草加松原遊歩道は約1.5km、旧日光街道沿いに松が634本(むさし)植えられているのです。風景としてはとてもきれい。
DSCN6232no2.JPG
途中に太鼓の型で矢立橋と百代橋があり上からの松並木も見事なのです。
DSCN6231no2.JPG

松並木途中に小さなハープが飾られたハープ橋がありそれを渡ると松原綾瀬川公園に入り草加市伝統産業展示室「ぱりっせ」に到着です。
DSCN6246no2.JPG
ここは草加の3大地場産業の煎餅・ゆかた染・皮革の歴史や製造工程の紹介と製品販売をしていました。
DSCN6259no2.JPG

ウォーキングゴールは獨協大学前(草加松原)駅。東武スカイツリーラインの駅。元は東洋一のマンモス団地といわれた草加松原団地があったことから松原団地駅だったそうですが、1964年(昭和39年)そばに獨協医科大学ができたことから現在の「獨協大学前(草加松原)」に駅名が変更となったとのことです。

本日は喜多見先生・TD林さんの引率で18名が参加でした。今日は草加市の産物が草加せんべいはもちろん、本染めゆかた、皮革製品と改めて認識し、大いにうれしくなりました。ウォーキング中のルートだけでも十数軒の煎餅屋さんがありました。ちなみに市内では100軒以上ありそうでした。
喜多見先生おすすめのお土産はもちろん、「草加せんべい」。私は追加でお店ごとの味が違うということで詰め合わせも購入しました。
DSCN6265no2.JPG

今日一日のコースの中では昼食前後にパラパラ雨が降りましたが21000歩、約10kmはまずまずで終えられました。また次回もどんな街並みに出会うか楽しみにしています。
posted by yunofumi at 13:13| あちこちウォーク

2021年04月22日

2021.4.15 江戸古地図で巡る東京の街並み 第1回新橋・銀座・丸の内

我が家の地植の君子欄が今年も見事に咲いてくれました。この花を見ると「元気で今年も頑張ろう」と思う私です。
DSCN5545no2.JPG

JR新橋駅⇒GINZA9⇒土橋⇒静岡新聞ビル⇒出世街道⇒見番通り⇒金春通り・煉瓦遺構の碑・ノーブルパール⇒金春湯⇒寿司久兵衛⇒銀座博品館⇒新橋親柱⇒銀座柳2世歌碑⇒芝口御門跡⇒鉄道歴史展示室・旧新橋停車場⇒汐留シティセンター⇒日本テレビ・江戸時代の仙台藩上屋敷表門跡⇒新橋駅鉄道唱歌の歌碑⇒旧読売ビル⇒烏森神社⇒末げん(昼食)⇒新橋駅・D51機関車⇒新橋駅高架煉瓦⇒渡邉木版美術画舗⇒潟Cシグロ⇒新橋会館⇒豊岩稲荷神社⇒交詢社⇒旧朝日新聞社屋・啄木歌碑⇒空也もなか⇒BAR LUPIN⇒みゆき通り⇒鳩居堂⇒安藤七寶店・悠久の翔⇒TERMES⇒TOYU PLAZA⇒数寄屋橋公園⇒銀座ミキモト⇒銀座2丁目・銀座発祥の地碑⇒ヨネイビル・GINZA MAISON⇒奥野ビル⇒京橋跡・交番⇒東京大根河岸・青物市場蹟⇒江戸歌舞伎発祥の地碑⇒GRAHMS CAFE⇒千葉定吉道場跡⇒福岡アンテナショップ⇒鍛冶橋門跡⇒三菱美術館⇒日本郵便・タラヨウの木⇒JR駅

新橋を出発すると土橋と表示した交差点がありました。土橋はかつてお濠であった汐留川に架かっていた土の橋で、橋というより土塁に穴が開いてて水が流れるものだったようです。1962年に開通する首都高速道路の京橋〜芝浦の3年前にこの土橋と城辺橋の間が開通し、日本最初の首都高速道路の入り口の場所となったようです。
今日はこの銀座8丁目からスタートです。

静岡新聞ビル。
DSCN5558no2.JPG
文字通り静岡新聞と静岡放送。そのほか山梨日日新聞・山梨放送などが入居しているビル。丹下健三さんの設計による、メタボリズムの思想を取り入れた建物ということです。

銀座にはビルとビルとの間を通り抜けられる路地が50以上あるそうです。その中で銀座8丁目にある見番通りと並木通りを結ぶ「出世街道」と呼ばれる路地がありました。かつて、故田中角栄氏が議員時代この界隈で飲食している時、国会へ呼び出された際に、この路地を通り抜けて国会まで続く道を駆け付けたこと、角栄氏が議員から総理大臣にまで上り詰めたこと、また、この路地から国会までほぼ真っすぐに続く道が次第に広くなっていることから、「出世街道」と呼ばれるようになったということです。この路地には、京風おでんなどの店「ぎんざ魁」、「出世街道ギャラリー銀座わたなべ」、有名店「小笹寿し」などが並んでいました。
見番通りはかなめ屋の前の通り。かなめ屋の斜前には「新橋見番」 るようです。
金春通りは江戸時代に能楽の金春流の屋敷があったことに由来しているようです。
DSCN5588no2.JPG
江戸時代、幕府直属の能役者として土地や俸禄を与えられていた家柄に、金春・観世・宝生・金剛の四家があり、最も歴史のある金春家は室町時代以来繁栄し、江戸時代初期から観世太夫とともに江戸で能を演じていた名家で、屋敷なき後も、この地にその名を留めているとのことでした。

煉瓦遺構の碑。
DSCN5584no2.JPG
明治になり江戸の大火を恐れた明治政府が銀座に延べ約10kmに亘る煉瓦街を造っつたとのことです。残念ながら煉瓦街は関東大震災で消失しましたが、昭和63年に幻と言われた煉瓦街遺構が発掘され江戸東京博物館に収蔵されました。この遺構が、かつての金春屋敷跡内で発掘されたことを重要視し、あえて収蔵遺構の一部をゆかりの金春通りに建立したのが、写真にある「銀座金春通り煉瓦遺構の碑」なのです。
この碑のそばにあるノーブルパールは1946年(昭和21年)の創業以来、古き良き銀座の面影を今に残す金春通りにある「オートクチュール(高級注文服)」のお店。こちらの入り口傍には今もひっそりと昔の水道に使われていた木樋がおかれていました。

金春湯。
DSCN5599no2.JPG
現在、中央区には10軒の公衆浴場(銭湯)があるそうです。この金春通りにある「金春湯」はそのうちの一軒。銀座に残っていること自体非常に珍しいことですが、創業が江戸時代末期の1863年(文久3年)ということですからもう150年以上の歴史があるとのことです。昭和32年に現在の建物に改築されたとのことですが、江戸時代から存続している都内の銭湯の3軒の内の1軒ということです。

新橋親柱。
DSCN5613no2.JPG5613
江戸時代は、汐留川に「新橋」が架けられおり、芝口御門が出来た段階で、芝口橋と名前が変わりました。その後、芝口御門の焼失に伴い、新橋の名前に戻されたとのことでした。

銀座柳二世の歌碑。
DSCN5616no2.JPG
銀座には昔は松・桜・まき・柳が、その後はイチョウが植えられたようです。そして今、最終的に柳並木を銀座に復活させているようで東京大空襲による多くの木が焼失されたなかからの復活なので、銀座の柳二世と言われているようです。

芝口御門跡。
DSCN5625no2.JPG
この辺りの高速道路の下には、もと汐留川が流れ、旧東海道には、昭和39年まで新橋が架かっていました。1710年(宝永7年)、朝鮮の聘使(へいし)の来朝に備えて、新井白石の意見で国の威光を示しために、この新橋の北詰に、城門が建設されて、芝口御門と呼ばれたのです。城門は橋の北詰を石垣で囲って枡形とし、橋のたもとの冠木門から枡形に入って右に曲がると、渡櫓があって堅固な門扉が設けられたのです。その後、この芝口御門は1724年(享保9年)正月に焼失して以来、再建されず、石垣も撤去されたのです。

鉄道歴史展示室。
DSCN5648no2.JPG
1872年(明治5年)、新橋(東京都)−横浜(神奈川県)間に日本初の鉄道が開通したこと。この時の新橋停車場の駅舎の外観を、当時と同じ位置に再現したのがこちらの施設。建物の裏には旧新橋停車場があります。

新橋駅鉄道唱歌の歌碑。
DSCN5693no2.JPG
新橋駅烏森口のそばにあります。作詞は大和田 建樹、作曲は多 梅稚。ちなみに「汽笛一声新橋を---」に始まる歌詞は66番まであるそうです。

烏森神社(からすもりじんじゃ)。
烏森のこのあたりは武蔵の国桜田村と呼ばれていた頃、松林が多く鳥が多く集まりであった。その為当時この地帯は「枯州の森」あるいは「空州の森」と言われていた。しかもこの松林には、烏が多く集まって巣をかけていた為、後には「烏の森」とも呼ばれるようになった。それが烏森という名の起こりである。明治以降昭和7年まで町名として使われていたが、その後新橋に改められ、今ではJR新橋駅の烏森口としてその名をとどめている。

末げん( すえげん)は、1909年(明治42年)創業の老舗料理屋。創業者の丸源一郎が修行した店「末廣」と、彼の名前「源一郎」から「末げん」と称したのが起源とのこと。
本日は親子丼セットをいただきました。
三島由紀夫が自決前日の1970年(昭和45年)11月24日に楯の会のメンバー4名(森田必勝、小賀正義、小川正洋、古賀浩靖)と最後の晩餐をした場所として知られるとのことでした。

渡邉木版美術画舗。
DSCN5726no2.JPG
珍しい浮世絵専門のお店。明治42年東京、京橋で創業とのこと。浮世絵専門の画商として、オリジナル浮世絵と浮世絵復刻版を国内外に販売しているとのことでした。

豊岩稲荷神社。
DSCN5743no2.JPG
ギンザ108ビル右横の路地入り口に目印の旗がありました。路地の奥に入ったところにあった神社。ビルの壁に張りついた平面神社で縁結びの神様としても知られており女性の参拝者が多く訪れるとのことでした。

DSCN5753no2.JPG
交詢社(こうじゅんしゃ)は明治初期、福澤諭吉先生の主唱により、「銀座の地に創られた日本最古の社交機関。学校教育を終えて社会人となった人たちが、めざましく変化する実社会にたいおうするため、各人が互いの知識を交換し合って、流動する社会の実務に対処する機会を提供しようとの主旨で「知識を交換し、世務を諮詢する」ことを目的に1880年(明治13年)にもうけられたとのことです。

銀座6丁目並木通りあったのが啄木歌碑。
「京橋の瀧山町の新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな」
このころは朝日新聞社に校正係として勤めていたようです。
この碑の裏にはキツツキ(啄木鳥)が造られていました。
DSCN5764no2.JPG

DSCN5767no2.JPG

DSCN5773no2.JPG
空也もなかは東京銀座6丁目にありました。
漱石が好んだ和菓子として有名で明治17年創業の老舗「空也」です。
サクッとした最中の中に上品なしっとり餡子が入っていて、とてもおいしい。普段は予約なしでは難しいらしいのですが新型コロナの影響でしょうか、幸い求めることができました。

DSCN5776no2.JPG
BAR LUPINは太宰治の小説が好きな方が死ぬまでに一度は行きたいというバーだそうです。林忠彦、織田作之助、坂口安吾などの文人が多く通っていたお店だそうです。


安藤七宝店の窓辺に「悠久の翔」というからくり人形がありました。夢童由里子さんの作品で作動は 13:30・15: 30・17:30・19:30だそうです。
今日は動くところは見られませんでした。

DSCN5882no2.JPG
銀座2丁目には「銀座発祥の地碑」があります。ここは江戸時代に銀貨を製造する銀座役所(銀貨幣鋳造所)あり、今の銀座のはじまりなのです。

DSCN5902no2.JPG
奥野ビルは昭和初期に建てられた当時としては最先端の高級アパートだったようです。有名ギャラリーやアンティークショップなどがビルの雰囲気を生かしているのです。今も手動のEVが使われているのが驚きでした。
DSCN5906no2.JPG

江戸歌舞伎発祥の地碑。
DSCN5937no2.JPG
1624年(寛永元年)猿若中村勘三郎が中橋(日本橋と京橋の中間あたり)に猿若中村座の櫓をあげたのが江戸歌舞伎の始まりとのことです。当時は中村座のほかに市村座、森田座山村座がお上から許されていた芝居小屋だったそうです。役者としては市川団十郎や尾上菊五郎などが人気者だったようです。

JR東京駅八重洲口前を通る外堀通りは、かつて江戸城の外濠だった場所。鍛冶橋門は、1629(寛永6)年に秋月藩主黒田長興らによってつくられ他とのことですが今は「鍛冶橋門跡」という説明版があるだけでした。門前には御用絵師として江戸城本丸の襖絵を描いた加納探幽の屋敷があったようです。

DSCN5972no2.JPG
「三菱一号館」は、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された建物。ここは全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられているとのことです。この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則って同じ地に2010(平成22)年春、三菱一号館美術館として再出発したのです。

DSCN5977no2.JPG
この木は東京駅そばのKITTEにある「タラヨウの木」です。これは郵便局のシンボルの木で「はがきの木」とも言われ、実際に郵便はがきとして使えるのです。

DSCN5983no2.JPG
東京駅(とうきょうえき)はJR東日本の在来線と新幹線各路線、JR東海の東海道新幹線、地下鉄丸ノ内線が発着するターミナル駅。いつ見ても美しい駅舎は辰野金吾設計で完成まで8年かかったようです。

今日は晴天の下、それも微風で心地よい日和の中のウォーキングでした。21人の仲間と共に、何度も訪れている銀座中心のウォーキングでした。古い街なので色々ありましたが知らないことも多く、とても面白かったです。
ゴールの東京駅に着いた頃は17000歩くらいでしたから距離としてはそんなでもなかったのです。さてこのシリーズは今後、神田ー湯島ー両国ー浅草ー上野ー六本木と6回シリーズで展開予定なのです。いずれも行ったことがあるといえばそれまで! やはり本日のように新発見があるはずですから楽しみにいたします。
皆様も楽しみにして待っていてください。そしてこのブログを参考に皆様も街歩きを楽しんでいただきたいです。
posted by yunofumi at 13:59| あちこちウォーク

2021年04月17日

2021.4.11 さいたま彩発見10区ぶらり街あるき 第12回桜区

JR埼京線南与野駅--路線バス-埼玉大学⇒大久保の大ケヤキ⇒えの本(昼食)⇒秋ヶ瀬公園⇒鴨川堤桜通り公園⇒新開タワー(しびらきたわー)⇒さくらそうウ公園・田島ケ原さくらそう自生地⇒鴨川・昭和水門⇒JR西浦和駅

南与野駅(みなみよのえき)は、埼京線の駅。、埼京線は大崎駅から新宿駅、池袋駅、赤羽駅、武蔵浦和駅を経由し、大宮駅までを直通運転しています。常日頃は乗りなれていない路線なので列車のスピードがとても早く感じました。1985年開業の駅ですがまだまだ乗客は少なそうでした。東口前には広々とした鈴谷東公園がありました。
桜区はさいたま市の南西にあり、荒川を渡れば志木市などに接しています。ということでこの区のシンボルのサクラソウを訪ねるウォーキングとなりそうです。

まずは南与野駅から埼玉大学まで路線バスで移動。
DSCN5298no2.JPG
埼玉大学は国立の大学。官立浦和高等学校、埼玉青年師範学校、埼玉師範学校を統合し1949年国立大学として設置されたとのことです。現在は5学部(教養・教育・経済・理・工)、3大学院研究科(人文社会科学・教育学・理工学)を有する総合大学で、埼玉県で唯一の国立大学。ノーベル賞の梶田 隆章(かじた たかあき)先生はこちらの卒業生とのことです。

大久保領家公園を通り過ぎると大久保日枝神社がありました。
DSCN5307no2.JPG
この社は大山咋命を祭神としており地元では「領家の山王様」と呼ばれており、お産の神様としてして知られているのです。妊婦が安産を願ってお参りしその後、無事出産を終えると、母親は自分の頭髪を一房切って神前に備えてお礼参りをするのが習わしのようです。
DSCN5313no2.JPG
社頭にはある大欅(おおけやき)は、目通りの周囲が9.7mもある樹齢千年という老木。幹には空洞が見られました。
DSCN5321.JPG
この大欅は、若狭の八百比丘尼(やおびくに)が植えたと伝えるもので、「はばきさま」と呼ばれている。比丘尼は特別なもの(人魚の肉など)を食べたことで不老長寿を獲得した方とのことです。

えの本ではそば膳をいただきました。
DSCN5334no2.JPG

DSCN5337no2.JPG

これより埼玉大学キャンパスを散策しながら南区役所に向かいました。さすがに国立大学は広々していました。
DSCN5347no2.JPG

埼玉大学を通り抜けると鴨川堤桜通り公園との案内があり浦和工業団地、サイデン化学の社屋がありました。この会社は接着剤・粘着剤・塗料など化学製品を作っているようです。区役所そばにある大きな「さいたま市記念総合体育館」は「サイデン化学アリーナ」というようです。
DSCN5360no2.JPG
桜区はさいたま市内南西部にありもともとは大久保地区と土合地区の一部からなっています。大久保地区は、明治22年、上大久保村、下大久保村、五関村、植田谷領領家村、植田谷領在家村、塚本村、宿村、神田村、白鍬村の九か村が合併して大久保村となったのです。
桜区は現在人口約9万5千人、区の花はサクラソウ、区の木はサクラ、区の色はさくら色と桜一色です。
庁舎は2003年(平成15年)に開庁ですからとても新しくきれいでした。すぐ隣のプラザウエストに図書館がありました。
DSCN5392no2.JPG
近くの別所沼古墳から犀形埴輪がでたということで大きな復元がオブジエで飾られていました。
DSCN5397no2.JPG

図書館を通り抜けるといよいよ秋ヶ瀬公園です。
DSCN5401no1.JPG

荒川の手前の鴨川堤は桜通り公園というそうで、今はソメイヨシノは終わり八重桜が見られました。
DSCN5433no2.JPG

DSCN5426no2.JPG

新開タワー(しびらきたわー)は平野原送信所(ひらのはらそうしんじょ)といい、正式には「NHK平野原FM放送所」と「テレビ埼玉・浦和テレビ送信所」というそうです。埼玉県の地上デジタルテレビジョン放送およびFMラジオ放送を送信する高さ約173mの電波塔(送信所)で埼玉では最も高いタワーだそうです。電波塔としては埼玉県南部、県央地域、東部、利根地域、東京23区北部・北多摩郡市北部、千葉県北西部、茨城県南西部および群馬県南部を放送エリアとしてカバーしているようです。
DSCN5439no2.JPG

鴨川の土手を河原のほうに 浦和ゴルフ倶楽部がありました。
DSCN5468no2.JPG
浦和ゴルフ倶楽部は1962年(昭和37年)に開場したゴルフ場で長年地元にも親しまれているようです。

国道40号のさくらそう橋に着き荒川の大きな昭和水門手前を右折でいよいよ田島地区に入り、田島ケ原サクラソウ自生地です。
DSCN5524no2.JPG

DSCN5495no2.JPG

DSCN5505no2.JPG
珍しい白色のサクラソウ
DSCN5500no2.JPG
ノウルシ
DSCN5511no2.JPG
ここでちょっと休憩。埼玉の一品「シュガーバターの木」をいただきました。
DSCN5520no2.JPG
どうやらこのお菓子の製造工場が埼玉にあるらしいのです。

桜区は2003年(平成15年)に政令指定都市となったさいたま市に一区として誕生した新しい区で住民もどんどん増えているようです。区役所ができた後、その前にきれいな道ができ、さいたま市の中心に向かうのが非常に便利になったのです。私もこの道を毎朝通って埼玉県庁傍まで通勤しています。

本日は南与野駅10:00集合。その後路線バスで埼玉大学に行きここをスタートとして、いつも見ている風景の中をひたすらウォーキングを15:00西浦和駅まで約10km、2万歩超えのウォーキング。微風に撫でられながら青空とぽっかり浮かぶ雲を見、大いに楽しみました。やはりウォーキングはお天気が一番の御馳走なのでした。これからも晴天の下、ウォーキングしたいものです。
posted by yunofumi at 14:09| あちこちウォーク

2021年04月08日

2021.3.30 さいたま彩発見10区ぶらり街あるき 第11回緑区

さいたま市内の緑区ウォーキングです。JRで浦和がつく駅は8か所、浦和・東浦和・西浦和・南浦和・北浦和・中浦和・武蔵浦和・浦和美園があります。今日はそのひとつ東浦和駅に始めて降車です。

JR東浦和駅⇒見沼通船堀公園⇒附島氷川女体神社⇒稲荷社⇒鈴木家住宅⇒水神社⇒稲荷社⇒日本料理ふじ⇒木曽呂の富士塚⇒見沼通船堀⇒一休⇒赤山街道⇒大間木氷川神社⇒清泰寺・本殿・庚申塔・見性院の墓⇒見沼氷川公園⇒氷川女體神社⇒宮本二丁目バス停⇒戸田公園駅

東浦和駅(ひがしうらわえき)は、武蔵野線の駅で1973年(昭和48年)にJR(昔は国鉄)の駅として開業当初には自動改集札機が試験設置された駅。ということは当時はほぼ無人駅だったようです。しかし今は1日乗車約3万人で、しかも駅の周囲には多くの民家などがありました。
10:00春の日差しいっぱいの元で喜多見先生と共にウォーキング開始です。

DSCN4929no2.JPG
見沼通船堀公園は1731年(享保16年)に井沢弥惣兵為永(いざわそべいためなが)により開削された我が国最古といわれる閘門式運河、見沼通船堀のある公園。中ほどに芝川が流れ、その東側に見沼大用水東縁(ひがしべり)、西側には見沼大用水西縁(にしべり)がありその流れの両側には桜回廊と呼ばれる桜並木が総延長は20kmあると伺いました。本日は桜がほぼ満開で大いに楽しめそうです。

DSCN4933no2.JPG
附島氷川女体神社(つきしまひかわにょたいじんじゃ)は見沼通船堀の舟運で栄えた大間木村(おおまぎむら)の鎮守社。附島(つきしま)という地名は、かつて江戸湾(東京湾)が内陸まで侵入していた時代に島だったという名残ということです。

DSCN4946no2.JPG
この稲荷社は八丁(はっちょう)に見沼通船堀の会所があり重要な荷上場があったことで多くの人々により勧請されたお宮とのことです。

鈴木家住宅。
DSCN4952no2.JPG

見沼通船堀には、通船差配役であった鈴木家の住宅がありました。鈴木家は、幕府から見沼通船堀の差配(各船に対する積荷や船頭の割り振りなど船割りを行う業務)役を命じられていたようです。文政年間(1818年から1830年)以降は、差配を執り行う事務所(八丁会所)に出向いて差配にあたり、住まいも江戸からこの地に移したということです。現在残る鈴木家の建物(母屋・米倉・その他の建造物)は、その頃に建てられたと考えられています。当時を思い、船がありました。
DSCN4957no2.JPG

水神社。
DSCN4970no2.JPG
見沼通船堀ができた翌年の1732年(享保17年)に、見沼通舟堀が開通した江戸期に、舟の事故がないようにと祈願してできたもののようです。その堀は境内のすぐそばを流れており、大正時代くらいまでは使われていたとのことです。本殿は大正12年の大地震で全壊しその後再建されたようです。

稲荷社。
DSCN4980no2.JPG
こちらは女体権現御旅所跡だったようです。

木曽呂の富士塚。
DSCN4996no2.JPG
江戸時代に通船堀を望むように作られた富士山信仰の塚。以前は胎内巡りもできたようです。 台地上からの標高差は5.4m、直径20mの大きさ。上から見るととても高い印象で高所恐怖症の私は足がすくみました。

これより通船堀東縁の桜をしばし眺め、食事場所に向かいました。
DSCN5020no2.JPG

DSCN5065no2.JPG

DSCN5102no2.JPG

一休ではすばらしくおいしいランチをいただきました。
DSCN5115no2.JPG

大間木氷川神社そばに「赤山街道」の案内板がありました。ただただ普通の道ですがどうやら以下のようなことらしいのです。
赤山街道は、関東郡代の伊奈氏が1629年(寛永6年)に陣屋を構えた赤山(川口市赤山)に向かう街道。街道の起点は与野市あたりらしく、浦和市内の木崎・三室・尾間木地区から八丁堤を通って赤山に通じていたようです。伊奈氏は清和源氏の流れを汲む武人で、信州伊奈に住んでいたことから伊奈氏と称したとのこと。その後三河に移り松平氏、徳川家康に仕え、家康の関東入国後、伊奈氏は小室(伊奈町)、鴻巣などに一万石をいただき、小室や土屋(大宮市)などに陣屋をおいて累代治水事業に力を注いだのです。三代目半十郎忠治は、関東郡代となって、また勘定奉行も兼ね、赤山領七千石を拝領し赤山に陣屋を移したようです。忠治は治水、感慨、新田開発に力を入れ、特に利根川、荒川の大改修を行い、寛永6年には八丁堤を築き見沼溜井造成に着手したのです。現在、赤山街道は与野市や浦和市内で赤山横町とか赤山通りと呼ばれています。

大間木氷川神社の創建年代は不詳。
DSCN5129no2.JPG
旧別当寺三光院の先祖がこの地に土着してこの神社の祭祀を司るようになったものと思われ、三光院で所蔵していた笈が室町時代の漆工芸晶であることからこの神社の創建も室町期ではないかということです。年代不明ながら稲荷社二社と石神井社を合祀したとも伺いました。また、1667年(寛文7年)武蔵国一宮氷川神社(大宮市)の造替にあたり、旧本殿を買受けて建立したということです。
DSCN5134no2.JPG
正面に鳳凰、左右は牡丹の彫刻が色彩豊かに残っていました。

清泰寺(せいたいじ)。
DSCN5151no2.JPG
清泰寺は、足立坂東三十三観音霊場6番札所。平安時代初期に慈覚大師円仁が開山したと伝承されているとのことです。敷地内にはおびただしい庚申塔がありました。
墓地の奥には見性院の墓がありました。
DSCN5156no2.JPG
見性院(けんしょういん)は、戦国時代から江戸時代初期の方で甲斐国武田家家臣の穴山信君(梅雪)の正室。もともとは武田信玄の次女で、母は信玄正室三条夫人ということです。

そしていよいよ見沼大用水西縁(にしべり)の桜回廊と呼ばれる桜並木を存分に楽しみました。
DSCN5189no2.JPG

DSCN5222no2.JPG

DSCN5229no2.JPG

DSCN5237no2.JPG
見沼氷川公園は氷川女体神社の眼下に作られた公園。園内にあるハーブ園には、ラベンダーやミントなどのハーブが植えられており、良い香りがほのかに漂う憩いの空間で、人気スポットのようです。
DSCN5238no2.JPG
童謡「案山子」の歌詞は「 山田の中の一本足のかかし 天気のよいのにみの笠着けて 朝から晩までただ立ちどおし 歩けないのか山田のかかし」「 山田の中の一本足のかかし 弓矢でおどして力んで居れど 山では烏がかあかと笑う 耳が無いのか山田のかかし」
このあたりは、国定教科書の編さん官であった武笠 三(むかさ さん)の生誕地とのこと。公園の正面近くに、高さ3mブロンズ製の「案山子像」がありました。記念碑の揮毫者は国文学者である金田一春彦とのこと。平成5年4月29日に建立されたようです。台座は六角形で建立趣意書と武笠 三の略歴が刻まれていると説明を伺いました。 

またこのさいたま市には多くの竜神伝説があるとの案内がありました。
DSCN5244no2.JPG
だからでしょうか、東浦和駅前には竜神の像がありました。
DSCN5282no2.JPG

氷川女體神社。
DSCN5268no2.JPG
武蔵国有数の古社で、見沼の谷に突き出した小舌状台地の上にあるとのことです。クス、モチ、シラカシなどの暖地性植物が繁茂しており、埼玉県の「ふるさとの森」にも指定されているとのこと。
所蔵する文化財に古鈴、三鱗文兵庫鎖太刀、牡丹文瓶子、大般若経波羅蜜多経五百九十三巻 など他多数があることから「埼玉の正倉院」とも呼ばれているようです。
今から2000年前の昔、第10代崇神天皇の時代に勧請をしたと伝えられているようですが、実際は奈良時代(710〜794)の建立とのこと。氷川女體神社の「女體」は、御祭神である稲田姫命(いなだひめのみこと)に由来し、日本書紀のなかでは、稲田姫命は須佐之男命(すさのおのみこと)がヤマタノオロチ退治の際に助けて妃にした姫とされているのです。
また、一説には、当社(女體社)と、大宮区高鼻町にある大宮氷川神社(御祭神:須佐之男命・男体社)、見沼区中川にある中山神社(御祭神:大己貴命・王子社)の三社を合わせて、武蔵国一宮と称されていたとも伝えられています。実際に三社は一直線場に配置されており、氷川女體神社の拝殿には、武蔵国一宮の扁額が掲げられています。
中世以来、武門の崇敬を集めており、鎌倉北条氏、岩槻太田氏、小田原北条氏などにゆかりある書物や宝物が多く所蔵され、徳川将軍家からも社領50石を寄進されています。現在の社殿は、寛文7年(1667)徳川幕府四代将軍家綱が忍城主阿部忠秋に命じて建立したものです。本殿は三間社流れ造りで全面に朱の漆が塗られ、拝殿と相の間で結ばれており、形式的には権現造りに近い建造物です。

氷川女體神社にお参り後は宮本2丁目バス停から路線バスで東浦和駅に戻りました。
本日は桜を堪能し、先生から埼玉の一品として「浦和ポテト」と「ちりめんじゃこ」をお土産に帰宅しました。「浦和ポテト」は花月庵つくばの甘くてサツマイモ風味がいっぱいの和菓子でした。「ちりめんじゃこ」は一休のランチでいただいたのでこのおいしさを家族にも味わわせたいと思い求めたものです。
DSCN5286no2.JPG
本日は晴天の下、24℃にもなったようでしたが約2万歩超えながら、本当に気持ちよく、桜を愛で、幸せな1日でした。喜多見先生、7人の仲間の皆様、またお会いしましょう。
posted by yunofumi at 16:11| あちこちウォーク

2021年04月03日

2021.3.28 さいたま彩発見ぶらり街あるき 第10回戸田市

本日は埼玉県内でもさいたま市を離れて県央地区の街歩きに入ります。
戸田市は人口14万人の若い街で住人の平均年齢は40歳台とのこと。県内では住人の快適度は1位と伺いました。
戸田と付く駅名はこの戸田駅・北戸田駅・戸田公園駅と3か所あるとのことですが、本日のウォーキングゴールは一番大きな戸田公園駅を目指します。

JR戸田駅⇒いちげん食彩厨房⇒BZ花壇⇒沖内囃子⇒地蔵菩薩座像⇒沖内会館⇒神明榎橋⇒五差路通り⇒上戸田3丁目交差点⇒鍛冶谷町公園線⇒上戸田氷川神社⇒羽黒社⇒羽黒大権現⇒伏見稲荷⇒新田口公園(鍛冶谷・新田口遺跡)⇒新曽沖内馬頭観音像⇒Le Copain(昼食)⇒二枚橋⇒新曽小通り⇒浅間社⇒新曽南一丁目⇒金森橋⇒蒲川・新曽南の桜⇒戸田中通り・中ノ橋信号⇒戸田公園大橋⇒戸田ボートレース場⇒戸田桜づつみ⇒戸田公園⇒戸田橋⇒旧中山道・戸田渡船場跡・水神社・地蔵堂⇒戸田橋親水公園⇒川岸3丁目遊園地⇒戸田公園駅

BZ花壇。
DSCN4658no2.JPG
戸田駅前に緑のボランテア活動という看板でお花を種々植えてありました。
中央に桜の大木がありまずはほのぼの気分で出発できました。

沖内囃子(おきないばやし)は「テンノウサマ」と呼ばれる津島神社の夏祭りに奉納されるとのことで目印があるだけでした。

地蔵菩薩座像。
DSCN4667no2.JPG
1818年(文化15年)の造られたとのこと。作者は旧下戸田村の石工秋本金次郎。また銘によると新曽の観音寺の僧隆賢の指導があったようです。

上戸田氷川神社。
DSCN4694no2.JPG
上戸田氷川神社は、1382年(永徳2年)に戸田城主桃井中務大輔直和が武運長久のために大宮氷川神社を勧請し、城内に(真言宗)亀宝山能満寺多福院を建て、当社の別当とし、旧上戸田村の鎮守氏神として祀られたあようです。1893年(明治6年)に村社となり、1907年(明治40年)に旧上戸田村にあった羽黒社、道祖神社、山王社、稲荷社などを合祀したとのことでした。
羽黒大権現。
DSCN4698.JPG
伏見稲荷。
DSCN4700no2.JPG
芭蕉句碑。
DSCN4697no2.JPG

新田口公園(鍛冶谷・新田口遺跡)。
DSCN4704no2.JPG
荒川(旧入間川)の自然堤防上に立地する弥生時代後期から古墳時代前期の遺跡のようです。多数の方形周溝墓や住居跡も見つかったことから大規模集落の遺跡だそうです。

「新曽沖内の馬頭観音像」は、「寛文十庚戌暦三月廿一日(1670年)」の紀年銘がある馬頭観音とのこと。本日はお堂が開いていませんでしたので見られませんでした。
講師の説明では紀年銘の他には「武州足立郡新曽村惣百姓衆中」「奉造立馬頭観音像」という銘文が確認でき、新曽村の惣百姓衆中により造立されたということでした。

Le Copain(ル コパン)で昼食。落ち着いた雰囲気のレストランでフレンチやイタリアンを出すようです。とても美味でおまけに手際が良くまた伺いたいお店でした。
DSCN4719no2.JPG

浅間社。
DSCN4733no2.JPG
富士山信仰の冨士講は江戸時代に盛んで旧新曽村の名主がこれを建立したようです。

金森橋から新曽桜川の桜をゆっくり楽しみました。
DSCN4744no2.JPG

DSCN4762no2.JPG

TBS戸田送信所。
150mと57mの鉄塔が2本すっくと立っていました。ウォーキングしながら通りすがりに見ましたので機械類があるだろうと思われる建物などははっきりわかりませんでした。実は給電部、整合器、STL導波管などがあるとネットの情報で知りました。

DSCN4779no2.JPG
戸田公園大橋は、競艇場への通路のほか、災害時の避難通路として計画された歩道橋。橋の長さは179m、幅5.25m、主塔の高さは地上59.9m。公園内に架けられているため、橋の上部は景観を重視し、主塔から斜めに張られたワイヤーで支える斜張橋となっておりこの形式の歩道橋としては、日本最大規模の長さだそうです。1968年(昭和61年)から建設が始まり1988年(昭和63年)に完成。総工費8億3千万円だそうです。

戸田ボートレース場。
DSCN4787no2.JPG
当初は荒川左岸の排水路が計画されたようですが1940年(昭和15年)の第12回オリンピック東京大会を誘致する計画でボートコースが設られたのですがこの大会は戦争で中止。その後1964年(昭和39年)第18回オリンピック東京大会の漕艇協議会場となり、全長2400m、幅90mで完成しているとのことです。

戸田桜づつみ。
DSCN4803no2.JPG

桜づつみを過ぎると戸田公園に入りました。この公園は東西に約2.5km、南北に約300mあり、日本最大規模の人工静水コースを備えた戸田漕艇場があり、その一部は戸田競艇場なのです。公園の全域の住所が戸田市戸田公園だそうです。夏の戸田橋花火大会が有名なのです。

戸田ボートレース聖火台。
DSCN4819no2.JPG

法政大学合宿所。
DSCN4827no2.JPG
ボート部監督波間昭司先生に説明をいただきさらに艇庫の中も着せていただきました。

戸田橋(とだばし)は、東京都板橋区舟渡と埼玉県戸田市堤外の間で荒川に架かる国道17号(中山道)の道路橋。橋長519m、幅員21m。交通量が半端ない感じでした。
中山道は江戸・日本橋から京都までの136里(約544km)の街道。宿場は69宿、旧中山道は戸田渡船場がスタート。ということですが当時の面影は以下の三か所のみ。ちょっと残念です。

戸田渡船場跡。
DSCN4869no2.JPG
板橋宿と蕨宿の間にある荒川の渡し場で下戸田村が運営していたようです。江戸時代には江戸の玄関口ということで参勤交代の大名や皇女和宮も通られて様です。

水神社。
DSCN4865no2.JPG
正面の「水神宮」の碑には1769年(寛政8年)の銘がありました。古くは荒川の端にあったもので、新堤防ができてから移され、川岸に住む人々の氏神様のようになっているようです。  境内の正面には、「水神宮」や「船玉大明神」(船の守り神)と刻まれた大きな石碑が鎮座しています。また、「山王大神」や、茨城県の大杉神社から勧請した「大杉大神」(航海安全の神)などの石碑も合祀されているとのことです。

戸田橋親水公園。
DSCN4879no2.JPG
1932年(昭和7年)に完成した3代目戸田橋は吊橋の鉄橋でとても美しい橋だったようです。この橋の親柱は御影石を積み上げ、頂部には照明があり当時としてはとてもモダンだったようです。今は公園入口に立っています。

JR戸田公園駅。
この駅は1985年開業。戸田とつく3駅の中心駅。1日乗客は約35000人。時刻表から1時間当たり6本の列車が行き来しているようでした。

先生からいただいた本日の逸品は戸田公園駅そばのレガッタショップ、ロングレンジのオールの形をしたサブレでした。リュックの中に入れ持ち帰ってからいただきましたからその時には割れていましたがとても香ばしいサブレでした。
DSCN4914no2.JPG

本日喜多見先生・TD小松さんの引率で久しぶりのさいたま再発見のウォーキングでした。参加は18人。戸田市の中は公園、特に子供向けの公園が多く見受けられなるほど、新しい住人が増えているのを実感しました。コロナ禍の中でしたが何処でも密にならず、のんびりウォーキングでき、満開の桜を充分堪能できたのがとてもよかったです。次はもう一度4月中にウォーキングに参加します。まだ桜が残っているかしら、と楽しみです。
posted by yunofumi at 14:41| あちこちウォーク

2021年04月01日

2021.3.24 第5回東京十社巡り(最終回)

このシリーズのウォーキングは新型コロナの影響で昨年からずいぶんのご無沙汰となりました。おまけにシリーズ第4回目は希望の日程がまた中止となり本日いきなりの最終回です。都営地下鉄大江戸線大門駅に10:00に集合。久しぶりのことで顔なじみの方が一人もおられなかったことが逆に印象深かったです。それでもお陰様で素晴らしい晴天の下、出発しました。

都営地下鉄大江戸線大門駅A6出口⇒芝神明商店街⇒芝大神宮⇒芝公園・増上寺大門⇒芝郵便局⇒増上寺三解脱門⇒ホテルメルパルク⇒芝公園・東照宮⇒円山随身稲荷大明神⇒丸山貝塚⇒妙定院⇒赤羽橋⇒伏見三寶稲荷神社⇒柳神社⇒三田春日神社⇒慶應義塾大学⇒慶應仲通り商店街⇒田町〜JR山手線〜高輪ゲートウェイ駅⇒泉岳寺前〜都営バス〜御殿山⇒御殿山トラストシティ⇒品川神社

都営大江戸線(おおえどせん)は、練馬区の光が丘駅と新宿区の都庁前駅を結ぶ放射部と、同駅から反時計回りに都心・下町・山の手を環状に繋ぎ、再び都庁前駅に至る環状部から構成されるとのことです。環状の路線は、山手線や大阪環状線、名城線などと違って「6の字型」運転。そして起点は都庁前駅、終点は光が丘駅。路線図のラインカラーは「マゼンタ」。とても目立ちます。今日は東京のど真ん中という感じの大門駅からスタートです。

芝大神宮。
DSCN4347no2.JPG
もともとは、単に「神明」あるいは「神明宮」といわれ、武蔵国日比谷郷にあったことから「日比谷神明(日比谷神明宮)」、また飯倉御厨(後の武蔵国飯倉庄)に鎮座していたので「飯倉神明(飯倉神明宮)」。そして芝が町の様相を呈して「芝神明(芝神明宮)」と称することになったようです。また伊勢神宮の内外両宮の祭神を祀ることから、関東における伊勢信仰の中心的な役割を担い、「関東のお伊勢様」とも尊称されたとのことです。明治維新以後、現在の「芝大神宮」となったのです。
貯金塚がありました。
DSCN4359no2.JPG
東京大震災の時、貯金の払い戻しをして東京の復興に貢献した牧野元次郎の記念碑。
「倉は焼けても貯金は焼けぬ」の言葉がありました。

芝公園は増上寺を中心とした緑地帯(都立公園)。1873年(明治6年)に開園。元々は増上寺境内の敷地を公園としていたのが戦後の政教分離の考え方で宗教色のない都立公園として整備されたので現在の公園の敷地は増上寺を取り囲むような形状になっているようです。

増上寺(ぞうじょうじ)は、浄土宗の仏教寺院。山号は三縁山。9世紀、空海の弟子・宗叡が武蔵国貝塚(今の千代田区麹町・紀尾井町あたり)に建立した光明寺が増上寺の前身だということです。

増上寺大門。
DSCN4370no2.JPG
増上寺の表門である現在の大門は、旧大門の老朽化のため、昭和12年東京都によって旧大門の意匠を踏襲し1.5倍の大きさの高麗門、鉄骨鉄筋コンクリート造で再建。昨年3月東京都から増上寺に無償譲与されたのを機に、増上寺では耐震調査を行い、11月から耐震補強・外観化粧直しの改修工事を進め今年の3月末竣工し、見事に壮麗な門が蘇ったのです。

増上寺三解脱門(さんげだつもん) は 戦災を免れた建物の1つで、1622年(元和8年)建立の二重門(重層で、各層に屋根が付く門)。
DSCN4377no2.JPG
この門をくぐると、三毒(3つの煩悩、即ち貪、瞋、癡)から解脱できるとされるとのことです。内部には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されているとのことです。

増上寺大殿は 1974年(昭和49年)に再建。室町期の阿弥陀如来像、脇仏に法然上人像、善導大師像がまつられているとのことです。大殿に登る階段.は25菩薩をあらわし、25の階段となっています。また参道から大殿前に至る階段は18段で阿弥陀仏の本願である第18願だそうです。そして三門から大殿.の距離は約48間でこれは阿弥陀仏の48願。また大門からの三門は約108間で三門をくぐると108の煩悩から解脱できるとのことです。
DSCN4382no2.JPG
本日はちょうど50年に一度とかの屋根の吹き替え工事中でした。大殿全体が幕で覆われていましたがこれもとても珍しい光景です。幕には「増上寺浄土宗開宗850年慶讃事業 大殿屋根瓦総葺き替え-令和2年10月〜令和3年10月」「あなたの祈りを瓦にのせて」と記されていました。この度の瓦はチタンのようです。完成したらまたお詣りに伺いたいものです。

増上寺大殿のお隣は安国殿。
DSCN4385no2.JPG
こちらには 「黒本尊」といわれる室町時代の恵心僧都作の秘仏の阿弥陀如来が祀ってあるのです。この秘仏は徳川家康が崇拝し、当初は2尺6寸(約80cm)の金色の立像だったそうですが、長年の香煙により、黒ずんでしまったようです。正月15日、5月15日、9月15日にのみご開帳されます。今日は「黒本尊」と墨書きされたご朱印をいただきました。
徳川将軍家墓所入口からは見事に桜が咲いていました。
DSCN4408no2.JPG
そばに14代将軍徳川家茂の正室和宮ゆかりの茶室、貞恭庵がありました。貞恭とは和宮の法号だそうです。
DSCN4416no2.JPG

芝公園・東照宮は、当初、増上寺内境内にあったとのことです。
DSCN4452no2.JPG
増上寺は1590年(天正18年)家康公江戸入府の時、源誉存応が公の帰依を得て徳川家の菩提寺に定められたとのことです。
こちらの鳥居の下には几号水準点がありました。これは明治初期に土地の高低測量のために作られた基準となる測量点ということでした。

そばに「天然記念物 芝東照宮ノ公孫樹」の石碑がありました。1641年(寛永8年)安国殿再建に際し、三代将軍徳川家光が植えたものと伝えられています。
DSCN4457no2.JPG

芝公園の広々したところでビルに移る東京タワーと実際の東京タワーを見比べました。
DSCN4424no2.JPG

DSCN4425no2.JPG

丸山貝塚は全長112mの都内最大の前方後円墳。普段は丸山古墳と呼ばれているようです。頂上に上ると丸い形でした。
丸山古墳の東南斜面には丸山貝塚があり、縄文時代中期の終わり、あるいは後期のものということでした。
また丸山古墳の頂上には、「伊能忠敬測地遺功表」がありました。これは、日本全国を測量し、はじめての日本地図を製作した伊能忠敬の功績をたたえたもので、明治22年に東京地学協会が建てたものを、昭和40年に再建したものとのことです。ここに建てられたのは、伊能忠敬が測量を開始する起点となったのが高輪大木戸であったことによるようです。またそばには大きな岩がありました。この古墳が前方後円墳で昔は瓢形古墳と言われたことをこの大きな岩に書かれているのです。
DSCN4474no2.JPG

大野伴睦句碑。
DSCN4477no2.JPG
丸山古墳から下る途中にありました。昭和38年6月調理師法施行5周年にあたって、長年調理師会の名誉会長として尽力した政治家大野伴睦の労に謝するため贈呈されたものです。台座には俳句が刻まれていました。
「鐘がなる春のあけぼのの増上寺」

妙定院(みょうじょういん)は、1763年(宝暦13年)、徳川九代将軍家重公を開基として三縁山増上寺四十六世妙誉定月大僧正によって開山され、寺号は増上寺、院号は定月上人の戒号より妙定院としたようです。増上寺の別院として位置付けられているとのことです。そばに災除地蔵尊がありました。
DSCN4487no2.JPG

赤羽橋は古川に架かる橋。もともとこの橋の創架年代は不明のようですが、「正保江戸図」には橋が確認できるとのことです。1675年(延宝3年)古川の浚渫工事に伴い木橋が架けられ、1667年(寛文7年)頃古川の拡福工事により土橋となったとうかがいました。

伏見三寶稲荷神社(ふしみさんぽういなりじんじゃ)祭神は稲荷大明神。赤羽橋南交差点に面して鎮座する。社殿は一間社流造でコンクリート製。明治初期に、小林七兵衛が近くの三宝稲荷を敷地内へと移した。明治中期になって、京都伏見稲荷より分祠。何回か移動を繰り返し、現在地には昭和60年から鎮座されています。

柳神社は地元の松本町の氏神様で江戸時代中期より続いています。この神社そばには大石内蔵助さんが隠れ住んでおられ、そのころにはこちらによくお詣りされたようです。だからすぐそばには浅野家の出入り商人も住んでいたとのことです。
DSCN4505no2.JPG

三田春日神社は慶応大学東門そばにありました。958年(天徳2年)武蔵国国司藤原正房卿任国の折、藤原氏ならびに皇室外戚の氏神なる大和国春日社第三殿に祀る天児屋根命の御神霊を勧請鎮座されたという古い神社とのことです。

慶應義塾大学は、1920年に設置されています。中津藩士の福澤諭吉が藩命により江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)の中津藩中屋敷内に、1858年(安政5年)に開校した「蘭学塾」を起源に持つ大学。
DSCN4524no2.JPG
傍には慶応仲通り商店街がありました。

高輪ゲートウェイ駅はJR東日本が2014年(平成26年)に田町駅から約1.3 km、品川駅から約0.9 km付近の位置に建設し、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催にあわせて暫定開業させる計画の駅。用地に関しては、田町車両センターの設備や車両留置箇所の見直しによって創出される約13haの再開発用地を利用。新駅は都営浅草線・京急本線泉岳寺駅から300mほど南東の場所にありました。新駅設置としては、山手線では1971年に開業した西日暮里駅以来、京浜東北線では2000年に開業したさいたま新都心駅以来となるとのことでした。2020年(令和2年)3月のダイヤ改正にあわせて暫定開業。2024年度には駅前に高層ビル群が作られ本開業の予定とのことでした。近くは江戸の玄関口「高輪大木戸」として賑わった場所のようです。
はじめてこの駅に着くとロボットが試運転中だったり無人のコンビニがあったり不思議なところでした。
DSCN4556no2.JPG

JR田町駅エスカレーター脇には西郷南洲と勝海舟会見図がありました。
DSCN4544no2.JPG

御殿山バス停で下車すると御殿山トラストシティが目の前にありました。広大な庭園、チャペル、ホテルもふくめなんと優雅な空間かと思いました。珍しいアオキがありました。
DSCN4599no2.JPG

品川神社は東京十社のひとつ、また東海七福神の一社として、大黒天が祀られています。1187年(文治3年)、源頼朝が安房国の洲崎神社から、海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃当スを勧請して祀り、品川大明神と称したのがはじまりとのことです。
境内入り口にあるのは双龍鳥居。
DSCN4615n0o2.JPG

正面の階段途中には富士塚と浅間社があります。
社殿裏には板垣退助のお墓がありました。そばには「板垣死すとも、自由は死せず」の石碑もありました
DSCN4642no2.JPG

今日は晴天の元、20℃もありとても心地よいウォーキングができました。久しぶりの2万歩はちょっと応えて、京急新馬場駅から品川に出て山手線で帰路につきましたがぐっすり眠ってしまい池袋で乗り換え損ね、いやはやビックリ️!!お陰で夕方の貴重な時間を無駄にしましたが、まずは無事に自宅に到着。やはり身体は正直で鈍っていたことがバレバレの1日となりました。まずは今後に備えて懲りずにウォーキングをやってまいります。
posted by yunofumi at 15:23| あちこちウォーク

2021年03月25日

2021.3.20 第2回ひと駅ウォーク

東武東上線新河岸駅〜川越駅
新河岸駅⇒新河岸駅西口入口信号⇒(川越街道)みよし胃腸クリニック⇒埼玉糧穀梶ヒ不老川(不老橋⇒烏頭坂(うとうさか)⇒岸町・木花咲耶姫(このはなのさくやひめ)の山車庫⇒熊野神社⇒川越第2中学校⇒光西寺⇒中院⇒川越駅

新河岸駅。
2018年に駅舎が新しくなり西口・東口へ通じる階段やエスカレーター、エレベーターが設置され乗降客もとても増えた様子でした。また西口にCaféも開店したようです。
DSCN4230no3.JPG

不老川(ふろうがわ・としとらずかわ)。
川越街道を進むと不老橋につきました。橋のそばにある案内には「ふろうがわ」のフリガナがありましたが正確には「としとらずかわ」と読むのかもしれません。また荒川水系新河岸川の支流で蔵野台地上を流れる一級河川だそうですが本日は水が一滴も流れていませんでした。
DSCN4248no2.JPG

烏頭坂(うとうざか)。
DSCN4257no2.JPG
川越街道を岸町から新宿町二丁目・富士見町へ上る坂が烏頭坂(うとうざか)。新河岸川の水運が盛んな時代、新河岸で荷揚げした荷物を川越市内の問屋街へ運ぶ際、急坂で難所として知られていた烏頭坂を通ったとのことです。 往時は杉並木があり街道の風情もあったようです。 1486年(天文18年)の「廻国雑記」に「うとう坂越えて苦しき行末を、やすかたと鳴く鳥の音もかな」という歌が残っているとのことでした。 現在は、国道254号線と16号線が交差する交通量の多い通りとなっています。

岸町・木花咲耶姫(このはなのさくやひめ)の山車庫。
DSCN4258no2.JPG
この山車は岸町2丁目の所有。二重鉾、四つ車、唐破風付き囃子台で廻り舞台となっているようです。原型は昭和27年の牛車に屋台を乗せた小さなものだったのが昭和33年以降その原型に改修を重ね、平成27年に現在の形に完成させたとのことです。
人形は岩槻の福田東久の作。古事記に安産、子育ての神として登場する神武天皇の曾祖母 木花咲耶姫(このはなのさくやひめ)。山車の彫刻や見送り幕、四方幕の図柄にも木花咲耶姫(このはなのさくやひめ)に関連する物語が表されているのです。なお四方幕は現代の名工桐生市の大沢紀代美の作。彫刻は掛布の松林洋。川越には「祭り会館」がありこの山車を含めて色々見られます。

DSCN4263no2.JPG

DSCN4272no2.JPG
川越 熊野神社は、室町時代に紀州熊野から分祀された開運・縁結び・厄除けの神社。
こちらは、『明細帳』によると天正18年(1590年)蓮馨寺二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まり、以後、松郷の人々が氏神として崇敬したようです。その後、1713年(正徳3年)十六世然誉了鑑僧正の時、社殿を改築し鳥居を石造りとしたのが現在ある二の鳥居だとのことです。

小江戸川越で「しだれ桜と言えば中院」、「中院と言えばしだれ桜」と言われています。
多分見ごろと思い少し足を延ばして見に行きました。案の定少し早めですがお見事!
今年の桜はこちらで決まり!!という気分で楽しみました。
DSCN4299no2.JPG

DSCN4303no2.JPG

DSCN4306no2.JPG

そして最後に川越駅から電車に乗って帰宅。
川越駅は東武東上線の駅とJRの駅がコンコースでつながっています。東上線の駅は1915年(大正4年)に川越西町駅(かわごえにしまちえき)として開業したとのことです。まだ新型コロナウィルスの緊急事態宣言が明日で解除かな、という日なのですが、これがまたびっくりするくらいの人、人、人の波でちょっと怖くなって速攻帰宅しました。
それでもせっかくのこの春めいた一日、色々な花々を楽しみました。
DSCN4234no2.JPG

DSCN4260no2.JPG

DSCN4261no2.JPG

DSCN4323no2.JPG
結果として本日は晴天、気温20℃、18000歩のお散歩に感謝です!
posted by yunofumi at 13:34| あちこちウォーク

2021年03月09日

2021.3.6 第1回 ひと駅界隈の再度見て歩き

2021.3.6 第1回 ひと駅ウォークの補足
東武東上線上福岡〜新河岸駅
前回は川越街道をまっしぐらにウォーキングしたので終わってみれば、アレアレ!!楽しんでいない!!ということでこの週末は最寄りの名所旧跡??を訪ね歩きました。
東上線駅発祥の記念碑。
DSCN4131no2.JPG
上福岡駅東口階段下にひっそりと立っています。ポケモンフアンの聖地でもあります。これは現在の東武東上線を誘致した星野仙蔵さんの顕彰碑。まずは地元の名士だった方なのです。

慶珍地蔵尊は六道の衆生を救うお地蔵様とのこと。亨保年間に作られたようです。
DSCN4059no2.JPG

上福岡歴史民俗資料館は都市化していくこの近隣の文化などを収集・保存していました。この上福岡の原始時代から近世のことまた近くの新河岸川を含めたことも説明がありました。
DSCN4070no2.JPG

ぽかぽか陽気で気持ちがよいでーす。
DSCN4062no2.JPG

DSCN4086no2.JPG

長宮氷川神社の創建は平安時代とのこと。県内でも珍しい「向かい天狗図絵馬」があるそうです。
DSCN4088no2.JPG

西養寺は江戸時代に開かれており川越喜多院の末寺とのことです。江戸時代に作られた鉄造阿弥陀如来像が見られました。
DSCN4098no2.JPG
お堂をもっと大きくしてあげたいものですね。

権現山古墳群は新河岸川に沿った台地にありました。権現山ということは昔、徳川家康公が鷹狩に見えたからとのことです。古墳が3基ほどあり多くの土器などが出土した遺跡とのことです。
DSCN4102no2.JPG

福岡河岸記念館は回漕問屋福田屋の明治に建てられた建物の一部が残っているのです。帳場があった主屋や台所、文庫蔵、離れを見られました。
DSCN4123no2.JPG

DSCN4044no2.JPG

東上線新河岸駅は東上線が開通してすぐできた駅。新河岸川の舟運始発の駅だったようです。最近きれいな駅になりました。
そして新河岸川まで行くと旭橋のそばには新河岸川河岸場跡がありました。
DSCN4156no2.JPG

またすぐそばに日枝神社がありました。
DSCN4164no2.JPG

今日も新河岸川はゆったりしており青サギも観られました。
DSCN4163no2.JPG

その後は新河岸川の土手を30分ほど散策して川崎橋を渡って地元に帰りました。
DSCN4181no2.JPG
今日は街中の行ったこともないところを重点的にウォーキング。たまにはこのような時間も大切と思いました。
posted by yunofumi at 15:50| あちこちウォーク

2021年03月03日

2021.2.28 第1回ひと駅ウォーク 上福岡駅〜新河岸駅

東武東上線上福岡〜新河岸駅
東武東上線上福岡駅西口⇒上福岡駅前郵便局⇒上福岡駅西口入口信号(これより国道254号・川越街道)⇒コナズ珈琲⇒鶴が岡厄除地蔵尊⇒日本堂薬局⇒川越菓匠くらづくり本舗藤間亭⇒市民センター入口信号⇒川越市立高階中学校⇒川越消防署⇒東武東上線新河岸駅

明日から3月です。最近になり、そろそろ本格的にウォーキングをはじめないと体が鈍る(なまる)と考えていました。今日はとても良い日よりなのでまずは「一駅ウォーキング」を始めることにいたしました。手始めですから地元からということで武東上線上福岡〜新河岸駅のウォーキングです。
川越街道に出るとあちらこちらに色とりどりの花々が見られました。
DSCN3949no2.JPG

DSCN3952no2.JPG

DSCN3954no2.JPG

DSCN3976no2.JPG

そしてこの辺りにはまだまだ畑も多く、ネギ畑も健在でした。
DSCN3958no2.JPG
 
現在の川越街道と旧道の分かれ道に昔の案内がありました。
DSCN3992no2.JPG

途中にはある「鶴が岡厄除地蔵尊」はふじみ野市のはずれの鶴が丘にあり、お隣には「鶴が岡八幡神社」があります。
DSCN4004no2.JPG

DSCN4009no2.JPG

また街道沿には川越菓匠くらづくり本舗の藤間亭があります。
DSCN3961no2.JPG
ここは創業明治20年の菓子づくりの伝統を今に伝える和菓子屋さん。埼玉県内に多くの支店があります。私自身は十勝の小豆がつまった最中の「福蔵」、川越芋を使った「ぽくぽく」、紅赤芋を使ったスィートポテトの「べにあかくん」がとても好きです。
DSCN3983no2.JPG
こうして本日はウォーキング終了。久しぶりに大いに楽しみました。
posted by yunofumi at 16:30| あちこちウォーク

2020年12月13日

2020.12.6 さいたま彩発見ぶらり街あるき 第9回上尾市

JR上尾駅---路線バス---平方⇒馬蹄寺⇒上尾橘高入口信号⇒橘神社⇒上尾平方郵便局⇒平方公民館⇒観音堂⇒永島園⇒平方河岸・平方土地改良記念碑⇒山忠わさび轄H場⇒開平橋⇒カフェダイニングごふく ⇒八枝神社⇒上宿公民館⇒荒川土手⇒小塚浅間塚⇒上尾丸山公園⇒榎本牧場⇒徳星寺⇒雲雀---路線バス--- JR上尾駅

上尾は中山道の宿場町でしたが沿道の他の宿場と比べると少し小さかったようです。1883年(明治16年)に、日本で3番目の日本鉄道(現・高崎線)の開業とともに上尾駅が開業したのです。
DSCN3682no2.JPG
上尾市は現在人口約23万人。市の木は「かし」、市の花は「つつじ」、市民の木は「あおき」;イメージマークは「アッピ-」。駅改札口に目印で鎮座していました。

10:00からウォーキング開始、といっても本日はいきなり路線バスに乗車。約20分で平方に到着。目の前に馬蹄寺(ばていじ)がありました。天文(てんぶん)年中(1532から55)に再興されたと寺伝にあり感誉上人が当時後北条氏の配下で川越城将であった大道寺氏の甥で、各地で多くの寺院を建立していたので、平方村にも寓居(ぐうきょ)し浄土の道場を開いたと伝わっているようです。中には江戸初期の作とみられる木造阿弥陀如来と脇侍(きょうじ)像もあるとのことでした。
DSCN3703no2.JPG
大きな「モッコク」が本堂の右手にありました。
DSCN3707no2.JPG
そして「モッコク」の下に 鈴木荘丹俳諧歌碑がありました。
DSCN3709no2.JPG
これは1814年(文化11年)荘丹が建立したものだそうです。碑は自然石の上に立ち、高さ49.4cm(総高81.9cm)、幅22.7cm、奥行き17.9cmの角柱。正面に歌が一首「安心(あんじん) 俳諧の奥ハ 楽し支(き)道奈れ登(と) 踏(ふみ)堂(た)可(が)へ帝(て)者(は) 到ら連ぬ奈(な)里(り) 」どうやら「俳諧に遊び、楽しむ事も、衣食住をないがしろにしてはいけない」ということのようです。

橘神社(たちばなじんじゃ)。
DSCN3726no2.JPG
こちらには1471年(文明3年)銘の額があったことからこのころの創建かもしれないとのことです。また、口碑に創建当初は現在の平方小学校の東の「氷川山」と呼ばれる所にあったとも、平方新田の字在家にあったとも伝えられているようです。境内の大欅の樹齢から考えても、遷座があったとしても相当昔のことと思われました。
DSCN3730no2.JPG
鳥居横には平方河岸と街並みの案内板がありました。
DSCN3728no2.JPG

平方公民館の前に現在の平方観音堂がありました。ここはもと天台宗寺院の正覚寺、威徳山寶聚院と号していた寺院だったようですが明治6年廃寺となり、観音堂となったようです。
DSCN3743no2.JPG
そばには森朴斎碑とお墓がありました。
DSCN3744no2.JPG
森朴斎は桑名藩(三重県)の医師で旅の途中、平方村に立ち寄り、名主の永島太十郎(太重郎)宅に寄留。朴斎の学識を見込んだ太十郎は屋敷内に学舎を建て、地域の若者を集め、十数年にわたり300余人が彼の人柄を慕い学んだのですが、1860年(万延元年)、この地で54歳で没し、ここ正覚寺(現観音堂)墓地に葬られたとのことでした。

平方河岸の平方土地改良記念碑。
DSCN3753no2.JPG
平方は畑や田んぼが広がり、広大な河川敷もあるなど、農業的土地利用の比重が高い地域だったため住民の力も加わり土地改良をしたようです。

平方河岸(ひらかたがし)は荒川を利用した江戸とのフナ運を支えたようで昭和の初めまで繁栄したようです。この荒川の水源は甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)で奥秩父の中心にあります、最後は東京湾ですから流路延長173 km。川幅(両岸の堤防間の距離)は御成橋(埼玉県鴻巣市・吉見町)付近で2,537 mもあり、日本最大とのことでした。今日は開平橋のそばを通りました。

山忠わさび轄H場がありました。1940年(昭和15年)に山崎忠市郎が信州でわさび漬け製造を開始。1967年(昭和42年) 上尾市に工場を設立したとのことです。チューブのわさびはSBしか知らなかったのでそのうち、上尾での販売を調べてみるようです。

Café Dining 529 (カフェダイニングごふく)で昼食でした。お店の中は、大きな空間が広がり、落ち着いた空間でメニューは、ヘルシー食の定食やハンバーグ、パスタなどありました。私たちは俵ハンバーグセットをいただきました。
DSCN3775no2.JPG

DSCN3787no2.JPG
八枝神社(やえだじんじゃ)は、素戔嗚尊(スサノオノミコト)を御祭神とし、厄除招福・疫病退散の神様として、親しまれているとのことです。こちらにある獅子頭は「狛狗大神(はっくだいじん)」といい、人々からは『平方のおししさま』とよばれているとのことです。この獅子頭は地域に貸し出しも行われ、疫病退散・災厄消除を願う「ふせぎ」と呼ばれる行事が行われるとのこと。毎年7月には埼玉県指定無形民俗文化財である『どろいんきょ』という奇祭が盛大に行われるとうかがいました。
ご神木の折れてしまったケヤキと狛犬が珍しいものでした。

DSCN3807no2.JPG
小塚浅間塚は、富士塚ともいわれ、江戸時代、文化・文政年間から江戸を中心とした地域で造られた塚です。浅間塚は、当時流行した富士浅間信仰によるもので、富士参拝が難しいことから、富士山を模した塚を祀るという主旨で造られたようです。
頂上中央に文化13年(1816年)銘の石祠と、1893年(明治26年)銘の「登山大願成就」碑がありました

DSCN3821no2.JPG
上尾丸山公園は「水と緑の調和」をテーマに昭和53年に開園した総合公園です。小動物コーナーにはワオキツネザル、ヤクシマヤギ、コツメカワウソがいました。また紅葉はメタセコイアとイロハモミジが良い見頃でした。
3853
また児童遊園地、バーベキュー場、自然学習館、大池などがあり大いに癒されました。

DSCN3869no2.JPG
榎本牧場は乳牛を飼っている酪農牧場でした。この牧場には60〜70頭の白・黒の斑模様の乳用のホルスタインがいるとのことです。牧場体験や新鮮牛乳を使ったジェラートアイス・ヨーグルトの販売がありました。ちなみにこちらのキャッチフレーズは「上尾にあなたの知らない北海道があります」。私はミルクジェラートをいただきました。濃厚でミルキー!おいしかったです。

DSCN3882no2.JPG
徳星寺(とくしょうじ)は弘仁年間(810〜824)に弘法大師によって創建されたと伝えられる古刹で、大師お手植えと伝わる樹齢800年以上の大カヤが枝を広げていました。
DSCN3886no2.JPG
創建当初は真言密教寺院。1563年(永禄6年)、北足立郡伊奈町にある法光寺と入れ替わって天台宗に改宗されたとのことです。室町時代には領主岩槻太田氏の手厚い保護を受け、江戸時代には幕府から御朱印地3石を賜り、この地方の文化の中心的役割を果たしてきた寺とのことでした。
DSCN3888no2.JPG
徳星寺は東国花の寺・百ケ寺だそうで彼岸花が有名だそうです。

本日のウォーキングはこれで終わりということで最寄りの雲雀停留所より再び路線バスにて JR上尾駅向かい、解散。
その前に本日の上尾のお土産に彩菓庵おおきにの「芋蔵」をいただきほっと一息。
DSCN3890no2.JPG
本日はいつもの講師喜多見さん、TD岡田さんと共に18人が参加、晴天で気温14℃、ほぼ無風でコンディションとしては最適。約17000歩でしたが皆元気に終了。
また次回も天気になあれ!!
posted by yunofumi at 13:30| あちこちウォーク

2020年11月28日

2020.11.22 さいたま彩発見ぶらり街あるき 第8回 北本市

本日の天気予報は温たかで小春日和とのこと。午前10時にJR高崎線の北本駅を出発。

JR北本駅⇒本宿天神社⇒多聞院⇒解脱会練心会⇒第七川越街道踏切⇒北本市役所⇒北本市文化センタ⇒真福寺⇒解脱会北本スポーツセンター⇒石戸厄除両大師⇒石柱⇒高島氷川神社入口信号⇒道標これより石と舟のみち⇒高尾氷川神社⇒厳島神社⇒須賀神社⇒北向地蔵⇒三味茶屋(昼食) ⇒城中坂⇒北本自然観察公園、地蔵口⇒一夜堤⇒石戸城⇒石戸屋天神社⇒放光寺⇒東光寺⇒北里大学メディカルセンター----路線バス---JR北本駅
北本駅は1918年にもともと北本宿駅として開業。現在の駅舎は当時と少し変わったようです。普段高崎線に乗ることが珍しく、本日は初めて降車しました。

本宿天神社は、北本市本宿にある神社。こちらは、元宿村の名主岡野家が、元宿村の鎮守・岡野家の氏神として寛文2年(1662)に創建し、明治6年に村社になったようです。
DSCN3445no2.JPG

真言宗智山派寺院の多聞寺は、文永年間(1264-75)に多聞律師が開基したようで、光宗法師が1658年(万治元年)に伽藍を再建して中興したとのことです。北本七福神の毘沙門天があります。
DSCN3452no2.JPG

解脱会(げだつかい)は、会祖・解脱金剛尊者(岡野聖憲)によって昭和4年に立教された宗教法人。会祖が大病を機に悟りを開かれ1929年に立教されたようです。このウォーキング中に多くの施設を見ました。

北本市(きたもとし)は、埼玉県の東部中央にある人口約6万6千人の市。江戸幕府による宿駅整備以前の1602年(慶長7年)までは中山道の宿場、鴻巣宿があったことが地名の由来のようです。北本市役所の 新庁舎は平成26年10月14日に全面開庁。まだまだきれいな建物でした。

北本市文化センタの中にはホール、公民館、会議室、図書館、プラネタリウムなどがあり、大きな建物でとても立派に見えました。また2015年受賞ノーベル生理学医学賞大村智博士の記念碑もありました。
DSCN3467no2.JPG

DSCN3477no2.JPG
石戸厄除両大師 真福寺は、天台宗の寺院。創建から600年を超える由緒ある古刹ということもあり、地域の人々からは、石戸大師、両大師様、大師様などの愛称で親しまれているおのことです。
ご本尊は、不動明王、慈恵大師良源(じえだいしりょうげん)、元三大師(がんざいだいし)。ご利益は、厄除け、年間の無事祈願(だるま市)となっています。
このお寺の山門には、寄木造・彫眼、彩色からなる仁王像がありました。この仁王像は、江戸時代安永3年頃に作られたと言われる由緒ある仁王像とのことでした。

道標これより石と舟のみち。
DSCN3503no2.JPG
この道標は、馬室(鴻巣市)から石戸宿へ通じる、昔からの鎌倉街道沿いに、1727年(享保12年)に建立されたようです。高さ64p、幅21p。荒川は江戸時代から大正時代頃までの長い間、舟運として利用されていたとのことです。この「石と舟と」とは、「石戸河岸」のこと。この現地の石柱は複製だそうです。

高尾氷川神社社務所は昭和4年の建設以来、約90年が経過。平成31年には、当神社鎮座1150年。現在、記念事業として新社務所建設を計画しているとのことです。
DSCN3517no2.JPG
創建は、平安時代 の869年(貞観11年)と伝えられ、主祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)等 6柱を祀っいるようです。主なお祭りとして4月の人形慰労祭、 7月の例大祭などがあるとのことです。
こちらには日本最大のおみくじがありました。
DSCN3519no2.JPG
興味本位でこのおみくじを引きました。2mほどの棒の先に番号があり、お札と交換。26×9pと大きなおみくじをいただきました。それにしてもこの完全防備のウォーキングスタイルにはびっくりでしょうね。

氷川神社から道を挟んで下に降りると厳島神社がありました。
DSCN3521no2.JPG
池の中ほどに社殿がありました。伝説としては龍がこの池の杉(龍燈杉)より昇天したとのことで、その杉が台風で倒れたことによって、跡地に社を祀ったのが「厳島社」とのことです。現在、女神がお祀りされているため安産・女性の守護として崇敬されているとのこと。

DSCN3527no2.JPG
須賀神社は安土桃山時代の創建。大正時代には旧荒井村の各神社を合祀したとのことです。「荒井の天王様」と親しまれ、境内には道祖神が旅の守護神として祀られ、現在もお礼参りのわらじが多く奉納されているようです。
鳥居手前に「寿老人(杖と経巻物を持つ長寿の神)」がありました。

DSCN3539no2.JPG
北向地蔵は仏像には珍しく北面しているためこの名があるとのことです。「泥の団子」を供えて願い事をし、願いがかなったら「米の団子」を供えるという信仰があるとのことです。昔から道標も兼ねているようです。

三味茶屋は自家製の北本産こしひかり100%使用!甘みのある美味しいごはんを提供!毎日市場から仕入れている新鮮な魚・野菜を使用。この辺りにはミカンの木があちらこちらに見られ、食卓にも提供されていました。
DSCN3548no2.JPG

城中坂とは明治時代にこのあたりに新しい改良の坂道ができたことからついた名前のようです。城中坂(じょうちゅうさか)の地蔵と大山阿夫利講の灯籠があり、すぐそばに石戸城があったようです。
DSCN3550no2.JPG

北本自然観察公園には地蔵口から入りました。
DSCN3552no2.JPG
県営「北本自然観察公園」は、JR北本駅から約3kmに位置し、荒川河川敷に隣接する谷地形を活かした大自然公園。総敷地面積25.2haのほぼ全部が雑木林や湿地帯や草原の公園で1992年(平成4年)7月にオープン。園内に「埼玉県自然学習センターが1992年(平成4年)7月に開設されたとのことです。
DSCN3564no2.JPG
公園では、「コジュケイ」「モズ」「ウグイス」「カワセミ」「オオヨシキリ」「ムクドリ」「フクロウ」「オオルリ」「キビタキ」など、約170種の鳥。「タヌキ」「イタチ」「ハクビシン」などの野生動物がみられるようです。ということで今日は職員の方に雑木林、草むら、湿地と池などを案内頂きました。
池というか湿地になっているところは蛍の乱舞が見られるとか、ガマの哺をつぶすとフワフワの綿のようなものが出てくるなど案内人は大活躍でした。そうそう、アオサギも見ました。
DSCN3596no2.JPG
ほとんどが低湿地なので途中には木道がありました。
DSCN3625no2.JPG
桜土手傍の一夜堤口の出口に来ました。
DSCN3634no2.JPG
堤の上から見るとまさに谷底という感じで雨が降ると公園の中は池のようになるそうです。
一夜堤は1562年(永禄5年)、上杉謙信方の石戸城を攻略する際、北条氏邦勢が一夜にして土橋を築き、一気に城に攻め入り勝利したという伝説がある所で傍に石戸城跡がありました。現在は若干の土塁と空堀があるだけのようでした。
 
DSCN3642no2.JPG
石戸宿天神社の創建年代等は不詳。石戸城の鎮守として祀られたのではないかとも伝わっているようです。江戸期に石戸宿村の鎮守として創祀したらしく例祭で奉納されるささら獅子舞は、北本市無形民俗文化財です。

天台宗寺院の放光寺は、青龍山梅林院と号します。放光寺の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記稿に「天台宗、川田谷村泉福寺末、青龍山梅林院と號す、本尊不動を安す。念佛堂。三尊の彌陀を安ず」とあり、江戸期には石戸宿天神社の別当寺を務めていました。
DSCN3650no2.JPG

東光寺は、川越市東明寺(時宗=じしょう)の末寺で、西亀山無量院東向寺とも号し、伝説では、蒲冠者 源範頼(かばのかじゃ みなもとののりより)が開基といわれています。
境内には、国指定天然記念物「石戸蒲ザクラ」のほか、県指定歴史資料「板石塔婆」、市指定彫刻「銅造阿弥陀如来坐像」など多数あります。
DSCN3671no2.JPG

北里大学メディカルセンター。
1914年(大正3年)、北里柴三郎博士によって創立されのが北里研究所。
1989年(平成元年)創立75周年の佳節に「北里研究所メディカルセンター」が現研究所顧問、大村智博士により提案され、平成元年4月にこの「社団法人北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院」が開院したのです。現在は372床の救命救急など多くの科目を備えた病院となっています。

北里大学メディカルセンターから路線バスに乗り北本駅で15:00前に解散。歩程2万歩。約8kmのウォーキングを講師喜多見さん、TD小松さんと共に12名は元気にウォーキング終了。北本市ではトマトが特産ということで北本トマトカレーを駅前でゲット。
DSCN3680no2.JPG
早速、夕食にいただきましたがなかなか美味とても口に合いました。今年のお歳暮はコレかな?と思案中。
本日は久しぶりのさいたまのウォーキングでした。また頑張りたいです。
posted by yunofumi at 15:03| あちこちウォーク

2020年11月26日

2020.11.20. 第3回 東京十社巡り

本日も秋晴れと言いたいところですが時々パラッと雨が来る状況の中、ウォーキング開始です。そういえば気温が24℃と生暖かく、ちょっと汗ばむはずが、風もすごくて、これには大助かりの一日となりました。

東西線門前仲町駅⇒富岡八幡宮⇒深川不動尊⇒首都高速道路ガード下⇒富岡橋親柱⇒深川一丁目信号⇒法乗院・深川閻魔堂⇒心行寺⇒採茶庵跡⇒海辺橋⇒深川ふれあいセンター・滝沢馬琴誕生の地⇒紀伊國屋文左衛門墓所⇒深川江戸資料館⇒霊厳寺⇒おみやげたかはし⇒本誓寺⇒村田春海の墓⇒錣山部屋⇒大鵬道場大嶽部屋⇒萬年橋⇒川船番所跡⇒正木稲荷神社⇒芭蕉庵史跡展望庭園⇒割烹みや古⇒深川神明宮⇒焼き立てパン元祖カレーパンカトレフ⇒森下駅駅前信号⇒五間堀公園⇒表具師前川・茶屋笹や⇒徳上院⇒二之橋⇒軍鶏なべ屋五鉄,中田屋茶舗⇒二之橋北詰信号⇒鬼平情景・煙草屋壺屋⇒墨田区両国公園・勝海舟幕末絵図・尺振八の共立学舎跡・両国小学校⇒吉良邸正門跡⇒本所松坂町公園⇒鏡師中島伊勢住居跡⇒吉良まんじゅう・大川屋⇒墨田両国三郵便局⇒江東義塾跡⇒回向院・鼠小僧の墓⇒国技館通り商店会⇒JR両国駅・江戸のれん⇒両国国技館⇒江戸東京博物館⇒両国東あられ⇒野見宿禰神社⇒亀沢二丁目信号⇒大横川親水公園⇒蔵前橋通り⇒法恩寺⇒太平二丁目信号⇒タワービュー通り⇒太平四丁目信号⇒天神橋西詰信号⇒蔵前橋通り信号⇒天神橋⇒江東区⇒亀戸天神通り商店街⇒くず餅船橋屋⇒亀戸天神社⇒JR亀戸駅

富岡八幡宮。
DSCN3100no2.JPG
1627年(寛永4年)の創建。通称を「深川八幡宮」。江戸最大の八幡宮で、八月に行われる祭礼「深川八幡祭り」は江戸三大祭りの一つ。また江戸勧進相撲発祥の神社で、境内には「横綱力士碑」や「大関力士碑」が建立されていました。
DSCN3090no2.JPG
江戸時代の測量家である伊能忠敬は、当時深川界隈に居住し、測量に出かける際は、安全祈願のため富岡八幡宮に必ず参拝に来ていたことから、2001年(平成13年)にこの境内に銅像が建立された。
DSCN3089no2.JPG

成田山 東京別院 深川不動堂は真言宗智山派の寺院で成田山新勝寺の東京別院。通称は深川不動尊、深川不動堂。
DSCN3113no2.JPG

法乗院・深川閻魔堂。
DSCN3132no2.JPG
平成元年に建立の閻魔大王座像は、寄木造で、高さ3.5m、幅4.5m、重量1.5tという巨大な閻魔様。この閻魔大王像はコンピューターで制御。大王像の前に、「家内安全」、「交通安全」、「夫婦円満」、「合格祈願」、「ぼけ封じ」、「いじめ除け」など19のご祈願が別個に記されていました。私が家内安全の入口にお賽銭を入れると仏様の説法が音声で流れるシステム。とてもユニークでした。
本堂前には「曽我五郎の足跡石」がありました。
DSCN3134no2.JPG

採茶庵跡(さいとあんあと)。
DSCN3139no2.JPG
1689年(元禄2年)に松尾芭蕉は、ここから『おくのほそ道』の旅へ出発したようです。この採荼庵は、芭蕉の門人である杉山杉風の別荘だったとのことですが、正確な地点は実ははっきりしないようです。仙台堀川にかかる海辺橋に近い深川平野町内だったということで海辺橋のそばに作られたのです。また、仙台堀川の海辺橋から清澄橋の間の護岸の「芭蕉俳句の散歩道」には、奥の細道の行程順に代表的な句が書かれた高札が立っているとのことです。

紀伊国屋文左衛門墓所。
DSCN3157no2.JPG
江戸前期の豪商として知られる紀伊国屋文左衛門の墓と顕彰碑がありました。墓地に入る手前の石柱には和歌山県の方の名前が見られました。紀伊国屋文左衛門は、紀州湯浅(現・和歌山県有田郡湯浅町)の出身で、紀州みかんを江戸に運び、帰りに江戸から塩鮭を上方に運んで富を築いたという話や材木商で富を築いたなどと聞いたことがあります。

深川江戸資料館。
DSCN3160no2.JPG
ここは江戸時代の資料などを収集展示している所。深川の町並みが再現されており、なんとも楽しい施設。
入口そばには横綱大鵬顕彰コーナーもありました。
DSCN3172no2.JPG

霊厳寺は1624年(寛永元年)、雄誉霊巌上人の開山により、日本橋付近の芦原を埋め立てた霊巌島(現在の東京都中央区新川)に創建され、数年後に檀林が設置され、関東十八檀林の一つとなったとのことです。1657年(明暦3年)、江戸の大半を焼失した明暦の大火により霊巌寺も延焼。1658年(万治元年)に徳川幕府の火事対策を重視した都市改造計画の一環として、現在地に移転したのです。霊巌寺には、11代将軍徳川家斉のもとで老中首座として寛政の改革を行った松平定信の墓をはじめ、今治藩主松平家や膳所藩主本多家など大名の墓が多くありました。また、境内には江戸六地蔵の第5番が安置されている。
DSCN3179no2.JPG

本誓寺には石造迦楼羅立像がありました。
DSCN3194no2.JPG
迦楼羅は「インド神話の神鳥ガルーダ」に由来する「鳥頭人身に翼を持った異形の神」です。「石造迦楼羅立像」は、朝鮮・高麗時代の作と推定されるようですが、日本へ来た経緯や時期は不明のようです。像の石質は花崗岩で、丸彫りに近い浮彫りです。くちばしがあり、背には翼もあります。今まさに笛を吹こうとする一瞬の姿を切り取った形をしており笛の音が聞こえてきそうでした。

錣山部屋(しころやまべや)は2002年9月場所限りで現役を引退して、以降は井筒部屋の部屋付き親方となっていた年寄・20代錣山(元関脇・寺尾)が、2004年1月27日付で2人の内弟子を連れて井筒部屋から分家独立して部屋。2006年12月に部屋を構え、現役時代に人気力士だった親方の部屋ということで、部屋創設1年で所属力士が10人を越え、現在では17人が所属する中規模な部屋となっているとのことです。

大鵬道場・大嶽部屋
1971年(昭和46年)5月場所限りで引退した二所ノ関部屋(大関・佐賀ノ花)の元横綱・大鵬が1969年(昭和44年)9月に贈られていた一代年寄・大鵬を襲名して、1971年12月に巨砲、嗣子鵬ら数名の内弟子を連れて二所ノ関部屋から分家独立して大鵬部屋(たいほうべや)を創設。2005年(平成17年)5月に大鵬が定年退職を迎えるため、これに先立ち2004年1月1日付で16代大嶽に師匠を交代し、部屋名称も大鵬部屋から大嶽部屋に変更したのです。2010年7月大竜が大嶽を襲名し、部屋を継承。17代大嶽となった大竜は大鵬部屋の出身で大鵬の直弟子だということです。

萬年橋(まんねんばし)は、東京都の小名木川にかかる橋。北岸は江東区常盤一丁目、南岸は江東区清澄一丁目と二丁目を分かれています。この橋のすぐ西側で小名木川は隅田川と合流、東側には新小名木川水門が設置されていました。
DSCN3213no2.JPG
そばには川船番所跡がありました。

正木稲荷神社は創建年代不詳。江戸時代には既に当地に鎮座し梅暦や江戸名所図会等の書物に記載されているとのことです。この神社には柾木の大木があり、隅田川から小名木川へ入る目標ともなっていたことから、柾木稲荷神社と称されていたということです。近くには芭蕉庵史跡展望庭園がありました。
DSCN3225no2.JPG
こちらは芭蕉記念館の分館である芭蕉庵史跡展望庭園。展望庭園は隅田川と小名木川に隣接し、四季折々の水辺の風景が綺麗です。 庭内には、17時に回転するという芭蕉翁像や芭蕉庵のレリーフがあります。また、夜にはライトアップされ、隅田川の遊歩道から見ることができるようです。

割烹みや古で昼食。深川めしは蒸篭でホカホカしているのをいただき大満足でした。
DSCN3242no2.JPG

深川神明宮とは 深川の地を初めて開いた深川八郎右衛門が創建した「深川発祥の神社」でご祭神は伊勢の皇大神宮のご分霊・天照大御神とのことです。境内の寿老神社には深川七福神の1つ・寿老神をお祀りし、初詣は七福神めぐりの参詣で賑わうようです。夏の祭礼、 ことに三年に一度の本祭りは「宮神輿の巡幸」と「町神輿の勢ぞろい」が行われ賑やかなようです。

焼き立てパン元祖カレーパンカトレフはもともとは、明治10年に深川常盤町で創業された「名花堂」だそうです。昭和2年「洋食パン」の名で実用新案として登録されたのが「カレーパン」のルーツ。「元祖カレーパン」はこちらの看板メニューで甘口・辛口の2種類があるようです。本日はすでに売れ切れのようでした。

五間堀公園はもと川だった五間堀跡に造られた森下2丁目の公園。この辺りは鬼平情景という立札があちらこちらにありました。表具師前川・茶屋笹、軍鶏なべ屋五鉄・中田屋茶舗、煙草屋壺屋などなど。立札を丁寧に読むととても面白いと思いました。

二之橋は墨田区や江東区を京葉道路に沿うように流れている竪川に架かる橋。隅田川の合流地点から数えると一之橋の次の二つ目の橋なのです。近くには、小林一茶旧居宅跡や軍鶏なべ屋「五鉄」があった場所ということで江戸時代には歴史ある場所だったようです。

平成27年度に、墨田区で生まれ江戸時代末期から明治初期にかけて活躍した「勝海舟」についてより深く楽しめる公園として整備されたのが両国公園。勝海舟幕末絵図がありました。
DSCN3287no2.JPG

両国小学校の傍にはジョン万次郎から英語を学んだ英語学者の尺振八(しゃくしんぱち)がつくった共立学舎跡があるとのことでした。また両国小学校には芥川龍之介の石碑があります。

本所松坂町公園吉良邸跡。
DSCN3294no2.JPG
高家肝煎を引退した後に吉良義央が暮らした邸宅の跡地。赤穂浪士によって吉良義央ら二十余人が討たれた「吉良邸討ち入り」(赤穂事件)の現場でもあります。
お向かいには吉良まんじゅうの大川屋がありました。

DSCN3319no2.JPG
回向院は、今からおよそ360年前の1657年(明暦3年)に開かれた浄土宗の寺院。この年には、江戸で「振袖火事」という明暦の大火がありました。当時の将軍家綱は、無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸で大法要を執り行い、この回向院ができたようです。中に進むと鼠小僧の墓がありました。

JR両国駅に直結して立派な土俵の有る「江戸のれん」があり江戸の食やお土産が満載でした。

江戸東京博物館に向かっていくと狩りをしている徳川家康像が立っています。
DSCN3343no2.JPG
足元にいるのは贔屓(ビシ)で「中国の伝説=重い物を背負うのが好きな龍」だそうです。、鷹狩の勇姿で江戸城を見ている徳川家康公です。
 

両国 東あられは明治43年創業のあられ・お煎餅専門店。名物は葛飾北斎の浮世絵をパッケージに施した揚げあられ「北斎揚げ」。あられはコシが強く、粒がふっくらとした宮城県産高級もち米「みやこがね」100%と、ビタミン・ミネラル豊富な米油を使用とのことでした。

野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)は、相撲の始祖とされる野見宿禰が祀れており両国国技館の傍にあり、日本相撲協会が管理している。歴代横綱石碑があります。
DSCN3361no2.JPG

大横川親水公園は幅30〜40m、長さ1.85kmの公園。大横川の流れている一帯はもともと地盤沈下が激しくこれにより低い土地では川から水が溢れると浸水する危険があったため、周囲がゼロメートル地帯である大横川の北部を堰き止め、常時排水することにより海水面より水位を下げて埋め立てることで親水公園として整備した所のようです。公園としては1993年4月1日に開園したのです。

タワービュー通りに入ると東京スカイツリーが正面に見えました。
DSCN3386no2.JPG

くず餅船橋屋は文化2年 初代勘助が亀戸天神参道に創業したのがはじまり。出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」としたとのことです。くず餅・あんみつ等の製造販売、和スイーツなど創作カフェの経営などもしているようです。

DSCN3419no2.JPG
亀戸天神社( 亀戸天満宮)は、1662年(寛文2年)、大宰府の神官大鳥居信祐が、菅原道真の像を小祠に祀り、翌年、大宰府に模した社殿を造営したのがそのはじまり。1873年(明治6年)、亀戸神社、1936年(昭和11年)、亀戸天神社となりました。学問の神様として信仰を集め、藤と梅の名所で知られ、『名所江戸百景』(安藤広重画 1856 - 58年版 大判錦絵118枚揃)にも描かれた古刹。亀戸の名物、葛餅は屋台売りの他に、1805年(文化2年)に天神社参道にて創業した船橋屋が人気を集め、その葛餅は亀戸餅とも呼ばれた。葛餅と藤の絵あり。「名代 久壽餅」と記された紙片の一部が書き写されている。『世渡風俗圖會』では、屋台売りの「亀戸名物葛餅」が描かれているとのことです。

本日の御朱印は最初に訪れた富岡八幡宮と最後の亀戸天神社ということで、途中はすべからくリラックスなどと思っていたのですがいやはや、中身満載のウォーキングでした。講師國さん、TD林さんという若い女性2人の先導でしたから、参加者12名の気分は大いに気安く過ごせたと思いました。歩程約2万歩超!距離としては10km弱のようでした。近頃ウォーキングが足りない日々を過ごしがちでしたから今日はくたびれて、帰りの電車ではひどく爆睡!乗り過ごしそうになったくらいです。といっても翌日も元気に過ごしましたから只々、感謝!今後も懲りずに日々頑張ります。
posted by yunofumi at 16:21| あちこちウォーク

2020年11月19日

2020.11.14 2巡目第9回東京の新発見旅「豊島区」

本日の天気予報は晴天、小春日和のなか調子よくウォーキングできそうです。

JR駒込駅⇒染井吉野桜記念公園⇒六義園⇒絵本とおもちゃのお店⇒駒込警察署⇒東洋文庫⇒徳川慶喜屋敷跡⇒JR巣鴨駅⇒江戸六地蔵尊⇒高岩寺・とげぬき地蔵⇒猿田彦大神庚申塚⇒庚申塚駅---都電荒川線---向原駅⇒サンシャインシティ・古稀殿(昼食中華) ⇒アニメイトアネックス⇒北京語言大学東京校⇒池袋架道橋⇒婦人之友社⇒明日館⇒宮崎白蓮旧宅⇒目白庭園・赤鳥庵⇒徳川ドーミトリー⇒寛永堂本店⇒JR目白駅

JR駒込駅隣に染井吉野桜記念公園があります。
DSCN2902no2.JPG
日本中に植えられているソメイヨシノは、駒込でつくりだされました。「桜の里」の碑があります。ソメイヨシノの原種はエドヒガンザクラとオオシマザクラということでここでは花の時期にサクラ同士を比較できるようです。
DSCN2905no2.JPG

六義園(りくぎえん)は、徳川5代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園。1695年(元禄8年)に加賀藩の旧下屋敷跡地を綱吉から拝領した柳沢が、約27,000坪の平坦な土地に土を盛って丘を築き、千川上水を引いて池を掘り、7年の歳月をかけて、起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を現出させたということです。
本日は駒込駅側の入り口が開いており、一周後枝垂れ桜の前から外に出ました。とても見事な紅葉を見ました。
DSCN2906no2.JPG

DSCN2917no2.JPG

絵本とおもちゃのお店の創業は1907年(明治40年)。凸版印刷が大株主で「子どもたちの健やかな育ちを支える」「知と感性にあふれた豊かな価値を創造」「社会貢献」がモットーのようです。
キャラクターにアンパンマンが健在のようでなんとなく、嬉しく感じました。
DSCN2953no2.JPG

東洋文庫にははじめて中へ入りました。
DSCN2958no2.JPG
東洋文庫は東洋学の研究図書館。三菱第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立。東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館で、世界5大東洋学研究図書館の一つとのこと。蔵書数は国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊。蔵書の内訳は、漢籍40%、洋書30%、和書20%、他アジア言語(韓・越・梵・イラン・トルコ・アラビア語等)10%とのことです。

中にはモリソン文庫がありました。モリソン、ジョージ・アーネストはイギリスのジャーナリスト。オーストラリアのヴィクトリア州ジーロン市に生まれ、1880年代に世界各地を旅行。長期間に蒐集したモリソン文庫と称される極東関係文献24,000冊は1917年、岩崎久彌に譲渡し、今ここにあるのです。
DSCN2960no2.JPG

裏にはシーボルトゆかりの植物が植えられた庭園があり、奥には「オリエントカフェ」がありました。ランチがおいしそうでした。
DSCN2968no2.JPG

「徳川慶喜屋敷跡」は、巣鴨駅の駅前にあります。巣鴨駅から白山通りを横断歩道で越えて徒歩1分で到着。その場所には石柱と説明板があります。徳川慶喜は、新政府から慶喜追討令が出されたのを受けて、寛永寺、水戸講道館で謹慎した後、さらに静岡で謹慎。謹慎が解除された後も静岡で暮らしており、東京に戻ったのは明治30年でその後4年間、ここ巣鴨に住んでいたとのことです。

真性寺は巣鴨にある真言宗豊山派の寺院。山号は医王山。院号は東光院。本尊は薬師如来。この寺は聖武天皇の勅願により行基菩薩が開いたということです。
DSCN2984no2.JPG
江戸時代には江戸六地蔵の第四番が安置され、また江戸幕府8代将軍徳川吉宗もたびたびこの寺に立ち寄ったと伺いました。この銅像地蔵菩薩坐像は1714年(正徳4年)に造られたとのことです。

「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる巣鴨地蔵通りは、旧中山道にあり、江戸の中期から現在にいたるまで、商業や信仰の場として栄えています。本日も大賑いでびっくりしました。この商店街は江戸六地蔵尊 眞性寺から巣鴨庚申塚の間にお店が密集しています。明治24年に、とげぬき地蔵尊 高岩寺が上野(現在の上野の新幹線の駅のそば)から巣鴨へ移転してきたことから、現在、巣鴨地蔵通りは「とげぬき地蔵尊」と「江戸六地蔵尊」の2つのお地蔵様と巣鴨庚申塚の間なります。
DSCN2994no2.JPG

高岩寺にはとげぬき地蔵がありました。
DSCN2992no2.JPG

美味しいアンパンで有名なキフクヤパン
DSCN2991no2.JPG

猿田彦大神庚申塚2998
DSCN2998no2.JPG

その後は庚申塚駅から3駅の向原駅まで都電で移動でした。
DSCN3006no2.JPG

昼食はサンシャインシティの古稀殿で中華料理のランチ。
池袋は以前伺った時には気が付かなかったアニメイトアネックスがドーンとありました。コスプレで有名なところのようです。
DSCN3025no2.JPG

自由学園明日館は、1921年(大正10年)、羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎としてアメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設されたとのことです。
本日は結婚式のため外観のみの見学でした。自由学園は現在、東久留米市にあるようです。
DSCN3042no2.JPG

DSCN3039no2.JPG

ウォーキング途中に宮崎白蓮旧宅がありました。白蓮は、大正から昭和にかけての歌人で、大正天皇の生母柳原愛子の姪、つまりは大正天皇の従妹。本名は柳原Y子。父は柳原前光伯爵、異母兄義光は貴族院議員、姉信子は東宮侍従長入江為守、自らの夫は福岡の炭鉱王伊藤伝右衛門という華麗な生い立ちだったものの東京へ出奔して弁護士で社会運動家の宮崎龍介と駆け落ちした「白蓮事件」が有名です。宮崎龍介は、孫文(逸仙)の盟友で、辛亥革命を支援した宮崎滔天の長男で西池袋の上屋敷に居を構えていましたのです。現在も、白蓮と宮崎龍介の住んだ建物として、子孫の方が大切に保存し居住されているとのことでした。

豊島区立目白庭園は、豊島区の都市化、国際化が進む中で、自然に接し、伝統文化を育む場として、平成2年11月に開設されました。
DSCN3050no2.JPG

DSCN3060no2.JPG
庭の中心に大きな池を配し、周囲に園路を巡らせた伝統的な池泉回遊式の日本庭園です。限られた空間の中に様々な自然の景観を凝縮し、池の周りを巡りながらその風景を楽しめます。庭園内には季節の移ろいを感じられる四季折々の花や草木が植えられているほか、木造瓦葺き平屋建ての数寄屋建築の「赤鳥庵」や六角浮き見堂が配されており、様々な角度から庭園の魅力を満喫することができます。

徳川ドーミトリーは徳川ビレッジの中にあり八雲産業株式会社が管理運営しているようです。この会社は、昭和23年に尾張徳川家の資産管理運営を目的として設立された会社とのこと。 東京・目白の所有地・敷地面積5,703坪は「徳川ビレッジ」とよばれ、そこには外国人用高級賃貸住宅や女子学生寮「徳川ドーミトリー」があるとのことでした。

今朝10:00JR駒込駅を出発。講師後藤先生、TD児玉さん、参加者18名。15:00には終了、歩程約9km、約2万歩は久しぶりでウォーキング途中にはうっすら汗ばむくらいの小春日和でとても気持ちよかったです。何度も訪れた所も含まれていましたがそれなりに見方が違い、楽しかったです。特に東洋文庫と目白庭園は印象深く、個人でも再訪してみようと思いました。
このコロナ禍の中のウォーキングは主催者も参加者もそれなりに気を使っているけれど、ささやかに喜びを感じる一日となりました。皆様に感謝!!またお会いしましょう。
posted by yunofumi at 16:56| あちこちウォーク

2020年10月29日

2020.10.23 第2回 東京十社巡り

東京メトロ千代田線乃木坂駅⇒乃木神社⇒乃木邸⇒乃木会館⇒ガレリア⇒檜坂⇒本氷川坂⇒氷川分館⇒赤坂氷川神社⇒四合稲荷神社(しあわせいなりじんじゃ)⇒赤坂子ども中高生プラザ⇒勝安房邸跡⇒港区立氷川公園⇒TBS ⇒フランス料理オステルリースズキ⇒赤坂サカス⇒ 鈴降稲荷神社(すずふりいなりじんじゃ)⇒丹後坂⇒牛鳴坂⇒武家屋敷門⇒山脇学園⇒弾正坂⇒赤坂警察署⇒美喜井稲荷神社⇒豊川稲荷⇒国際医療福祉大学⇒赤坂不動尊⇒函館開陽亭赤坂店⇒山王日枝神社⇒溜池山王駅

朝10時に乃木坂駅に集合するとかなりの雨降り。そこでポンチョを身に着け、ウォーキング開始。初めは雨降りが激しくて写真が思うようにとれませんでした。
でも次第に小雨になり、何とかランチに突入。そして午後はポンチョもやめて、撥水のジャンパーと帽子でどうにか15時の終了まで頑張りました。

乃木神社。
DSCN2638no2.JPG
1912年(明治45年)7月30日明治天皇がなくなられ、その後大葬の日が1913年(大正元年)9月13日となりこの日、乃木希典大将は夫人と共に自害されたことからご夫妻をまつった神社なのです。

正松神社は乃木神社の境内の奥にありました。 松下村塾の開祖 玉木文之進先生と吉田松陰先生をお祀りしてあるとのことです。
DSCN2641no2.JPG

乃木邸は日清・日露戦争を戦った陸軍大将乃木希典(1849〜1912)の邸宅地だったのが、乃木将軍の遺言により、公園として東京市に寄贈され、大正2年に一般の方々が見学できるようになったのです。
DSCN2644no2.JPG

東京ミッドタウンは、赤坂にある大規模複合施設。もとは防衛庁本庁檜町庁舎(防衛庁檜町地区)跡地の再開発事業として、2007年(平成19年)3月30日に開業したとのこと。東京ミッドタウンには、ホテル(ザ・リッツ・カールトン東京)、文化施設(サントリー美術館など)、130に及ぶ商業店舗、オフィス、住居、病院、公園などがあるとのことです。

「檜坂(ひのきざか)」は江戸時代に、檜の木が多ったので、檜屋敷と呼ばれた山口藩毛利邸(檜町公園)に添う坂であったことからこのようによばれているのです。

「本氷川坂」は赤坂の繁華街から一歩外れた落ち着いた場所にあり、坂の西脇には氷川神社が隣接していました。高低差があり、坂の形状自体も湾曲しているので、歩いていると次々に景色が変わり、それなりに楽しい坂道だと思いました。坂名の由来は、もともと江戸時代に元氷川明神があったことからそう呼ばれるようになったということです。

DSCN2665no2.JPG
赤坂氷川神社と道路で隔てた向かい側には長〜い土塀があり、その上には侵入防止のためのワイヤーまで張られていました。実はここは日本銀行氷川分館で迎賓施設のようで、業務上機密を要する会合が行われるとのことです。唯一日本銀行の施設であることを推察できるのは、塀の先端の瓦のマークでした。

DSCN2669no2.JPG
赤坂氷川神社の御祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむぢのみこと別名…大国主命)のお三方の神様。御神徳は厄除・良縁・家内安全・商売繁盛とのことです。

TBS放送センターは「ビッグハット」とよばれ、屋上のパラボラデッキから由来しているようです。一番上に見えるパラボラデッキに無線送受信設備を設置してあり、ヘリポートでもあるようです。

フランス料理オステルリースズキ(昼食)。
DSCN2697no2.JPG
フランス三ツ星レストラン出身のシェフが本場の郷土料理をベースとした素材の味を活かした本格フレンチいただきました。私たちはいただけませんでしたが、シェフ自ら厳選したワインは常時300種類以上用意してあるとのことでした。

赤坂サカスは、赤坂5丁目の再開発複合施設。赤坂サカスの「サカス」は、桜を咲かすという意味であると同時に赤坂にたくさんある坂=「サカス」の意味もあるのです。また「赤坂サカス」のローマ字表記「akasaka Sacas」を後ろから読むと「SACA・SAKA・SAKA」=「坂・坂・坂」となる。
DSCN2708no2.JPG
赤坂サカスには、およそ100本の桜が植えられています。その中心に位置しシンボルとも言えるのがこの「三春桜」です。三春桜はエドヒガン系のベニシダレザクラで樹高12m、樹齢は100年とも言われています。日本三大桜のひとつで国の天然記念物、福島県三春町の「滝桜」の子孫樹であることから「三春桜」の名がつけられたのです。


DSCN2712no2.JPG
鈴降稲荷神社(すずふりいなりじんじゃ)は円通寺通りから曲がった細い路地の奥に、ひっそりとありましたが、通りの看板と赤い旗ですぐわかりました。
「鈴降稲荷神社はもと四谷仲殿町にあり、伊賀町、仲殿町一体がその氏子であった。元禄8年、さきの鈴を神鈴として鈴降稲荷といい伊賀組の鎮守としたのです。そういえばNHKの以前の朝ドラ「ひよっこ」ででてきた「すずふり亭」はこのお稲荷さんと背中合わせの設定だったと伺いました。オモシロイ!!

「丹後坂」は赤坂のコロンビア通りから北方へ登る石段の坂道で、坂上からさらにまっすぐ行くと牛鳴坂(うしなきざか)の坂上に到達しました。牛鳴坂は赤坂から青山に抜ける厚木道だったようで路面が悪く車を引く牛が苦しんだことから名前が付いた坂道とのことです。

DSCN2721no2.JPG
1864年(元治元年)に再建された武家屋敷門は、切妻造本瓦葺きで、裄(けた)行(ゆき)21.8m、梁間(はりま)4.7mの規模を持つ国の重要文化財。
2016年(平成28年)に山脇学園新校舎建築事業の一環として、千葉県九十九里町にあったこの門が赤坂に移築されたとのことです。持ち主の山脇学園ではこの門を“志の門”と呼んで、入学式や卒業式など節目の日に開門して、生徒が志を新たにする機会としているようです。

「弾正坂(だんじょうざか)」の西側には吉井藩松平氏の屋敷があったとのことです。この家は代々、監察・治安維持などを主要な業務とする官庁の役割を担った弾正だあったので家の前の坂にこの名前が付いたようです。実際には赤坂御用地(元赤坂二丁目)と豊川稲荷別院との間を登り、青山通り(国道246号線)と斜めに交差して、更に赤坂警察署と虎屋本社との間を山脇学園前まで登る坂道なのです。

DSCN2728no2.JPG
美喜井稲荷神社(みきいいなりじんじゃ )は「とらや本店」のわきの路地を入りビルの中二階に秘密基地みたいにあった神社です。この神様は蛸を食べないことや猫が飾られているのが印象的でした。

DSCN2735no2.JPG
豐川稲荷は正式名を豊川閣妙厳寺(とよかわかくみょうじん)といい、山号が圓福山(えんぷくざん)という曹洞宗のお寺で愛知県豊川閣の直轄の別院だそうです。こちらは「稲荷」となっていますが「狐を祀った神社」ではないこと、またもともと赤坂一ツ木にあった大岡越前守忠相邸にあったとのことです。

国際医療福祉大学には山車がありました。
DSCN2748no2.JPG
大学の学生が赤坂氷川神社の例大祭「赤坂氷川祭」に山車をひいて参加するようです。

DSCN2749no2.JPG
赤坂不動尊 智劔山威徳寺は江戸時代より紀州徳川家の祈願寺ということで内陣には紀州徳川家奉納の厨子や仏具などがあるようです。

DSCN2780no2.JPG
山王日枝神社の創建年代は不詳といいつつも、文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院・中院)の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まるというふうに伺いました。徳川家康が江戸に移封されたとき、城内の紅葉山に遷座して、江戸城の鎮守をしたようです。そして慶長9年(1604年)からの徳川秀忠による江戸城改築の際、社地を江戸城外の麹町隼町に遷座し、庶民が参拝できるようになったのです。またここは江戸城から見て裏鬼門に位置することが知られています。
この鳥居は「山王鳥居」または「合掌鳥居」「破風鳥居」というようです。山王は、日枝山(比叡山)の神(大山咋神)が山王権現と呼ばれていたことが由来とのことでした。この山王鳥居は、日枝神社以外では、日吉大社でも見ることができると伺いました。
一番の驚きはこの日枝神社が小高い丘の上にあることから外堀通りから社殿まで3基のエスカレーターが設置されていたこと。ビックリでした。
DSCN2772no2.JPG

DSCN2773no2.JPG
日枝神社には、狛犬ではなく「猿」が置かれていました。 猿は、もともと神様と人間のあいだをとりもつ存在で、昔から敬われているのです。「魔が去る(まがさる)」などと考えられ、勝運の神や魔除けの神として置かれています。音読みの「えん」と本殿に向かって左がメスの神猿像。子猿を抱いていて、子宝や安産のご利益があるようです。 本殿向かって右がオスの神猿像で本来、猿は山の守り神で、木や生き物を生み出し育てたと伝えられていますのでそれにあやかり物事を生み出す、発展させる「商売繁盛」や「社運隆昌」にご利益があるとのことでした。

本日は時々強い雨降りの中どうにか16000歩のウォーキングを午後3時に溜池山王駅で終了。気温が16℃前後で変化なく汗はじっとり身体にまとわりついており帰宅後はすぐに入浴して温まりました。講師の藤原さん、TD西平さんには参加者11人を安全に誘導するのにかなりご苦労されたのではないかと思いました。参加者のひとりとして、ただただ感謝!!そして11月の第3回が晴天に恵まれますように!!
posted by yunofumi at 17:51| あちこちウォーク

2020年10月09日

2020.10.5 第1回 東京十社巡り

本日は東京十社のうち神田明神・根津神社・白山神社を中心のウォーキングツアー。
東京十社は、明治元年にあたる1868年に明治天皇が定めたもの。
江戸城の造成に風水が取り入れられていたことは有名な話ですが、明治になったばかりのあわただしいなかで東京十社を迅速に定めたのは、皇居と東京に暮らす人々を守る、新しい時代の新しい結界を作ることを重要視したためのようです。
東京十社とされたのは、根津神社、神田明神、亀戸天神社、白山神社、王子神社、芝大神宮、日枝神社、品川神社、富岡八幡宮、赤坂氷川神社。
このなかで神田明神は鬼門(東北)に、日枝神社は裏鬼門(西南)に位置しているとのことです。

JR御茶ノ水駅聖橋口⇒聖橋⇒湯島聖堂⇒神田明神⇒清水坂下信号⇒妻恋神社⇒湯島中坂上信号⇒鳥つね⇒湯島天満宮⇒舞鶴ぶどうぱんの店⇒東京メトロ湯島駅⇒天神下信号⇒ALFA CAFÉ(昼食)⇒根津教会⇒根津神社⇒漱石旧居跡⇒海蔵寺⇒大林寺⇒大圓寺⇒圓乗寺⇒白山神社⇒東京メトロ白山駅

AM10:00JR御茶ノ水駅聖橋口を出発。
本日の参加は女性ばかり11名。東京シティガイドの講師前川、加藤のお二人。TDは若い青木さん。私の1班の5人は加藤さんの案内で元気に出発。
聖橋は神田川の上の外堀通りにあり、JR御茶ノ水駅をまたいでいます。長さは79.3mで鉄筋コンクリートのアーチ橋。この橋は関東大震災後の震災復興橋梁の1つで、1927年(昭和2年)に完成。設計・デザインは山田守、成瀬勝武。2018年には土木学会選奨土木遺産に認定されたとのことでした。

湯島聖堂は江戸時代の1690年(元禄3年)に江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟で、後に幕府直轄の学問所だったとのこと。「日本の学校教育発祥の地」の掲示がありました。
DSCN2408no2.JPG

湯島聖堂の周りにある塀は練塀といって白漆喰が交互に積み上げられた土塀とのこと。江戸時代は火事が多かったからこの様な工夫がされたようです。
DSCN2398no3.JPG
孔子像は知っていましたが楷の木(かいのき)、白松(はくしょう)の説明をはじめて伺いました。
DSCN2405no3.JPG
楷の木は孔子の墓所に植えられている名木で枝や葉が整然としているので、書道でいう楷書の語源となったのは枝がカクカクしているからのようです。
白松は樹皮が薄く丸く剥げていく性質があるとのことです。


神田明神。
DSCN2426no3.JPG
正式名称は神田神社。 東京の中心の神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場などの108町会の総氏神様。
大黒様といわれる大己貴命(おおなむちのみこと)、えびす様といわれる少彦名命(すくなひこなのみこと)、除災厄除の神様といわれる平将門命(たいらのまさかどのみこと)が御祭神です。以前伺った時は工事中だった境内にEDDOCO神田明神文化交流館ができていました。
DSCN2430no2.JPG

妻恋神社(つまこいじんじゃ)の神紋は「檜扇に御の字」。江戸時代には関東総司稲荷神社とされ、「關東總司 妻戀神社」といわれたようです。また、日本七社(日本七稲荷)の一つでもあります。

湯島中坂上信号をすぎると「鳥つね」が見えました。こちらの親子丼が半熟の玉子で艶々していてとても美味しいとのことです。

湯島天満宮(湯島天神)は受験シーズンは合格祈願のために、参拝する受験生が訪れることで有名です。本日はリニューアルが境内で行われている様子で少し雑然としていました。
DSCN2457no2.JPG
境内には「撫で牛」が2体ありました。自分の体の悪いところを撫でると良くなると言われています。正式には「臥せ牛」というようで昔、道真公が亡くなるときに、「自分の遺骸を牛の背に乗せ、人に引かせず、その牛が立ち止まったところを墓所とするように」との遺言があり、牛を天神様の使いと考えたからのようです。
DSCN2459no2.JPG

DSCN2462no2.JPG
奇縁氷人石は落し物や迷子の時、この石にお願いするとさがしているものが見つかるといわれた石。石柱の右側には「たつぬるかた」、左側には「をしふるかた」があり、落し物や迷子を探す人は「たつぬるかた」に、拾ったり見つけたりした人は「をしふるかた」に、お願いしたことや知らせたいことを紙に書いて貼っておくとよいということで江戸時代に人出が多かった場所に設置され、伝言板の役割を果たした石なのです。

文京区から台東区のこの辺りは谷中・根津・千駄木の総称が「谷根千」といわれているようで東京の中心部に位置しながらも下町情緒溢れるこのエリアということでお散歩コースとして人気だそうです。

舞鶴ぶどうぱんの店は湯島にある創業1980年(昭和55年)の喫茶店。看板商品はレーズン含有率92%の「ぶどうぱん」。天神下交差点から湯島方向へ約1〜2分、湯島駅3番出口から約1分。ショーウインドウには「ぶどうぱん」が色々並びお値段はそれなりの様子。一度は食べてみたいと思いました。
DSCN2467no2.JPG

ALFA CAFÉは東京メトロ根津駅すぐそばでした。
本日はお得なランチということで前菜・スープ・骨付きロースポーク・デザート・珈琲。ちょっぴり贅沢な食事でした。
DSCN2512no2.JPG

根津教会は日本基督教団の教会堂。1919年(大正8年)に「本郷福音教会」として建立。東京の空襲にも会わなかったそうです。木造平屋建て切妻造で、外壁は下見板張りで、切妻の妻面に窓を開けた尖頭アーチのデザイン。玄関部のトンガリ屋根を載せた角塔が地域のランドマークのようでした。 2001年(平成13年)には、門及び塀とともに国の登録有形文化財に登録されたとのこと。
DSCN2531no2.JPG

根津神社は日本武尊が1900年近く前に創祀したと伝わる古社。
DSCN2558no2.JPG
現在の社殿は1706年(宝永3年)、甲府藩主徳川家宣(のち征夷大将軍)が献納した屋敷地に造営されたもの。権現造(本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)の傑作とされているようです。社殿7棟が国の重要文化財とのこと。境内の徳川家宣胞衣塚と乙女稲荷も見ました。
DSCN2563no2.JPG

漱石旧居跡。
DSCN2580no2.JPG
日本医科大学同窓会館のそばに文豪夏目漱石(1867〜1916)の旧居跡がありました。 ここには、イギリスから帰国後の明治36年から3年間住んだようです。この間、東京大学英文科・第一高等学校の講師として活躍する一方、処女作『我輩は猫である』を執筆し、この旧居は作品の舞台となったのです。塀の上には猫が鎮座しここは「猫の家」跡ということです。ここではまた『倫敦塔』『坊ちゃん』『草枕』等も発表したようです。また家屋そのものは愛知県犬山市の「明治村」に移築され公開されており、私は以前、明治村を見学したことがあります。 

曹洞宗 大智山 海蔵寺は天文年間(1532‐1554) 勝庵宗最禅師を開山とし、現在の和田蔵門内に創建され、その後明暦年間(1655‐1657)に現在地に移転してきたとのこと。
著名な墓碑では、江戸庶民に富士信仰を広めた富士行者身禄の墓、江戸後期の儒学者立原翠軒夫婦の墓があると示されていました。
DSCN2589no2.JPG

大林寺(だいりんじ)は、東京都文京区にある曹洞宗の寺院。元和年間(1615年 - 1624年)、元秀和尚の開基。元秀和尚は臨済宗の僧だったが、隠居するにあたり駒込高林寺の喜山春悦和尚を第2代住職に迎えた。その際に当寺は曹洞宗に転宗したようです。よって喜山春悦和尚を勧請開山としていることになります。 元々は下谷にありましたが、その後、現在の文京区内を転々とし、1712年(正徳2年)に現在地に移転したようです。

大圓寺ではほうろく地蔵を見ました。
DSCN2604no2.JPG

圓乗寺では八百屋お七の物語と共にお墓を見ました。
DSCN2613no2.JPG

白山神社。
DSCN2624no2.JPG
菊理姫命(くくりひめのみこと)伊弉諾命(いざなぎのみこと)伊弉冊命(いざなみのみこと)が御祭神。
天暦2年加賀一宮白山神社を現本郷元町に奉勧請したとのこと。建武4年足利尊氏公により国家平安御祈願所に命ぜられ、元和2年には徳川秀忠公の命に依り巣鴨原へ遷座、慶安4年には徳川家綱公の用地と成り、明暦元年現社地に移奉したようです。その後、五代将軍綱吉公と生母桂昌院の信仰を受け、小石川の鎮守となったのです。ここは紫陽花と白旗幡桜が有名のようです。

本日自宅出発時は16℃、日中は24℃。ウォーキング中は曇りだったので絶好の日和。コロナ禍になってから初めてのウォーキングツアーでしたが16000歩を完歩できてほっとしました。加藤講師は初めて担当頂きましたがとてもお話が面白く、多岐にわたりかなり初めてのことも知ることができました。
本日の十社巡りは第1回ということで御朱印帳もいただき今後が楽しみです。また頑張ります。
posted by yunofumi at 16:06| あちこちウォーク

2020年01月20日

2020.1.20 さいたま彩発見ぶらり街あるき 第7回北区

令和2年になって最初の本格的なウォーキングです。お天気もほぼ快晴のなか、元気に22名が出発です。先導はいつものように喜多見修一先生、TDは小松さんです。

東武アーバンライン大宮公園駅⇒寿能町2丁目⇒寿能城跡⇒西縁見沼代用水路・見沼緑道⇒御嶽社⇒東野第9踏切⇒土呂の地蔵堂⇒見晴公園⇒市民の森見沼グリーンセンター⇒神明橋通り⇒神明社⇒JR土呂駅⇒盆栽レストラン大宮⇒大宮盆栽美術館⇒藤村園⇒盆栽町会館・神徳庵大社⇒さいたま市立漫画会館⇒芙蓉園⇒大宮盆栽町郵便局⇒盆栽四季の家⇒JR宇都宮線土呂駅

東武アーバンラインは元々東武野田線といわれ大宮駅から千葉県の柏駅を経て船橋市の船橋駅を結ぶ東武鉄道の路線。「東武アーバンパークライン」の愛称は2014年4月につけられたようです。 東武鉄道で唯一、千葉県内を通る路線とのことです。

大宮公園駅は1929年(昭和4年)の開業で2015年に現在の駅舎になったようです。大宮公園には埼玉県立歴史と民俗の博物館、大宮競輪場、埼玉県営大宮公園野球場、さいたま市大宮公園サッカー場(NACK5スタジアム大宮)、大宮第二公園、そして本日伺う大宮盆栽村もあり、風光明媚なところでもあります。

寿能城(じゅのうじょう)跡。
DSCN1732no2.JPG
1560年(永禄3年)頃に、岩槻太田氏の岩付城の支城として建設され、初代城主は、岩付城主太田資正(三楽斎)の四男?の潮田資忠(母方の姓)であったとのことです。岩付から見て西方の、見沼の対岸に築城されたのです。氷川神社を後ろにしており、位置としては大宮台地のほぼ中央でその先はかっては見沼の入江となっており水に囲まれた城だったようです。城の最後は徳川家康に下った古河藩家老潮田資忠の子孫や潮田家遺臣で資忠の墓碑を城跡に建て、これが現在みられるのです。

見沼代用水西縁(みぬまだいようすいにしべり)は、上尾市・さいたま市・川口市を流れる灌漑農業用水および都市用水路。
DSCN1841no2.JPG
見沼緑道は、見沼土地改良区と水資源公団による見沼代用水改良工事によって生まれた空間地を利用して造られた遊歩道で、JR宇都宮線土呂駅と東大宮駅の中央付近から見沼代用水沿いに下って、東武野田線の付近で一旦迂回し、大和田公園の入り口まで続いています。したがって本日もウォーキングするところも含め、見沼公園・神明社・市民の森・見晴公園・大和田公園などがあるとのことです。
DSCN1751no2.JPG

DSCN1774no2.JPG
見沼緑道では途中にあった案内板からわかったとこは、かおり木の道・小鳥と花の道・風と花の道・フローラの泉・杜の道・花かすみの道などを今日は通ったのです。また所々で咲いていた蝋梅の香りがよかったです。
DSCN1843no2.JPG

土呂の御嶽社は全国にある御嶽神社の一つ。旧武田家臣で徳川旗本だった初鹿野氏が氏神として甲州から勧請した神社のようです。
DSCN1759no2.JPG

土呂の地蔵堂は旧武田家臣で徳川旗本の初鹿野氏が自身の陣屋(土呂陣屋)内に建てたもののようです。今日は扉が閉まっていたので建物のみを見ました。
DSCN1767no2.JPG

見沼田んぼには、白い風車のシンボルがある「見晴公園」がありました。「見晴公園」は「市民の森・見沼グリーンセンター」の隣で見沼たんぼの北部にあたり、公園の東側に芝川が、西側に見沼代用水西縁が流れています。春には、風車の前に菜の花畑が広がり、菜の花畑と白い風車が絵になり、桜も満開ならなおさらきれいな景色が見られそうです。
DSCN1779no2.JPG

市民の森見沼グリーンセンター。
DSCN1782no2.JPG

DSCN1788no2.JPG
面積約14uの自然と接して楽しめる憩いの場で、常緑樹、落葉樹が植えられ四季を通して豊かな緑があふれる市民の森、広大な芝生広場、シマリスを放し飼いしているりリスの家、展示温室、盆栽展示場、健康歩道、林間テラス、見沼グリーンセンター本館などの施設がありました。

子リスのトトちゃん像とリスの家
DSCN1802no2.JPG
リスの家には、広めの敷地の中にシマリス約100匹を飼育していて、シマリスの可愛い仕草や姿、生態などが間近で観察が出来ます。今日は冬眠中なのに暖かかったためちょろちょろお出かけしていた5匹を見ることができました。
DSCN1794no2.JPG

土呂神明社の創建年代等は不詳ということですが、源義家の伝説に比定される杉の樹齢が約八百年だったことから中世の創建ではないかということです。明治6年村社に列格、明治40年村内にあった字御嶽御嶽社(境内社三峯社)、字稲荷山稲荷社、字植嶽稲荷社(境内社神明社)、八雲社を合祀したとのことです。
DSCN1838no2.JPG

土呂駅(とろえき)は、埼玉県さいたま市北区土呂町一丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅。この路線は「宇都宮線」の愛称区間に含まれており、上野駅発着系統と、新宿駅経由で横須賀線に直通する湘南新宿ライン、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車します。 開業は1983年(昭和58年)10月。2017年(平成29年)にさいたま市で「第8回世界盆栽大会 in さいたま」が開催され会場のさいたま市大宮盆栽美術館の最寄り駅であったことから改札などへの盆栽の配置や、駅構内におけるフラッグや盆栽のモチーフが飾られたようです。駅舎の前にはオブジェのように大きな盆栽が今でもあります。
DSCN1849no2.JPG

さいたま市立漫画会館(さいたましりつまんがかいかん)は、「日本の近代漫画の先駆者」・「日本初の職業漫画家」とされる漫画家、北澤楽天の晩年の居宅跡に1966年(昭和41年)11月に開館した施設です。公立美術館として日本初ですし漫画を主な収蔵品とするマンガ・アニメミュージアムとして知られているとのことです。
DSCN1896no2.JPG

盆栽町会館のお隣に神徳庵大社と清水瀞庵翁紀功碑がありました。この方は関東大震災後最初にこちらに移住した方でこの盆栽の町を作った功労者とのことです。
DSCN1888no2.JPG

DSCN1886no2.JPG

さいたま市大宮盆栽美術館。
旧大宮市には1923年(大正12年)の関東大震災で被災した東京小石川周辺の盆栽業者が移住して形成された盆栽村があり、今も盆栽の町として知られています。
この大宮盆栽美術館は盆栽の魅力を発信するための観光施設として、2010年に開館したとのことです。
DSCN1874no2.JPG

DSCN1878no2.JPG
盆栽村を開拓した先人達の先見性から、現在の道路幅も当時造られたそのままで、ほぼ碁盤の目状に造られ、道の両側にはさくら、もみじ、かえで、けやきなどの木々が植えられていました。それらの道は「けやき通り」「もみじ通り」など植えられた木の名前が付いており、盆栽四季の道と今も呼ばれています。
DSCN1881no2.JPG
途中にはお休み所「盆栽四季の家」がありました。ここで盆栽最中を美味しくいただきました。
DSCN1902no2.JPG

DSCN1908no2.JPG
盆栽村は今、盆栽町という珍しい町名となっておりました。各盆栽園は自由に見学できるとのことです。今も営業中の盆栽園は、芙蓉園・九霞園・清香園・蔓青園・藤村園・松雪園とのことで特に芙蓉園には中に入ってみることができました。
DSCN1883no2.JPG
盆栽レストラン大宮。
DSCN1856no2.JPG

DSCN1865no2.JPG
さいたま市大宮盆栽美術館のお向かいにありました。6年前に開業したそうです。
盆栽教室もやっているとのことで私を含め数名がウォーキング終了後苔玉つくりをしました。
DSCN1912no2.JPG

DSCN1911no2.JPG

DSCN1915no2.JPG

DSCN1923no2.JPG

12月に腰痛が出て1か月は自重していましたが本日はお陰様で1日元気に過ごしました。気温9℃、ほとんど風なしの中、参加者全員が元気にゴールしました。さいたま市内ウォーキングも順調に回を重ねており、もうすぐ10区すべてが終わりそうです。その後は県内各市を巡るウォーキングがはじまるとのことです。また元気に参加できるように日頃から足を鍛えることを忘れないようにしたいです。
皆様、またお会いしましょう。
posted by yunofumi at 22:51| あちこちウォーク

2020年01月04日

2020.1.4. 草加宿七福神めぐり

新年 おめでとう ございます
新しい年を迎え埼玉もこのあたりは連日よい天候が続いております。
元旦は家族でおせち料理やお雑煮をいただき、いつもの通り初詣へ。
DSCN1495no2.JPG
近所の八雲神社と多聞院へ。
DSCN1509no2.JPG

DSCN1516no2.JPG
そして年賀状のいただいたのを楽しく拝見し、その後はまだ出していなかった方々へ急いで年賀状を作成し、投函。

2日は映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」を拝見。
実にうまく作ってある映画で「ほろりとしたり、笑ったり」。忙しかったです。何より画像がきれいで感心しました。

3日も映画鑑賞。名作をいろいろ取り上げている「午前十時の映画館」のシリーズで「ショーシャンクの空に」でした。これは1994年に公開されたアメリカ映画で刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。 とても心打たれる映画できた。

本日は草加駅に10時集合で友人のMさんと草加宿七福人めぐりをしました。

草加駅・おせんさん像⇒高砂1丁目⇒回向院⇒三峰神社⇒八幡神社⇒藤城家⇒草加住吉郵便局⇒大川本陣跡⇒清水本陣跡⇒氷川神社⇒元祖源兵衛せんべい⇒東福寺⇒草加八潮消防局⇒谷古宇稲荷神社⇒神明宮⇒おせん公園・河合曽良像⇒草加宿芭蕉庵・松尾芭蕉像⇒谷古宇橋⇒出世弁財天⇒矢立橋⇒草加松原⇒ハープ橋・浦寺橋⇒草加駅

草加宿は江戸時代に栄えた宿場。松尾芭蕉などが日光街道を歩んだ所。草加の七福神めぐりは平成13年にスタートし七福神と宝船を加えた8か所を巡った後、草加松原のある矢立橋と札場河岸公園でゴールのように作られており歩程としては約4.1kmとのことでした。

@回向院(布袋尊)
DSCN1540no2.JPG
ここは1653年(承応2年)に開創。本堂に阿弥陀三尊が鎮座。外陣に呑龍上人像があったので足や頭をなでてきました。お正月の時期だけということで布袋尊を拝めました。
DSCN1541no2.JPG

A三峰神社(寿老人)
DSCN1560no2.JPG
この小さな神社は秩父の三峯神社神社を本社としておりお犬様といわれるオオカミがまつられていました。お正月ということで社殿横に南極星の化身といわれる寿老人の木像が見られました。
DSCN1562no2.JPG

B八幡神社(恵比寿)
DSCN1571no2.JPG
この神社は1700年前半(亨保年間)に創建とのこと。社殿内には野口金蔵の天井絵、大きな雌雄一対の獅子頭、恵比寿神像がありました。
DSCN1574no2.JPG

すぐそばに藤城家がありました。この家は街道に面して建つっていました。木造二階建、切妻造桟瓦葺で、正面に下屋を設けています。正面構えは、一階はガラス戸を、二階は格子をたて、軒は太い腕木で桁を持出し、出桁造りです。建ちが高く風格ある趣を持つ昭和初期の商家で、宿場の面影を十分に伝えていました。
DSCN1576no2.JPG
そばには古い道案内の石柱も凛とそびえていました。
DSCN1581no2.JPG
近くには大川本陣跡と清水本陣跡の石碑がありました。
DSCN1586no2.JPG

C氷川神社(大黒天)は草加宿の開祖大川図書の没後、地域の氏神様として親しまれているとのこと。社殿横の小さなお社に大黒天が鎮座されていました。
DSCN1589no2.JPG

東福寺手前に元祖源兵衛せんべいを発見。
DSCN1597no2.JPG
焼きたてをいただいて小休憩しました。
DSCN1602no2.JPG

D東福寺(毘沙門天)
江戸時代に草加宿の開祖大川図書創建。本堂は地域最大で立派。
DSCN1607no2.JPG
お正月の時期だけのようですが毘沙門天が御開帳されていました。
DSCN1611no2.JPG
山門の彫り物が素晴らしかったです。
DSCN1610no2.JPG

E谷古宇稲荷神社(福禄寿)
DSCN1620no2.JPG
草加消防署わきからくねくねと進むとあった神社です。ここは旧谷古宇村の鎮守社とのこと。在の方が詰めておられ境内もとても清らかでした。母子狐と雄狐が社殿を守っておりました。七福神もよく見えました。
DSCN1622no2.JPG
通りに出ると芭蕉さんとともに旅した河合曽良さんの像がありました。
DSCN1627no2.JPG

F神明宮(しんめいぐう)(七福神宝船)
DSCN1629no2.JPG
1615年(元和元年)建立。約100年後にこの地に移転して草加宿の総鎮守となったようです。
そこにこの七福神宝船があったのです。
DSCN1631no2.JPG
そばのおせん茶屋公園には「草加せんべい発祥の地碑」もありました。
DSCN1635no2.JPG

G出世弁財天(弁財天)
札場河岸公園の綾瀬川を挟んでお向かいにありました。
朱色のミニ階段と鳥居が目印でした。弁財天様は出世の願いを聞いてくださるとのことでした。

その後芭蕉庵や芭蕉像を見て矢立橋、草加松原、ハープ橋、浦寺橋も見た後草加駅に戻りました。
DSCN1644no2.JPG

DSCN1671no2.JPG
本日は気温10℃晴天でほとんど風もなく、のんびりした草加七福神めぐりでしたので約3時間と予定の倍の時間を費やしました。街中には市が作成した案内板もあり、どうにか終了できました。歩程約2万歩は久しぶりでしたが、完歩できて大満足。これでまた今年もウォーキングに精出すことができそうです。草加観光協会のスタンプラリーもきちんと作成できて大満足でした。
posted by yunofumi at 22:43| あちこちウォーク

2019年12月02日

2019.12.1天皇御即位記念 大嘗宮(だいじょうぐう)・皇居乾通り 特別公開

大嘗宮(だいじょうきゅう)は、天皇陛下が五穀豊穣と国民の安寧を祈る儀式が行われる場所で名立たる宮大工によって造られた建物。古式ゆかしい貴重な大嘗宮は、11月21日から12月8日まで公開予定!と伺っておりました。
乾通りは、乾門から宮内庁庁舎前に至る乾濠及び蓮池濠沿いの約750mの通りです。 両側にさくらや紅葉がとてもきれいで春と秋に公開されます。
昨日、TVで皇居乾通りの紅葉と大嘗宮を見られると情報が流れました。11/30と12/1は晴天とのこと。公開初日の11/30は7万人の人出が、翌日は11万人の人出が予想されるともいわれました。
ずっと以前にお正月の一般参賀や桜の時期に乾通りを通り抜けて楽しんだことがあります。
人が多くても近頃の警備体制が徹底されているので心配ないだろうとお出かけしました。
東京駅到着AM11:30 行幸通りは皇居に向かう人がほとんどでした。
DSCN1259no2.JPG

和田倉門手前の信号にはポリスカーも出て注意事項を連呼中!
DSCN1261no2.JPG

そこからは行列!行列!
DSCN1299no2.JPG

手荷物検査、金属探知機での身体検査を終えようやく坂下門から入場。
DSCN1311no2.JPG
この時点で正午過ぎ。まずまず順調!
まずは歩みを止めることなく紅葉を楽しみました。
DSCN1325no2.JPG

DSCN1328no2.JPG

こちらはフユザクラ。
DSCN1331no2.JPG

DSCN1333no2.JPG

これはシキザクラ
DSCN1342no2.JPG

こちらはイロハモミズ。
DSCN1345no2.JPG

これより天守台そばに向かいいよいよ大嘗宮に向かいます。案内の方がこれより大嘗宮まで80分のプレートを持っておられました。
DSCN1371no2.JPG

DSCN1389no2.JPG

DSCN1416no2.JPG

DSCN1452no2.JPG

DSCN1466no2.JPG

大嘗宮の後は大手門から出て、二の丸雑木林とお堀の白鳥に慰められ、帰路につきました。
DSCN1479no2.JPG

DSCN1490no2.JPG

DSCN1492no2.JPG
結局、15時前にはパレスホテルの地下街で空腹を満たして帰宅しました。
乾通りの紅葉は8種類、70本と伺っていましたが気候の性でしょうか色好きはそれなりでした。大嘗宮は神々しくて人々が押しかけているのに我関せずの感じでした。
今日は物見高い私の興味だけでのお出かけでしたが結局15000歩でしたから結構疲れが残りました。数日自浄してまた日常を元気に過ごしたいと思います。
posted by yunofumi at 16:08| あちこちウォーク

2019年11月21日

2019.11.17 さいたま彩発見ぶらり街あるき 第6回見沼区

本日の見沼区は人口16万人、西方から見ると見沼代用水東縁、芝川、見沼代用水西縁、深作川、綾瀬川と川に挟まれた所のようです。

東武アーバンパークライン(旧東武野田線)七里駅⇒七里停車場跡⇒七里自然の森⇒大圓寺⇒めいらく工場⇒大川ホールデングス⇒七里商工会⇒七里駅入口信号⇒風渡野バス停⇒天神社⇒風渡野緑地公園⇒半縄橋⇒大宮東警察署⇒宮ヶ谷塔バス停⇒県営大宮東門前団地⇒氷川神社⇒小深作⇒春おか広場⇒はるおかいちご園⇒野第37号踏切⇒緑のヘルシーロード⇒見沼東縁代用水路⇒中島橋⇒キットチエント(昼食)⇒深作(東)信号⇒深作氷川神社・菅原神社⇒古沢農園直売所⇒コジマデンキ⇒観音寺下公園⇒タイヤ館⇒グリーンプラネット⇒武蔵野銀行⇒宝積寺⇒春野3号公園⇒深作遊水地・深作多目的遊水地⇒深作川⇒関前橋⇒井川歩道橋⇒春野図書館⇒セブンイレブン春野図書館前店⇒アーバンみらいバス停〜路線バス〜JR東大宮駅

東武アーバンパークライン(旧東武野田線)は大宮から船橋までの35駅、約63kmの路線。途中の大きな駅としては春日部があります。七里駅は大宮から4駅目。
七里駅は1929年に開業。さいたま市見沼区にあります。

さいたま市見沼区風渡野(ふっとの)にあった七里停車場道路元標です。現在の七里駅の傍です。
DSCN1017no2.JPG
町や村で建てられたものとは異なり、道標も兼ねているようです。昭和4年に開業した東武野田線七里駅の記念として昭和5年に建てられたらしいです。

七里自然の森は埼玉県さいたま市見沼区にあり、かなり広々した自然の森。風が心地よかったです。
DSCN1021no2.JPG
この場所で清浦 奎吾の紹介を伺いました。
清浦 奎吾(C浦 奎吾、きようら けいご、肥後(熊本県)出身。(1850年3月27日(嘉永3年2月14日)〜 1942年(昭和17年)11月5日)は、日本の官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。爵位は伯爵。幼名は普寂(ふじゃく)。旧姓は大久保(おおくぼ)。彼は1872年(明治5年)に上京。以後埼玉県県令となり、そのころ埼玉県の教育に力を貸すよう求められ、埼玉県第21区小学第三校大教授申付(現・さいたま市立七里小学校)として出仕し、1873年(明治6年)には、埼玉県権少属、1874年(明治7年)には権中属、1876年(明治9年)には中属となっているとのことです。さらにその後1924年(大正13年)に第23代内閣総理大臣となっています。埼玉の有名人としては渋沢栄一しか知らなかったのでまったくはじめての説明でややびっくりでした。

大圓寺(風渡野村)は曹洞宗、大成村普門院末。鷲嶽山というようです。
DSCN1030no2.JPG

DSCN1037no2.JPG
大圓寺は室町時代の創建で、その頃このあたりは岩付太田氏の領地に組み入れられていました。太田氏と大圓寺とのかかわりは深く、古天明霞釜は太田道灌が茶の湯に愛用していたと伝えられ、のちに大圓寺に寄贈されたもの。寄贈者は陽光院殿で、同寺に参詣する時は、この釜で茶をたて、道灌の位牌に供えたと言われています。天明は、現在の栃木県佐野市あたりの地名で、古天明は、室町時代後期までにつくられたものの総称とのことです。「西の芦谷東の天明」と言われ、茶の湯釜の双璧と称されました。

鞄結桙゚いらく大宮営業所。
スジャータでおなじみのめいらくが大圓寺そばの見沼区大字風渡野にありました。
DSCN1041no2.JPG
こちらは「スジャータ」をはじめ、ホイップやスープ、シルクアイス、コーヒーなど、様々な商品を作っているようです。

風渡野(ふっとの)とは台地に挟まれた地域をいうようです。 バス停で読み方がわかりました。土地の歴史としてのはじまりは幕府領、1633年(寛永10年)にその一部が旗本水野氏の知行となり、その残りは1661年(寛文元年)より旗本伏見氏の知行となって2氏による協力体制ではじまったようです。

中川天神社。
DSCN1071no2.JPG
御神祭は菅原道真。見沼区中川にあります。中川天神社の創建年代等は不詳で、江戸期には中川村小名天神に鎮座、村民持ちの社だったようです。明治40年中山神社に合祀されたとのことでした。
ご神木です。
DSCN1072no2.JPG

この場所の宮ヶ谷塔(みやがやとう)とは鎮守であった氷川神社(宮)と、谷戸があったことから「宮ヶ谷戸」と呼ばれ、その表記が変化したものとのことです。もともとは江戸期より存在した武蔵国足立郡南部領に属する宮ヶ谷塔村だったようです。『武蔵国田園簿』では宮ケ谷戸村とも伝わっているようですが、『元禄郷帳』では宮ヶ谷塔村とあるとのことです。地勢上綾瀬川に近く、水利には恵まれていた反面、大水の被害に度々見舞われていたという土地柄らしいです。
地名はバス停で確認できました。

この氷川神社は中氷川神社とも呼ばれています。別称として氷川神社(大宮区)・氷川女体神社(緑区)とともに一体の氷川神社を形成していたという説がある。
DSCN1085no2.JPG

DSCN1088no2.JPG
ここは崇神天皇2年(紀元前95年)創建と伝えられ、氷川女体神社と同年代の創建となるとのことです。「中氷川」の由来は、氷川神社と氷川女体神社の中間に位置することから付けられたということでもあるようです。社伝では、鎮火祭(後述)の火により「中氷川」の氷が溶け、「中川」の地名になったとされているともいうことでした。1591年(天正19年)徳川家康から社領15石の朱印を受け、明治40年(1907年)周辺の神社を神社合祀し、鎮座地の中川の「中」と、江戸期の新田開発以来、氏子付き合いを深めてきた上山口新田の「山」を合わせて、中氷川神社から中山神社へ改称したとのことでした。
DSCN1090no2.JPG
参道に「小川とく」と書かれた石碑がありました。この方はこの神社傍で住んでいた方で久留米縞織の創始者。明治期の殖産家,染色家 久留米縞織で有名。もともとの出身は筑後国三瀦郡鳥飼村(福岡県)とのことです。

春おか広場では芝生広場、ソフトボール圓、お花畑、多目的広場と広々とした空間のほか、多目的ホール・会議室・和室・料理実習室があります。研修、会議、習い事等などに利用できるとのことです。桜やヒマワリの満開のころに来てみたいものです。
DSCN1103no2.JPG

「緑のヘルシーロード」及び「水と緑のふれあいロード」は、見沼代用水路やその支線用水路の改修により生み出された土地や管理道路を有効に利用して設置された、自転車・歩行者・農耕車の専用道路です。サイクリングやジョギングをしながら、水と緑に囲まれた田園空間を楽しめそうです。

見沼代用水(みぬまだいようすい)は、江戸時代の1728年(享保13年)に幕府の役人であった井沢弥惣兵衛為永が新田開発のために、武蔵国に普請した灌漑農業用水のこと。名前の通り、灌漑用溜池であった見沼溜井の代替用水路で流路は、現在の埼玉県行田市付近の利根川より取水され、東縁代用水路は東京都足立区、西縁代用水路は埼玉県さいたま市南区に至っているとのことです。
今日は見沼代用水東縁(みぬまだいようすいひがしべり)に沿ってウォーキングしました。
DSCN1124no2.JPG

レストラン「キットチエント」は、見沼区深作にある畑に囲まれた一軒家レストランでした。肉の挽き方にもこだわる洋食屋という感じ。地産地消の野菜などの材料にこだわったお料理を提供しているようです。
DSCN1130no2.JPG

DSCN1133no2.JPG 

DSCN1134no2.JPG 
メニューで確認するとお値段はリーズナブル。是非また来たいと思いました。

深作氷川神社は深作村の鎮守として創建され、『風土記稿』に「氷川社村の鎮守なり、覚蔵院の持、社辺に庵を作り、覚蔵院より僧をおひて(置いて)社を守らしむ」とあるとのことです。明治の初めに神仏分離が行われるまでは、地内にある覚蔵院という真言宗の寺院がこの神社を管理していたようです。
DSCN1155no2.JPG
この神社で300年以上続いている「深作ささら獅子舞」があるとのこと。実は境内には、氷川・諏訪・太神宮の三社が合祀されていて氷川様には神楽を、諏訪様には獅子舞を奉納する習わしとなっていたのですが神楽は長い間途絶え、神楽殿も数年前に焼失してしまったようです。 「ささら獅子舞」は、牝獅子、中獅子、牡獅子の3頭立てで、他に花笠を被るササラ2人、笛方2人、山神(天狗)1人の役があり、道行きでは総代を先頭に金棒曳き2人、神主、親方、ホラ貝等が加わるものです。毎年8月にお祭りがあるようです。

宝積寺(ほうしゃくじ)。
DSCN1181no2.JPG

DSCN1179no2.JPG

曹洞宗寺院の宝積寺は、深作山延命院といいます。こちらは、密庵俊茂が開基、實州参和尚(寛永6年1629年寂)が開山したといわれており新秩父三十四ヶ所霊場29番でもあります。本堂には円空作役行者像(えんくうさくえんのぎょうじゃぞう)があり、わざわざご住職が見せてくださいました。
DSCN1186no2.JPG
板石塔婆は供養のため造立された卒塔婆の一種で天沼町の大日堂板石塔婆に次いで市内二番目の大きさ。石材は緑泥片岩で、塔身部上部に五点具足のアーンク(梵字の胎蔵界大日如来)を薬研彫りし、その下に造立趣旨が刻まれています。

深作多目的遊水地はさいたま市見沼区を流れる深作川の多目的遊水池でL字型に曲っているのが特徴とのこと。説明では 遊水池の南には「遊水池公園」と「アーバンみらい東大宮」という住宅地があるようです。ここは遊水池とその周囲が公園化されており広々した感じでした。 手前では木の柵で中には入れないようでした。
DSCN1210no2.JPG

DSCN1205no2.JPG

DSCN1254no2.JPG
さいたま市見沼区の北部の綾瀬川沿いに広がる低地に「アーバンみらい東大宮」があります。バス停から見ると自然の田舎の風景とビル群が同時に見られ不思議な街が出来上がっていました。この新興住宅地は 地区の東側から南側・西側を深作、北側を丸ヶ崎とが隣接し、 かつては深作沼等の広大な湿地帯であり沼を埋め立てて宅地を整備したとのことでした。一番近くには深作川が流れていました。

今朝10:00からアーバンみらいバス停1530までのウォーキングは約18000歩、歩程約9m。気温16℃、晴天でまあぁ、気持ちよかったことが一番の収穫。講師喜多見先生、TD小松さんとともに参加者26名のほとんどが満足した昼食にありつけたこともとても良い印象を残した一日でした。さいたまウォーキングはかなり新鮮で今後も楽しみです。
posted by yunofumi at 07:58| あちこちウォーク

2019年10月30日

2019.10.26. 2巡目第8回東京の新発見旅「荒川区」

本日も晴天!東武東上線上福岡駅からJR南千住駅はかなり乗り替えながらで遠い!
でもいつもの通り早めに到着し、マクドナルドでお茶の後、集合!

JR南千住駅⇒両国回向院⇒コツ通り商店街⇒素盞雄神社⇒千住大橋⇒南千住熊野神社⇒天王公園⇒荒川ふるさと文化館・南千住図書館⇒円通寺⇒浄閑寺(投げ込み寺)⇒南千住商友会商店街⇒都電三ノ輪駅… 荒川2丁目駅⇒吉村昭文学館⇒荒川区防災センター⇒荒川警察署⇒常磐線第2三河島ガード⇒尾竹橋通り⇒ザ味元(昼食)⇒第二日暮里小学校⇒日暮里繊維問屋街⇒書道博物館・中村不折旧宅⇒子規庵⇒御隠殿跡⇒羽二重団子⇒善性寺⇒JR日暮里駅

JR南千住(みなみせんじゅ)駅には今回はJRで到着。見回せば東京地下鉄(東京メトロ)、首都圏新都市鉄道の駅がそれぞれに存在し、ちょっと複雑。歩行者は慣れているのかスイスイ歩行ですがこちらはちょっとウロウロ気味。

両国回向院(りょうごくえこういん)は荒川区南千住五丁目。正称は豊国山(ほうこくさん)回向院。小塚原回向院ともいわれます。 もともとは1651年(慶安4年)に新設された小塚原(こづかっぱら、こづかはら)刑場での刑死者を供養するため、1667年(寛文7年)に本所回向院の住職弟誉義観(ていよ・ぎかん)が常行堂を創建したことがはじまり。
DSCN0329no2.JPG
安政の大獄により刑死した橋本左内・吉田松陰・頼三樹三郎などのお墓をお参りした後、1771年(明和8年)に蘭学者杉田玄白・中川淳庵・前野良沢らが刑死者の解剖(腑分け/ふわけ)に立ち合ったことを記念した観臓記念碑(建立は1922年)を見ました。
また忘れてはいけない戦後の代表的な誘拐事件、「吉展ちゃん事件」の「吉展地蔵尊(よしのぶじぞうそん)」にも手を合わせました。

南千住コツ通り商店街はJR南千住駅の西側から千住大橋へ続く道で、由来は中世以来の地名「小塚原(こつかっぱら)」を略した説が有力なようです。江戸時代は日光道中の初宿、千住宿が置かれ、当時から多くの商店が軒を連ねていたとのこと。昔は延命地蔵尊の縁日で賑わったのが、今日では「ごりやく富くじ市」が開かれているとのことでした。

素盞雄神社(すさのうじんじゃ)の開祖となる黒珍(こくちん)の住居の東方小高い塚上に奇岩があり、黒珍はそれを霊場と崇め日夜斎戒礼拝すると、平安時代795年(延暦14年)、小塚の中の奇岩が突如光を放ち二柱の神様が翁に姿を変えて現れ、「吾れは素盞雄大神・飛鳥大神なり。吾れを祀らば疫病を祓い福を増し、永く此の郷土を栄えしめん。」と御神託を授け、黒珍は一祠を建て丁重にお祀りし、この神社がが御創建されたとのことです。
DSCN0357no2.JPG

DSCN0366no2.JPG 

千住大橋(せんじゅおおはし)は、隅田川にかかる橋で、国道4号(日光街道)を通っています。北岸は足立区千住橋戸町、南岸は荒川区南千住六丁目。旧橋(下り方向)・新橋(上り方向)の二橋で構成されており、旧橋の上流側に東京都水道局の工業用水道専用橋である千住水管橋がほぼ並行しています。
DSCN0377no2.JPG
最初に千住大橋が架橋されたのは、徳川家康が江戸に入府して間もない1594年(文禄3年)で、隅田川最初の橋です。当初の橋は現在より上流200mのところで、「渡裸川の渡し(戸田の渡し)」と呼ばれる渡船場があり、古い街道筋にあたった場所とのこと。 架橋を行ったのは関東代官頭の伊奈忠次。橋長66間(120m)、幅4間(7m)の橋で、土木工事の大家だった伊奈忠次でも難工事だったようで、熊野権現に祈願してようやく完成したといわれています。

南千住熊野神社は、源義家が永承5年(1050)勧請したと伝えられているようです。北千住と南千住を結ぶ大橋を架けた文禄3年(1594)伊奈備前守がここに成就を祈願、残りの材木で社殿修理を行なったことから、橋の架け替えごとに祈願と社殿修理が慣例となっているということです。
DSCN0380no2.JPG

荒川ふるさと文化館は平成10年に、郷土の歴史・文化を楽しみながら学び、探求する場として開館。南千住図書館と併設されていました。荒川ふるさと文化館では、荒川に関する考古・歴史・民俗資料を、荒川の通史に基づき展示公開しています。常設展示では荒川区内で発掘された遺跡や土器、中世の板碑、近世の町や農村の暮らし、銭座の作業風景、昭和41年頃の復元家屋などがありました。
DSCN0388no2.JPG

円通寺(えんつうじ)は、曹洞宗の寺院で山号は補陀山。本尊は聖観音菩薩。
DSCN0407no2.JPG
このお寺は、791年(延暦10年)坂上田村麻呂によって開かれたと伝わっています。明治維新の折、1868年(慶応4年)に行われた上野戦争で亡くなった彰義隊の隊員を現在上野公園の西郷隆盛像があるあたりでこの寺の住職が火葬を行ったとのことです。 このことから、この寺には火葬を行った場所の近くにあった上野寛永寺の総門(黒門)が移築され、亡くなった彰義隊の隊員の墓もあるのです。
DSCN0408no2.JPG

浄閑寺(じょうかんじ)は浄土宗の寺院で山号は栄法山。吉原遊廓の近くにあることから遊女の投げ込み寺としても知られているようです。 地名の三ノ輪から「三ノ輪の浄閑寺」といわれることも多いようです。
DSCN0425no2.JPG
このお寺は1655年に創建され、吉原遊廓の誕生(1657年)よりも早かったようです。この寺が投げ込み寺と呼ばれるようになったのは安政の大地震(1855年)で大量の遊女が死亡した際にこの寺に投げ込んで葬ったことによるとのことでした。
永井荷風の文学碑・筆塚がありました。
DSCN0427no2.JPG

都電荒川線(あらかわせん)は、南千住の三ノ輪橋停留場から西早稲田一丁目の早稲田停留場までを結ぶ、路面電車。愛称は、東京さくらトラム、途中の停留所は30か所で路線距離は12.2km。今日は三ノ輪橋駅から荒川2丁目駅まで乗りました。
DSCN0452no2.JPG

吉村昭文学館。
DSCN0464no2.JPG
吉村昭さんは日暮里に生まれ、空襲で家が焼失するまでの18年間を荒川区で過ごした方です。学習院大学在学中に執筆活動を開始、昭和41年(1966)に「星への旅」で太宰賞を受賞、同年「戦艦武蔵」を発表し話題となりました。戦史・歴史・医学・動物など幅広い題材を扱い、入念な取材をもとにした作品を数多く描いているとのことです。このように様々なテーマを持つ吉村文学に親しむとともに、吉村文学を契機として更に広範な文学に親しみ、心を豊かにし、知的好奇心を満足させることができる空間を提供するということで南千住図書館と同居の形でこの文学館ができているようです。

ザ味元(ザミゥオン) は韓国料理のお店。普通はとても辛いようでしたので辛くないようにとカルビ定食を希望して美味しくいただきました。
DSCN0501no2.JPG
中央にあるのは4人前です。念のため、、、。

夕焼小焼(ゆうやけこやけ、夕焼け小焼け)は、1919年(大正8年)に発表された中村雨紅の詞に、草川信が1923年(大正12年)に曲をつけた童謡で1923年に『文化楽譜 あたらしい童謡・その一』に発表され、童謡としては最も広く親しまれている作品の一つです。
DSCN0512no2.JPG
作詞者の中村雨紅は、1916年に第二日暮里小学校の教師となり、1918年に日暮里町第三日暮里小学校へ転勤。第三日暮里小学校在職中に夕焼小焼の作詞が行われたため、現在の荒川区立第二日暮里小学校前に「夕焼け小焼けの記念碑」があるのです。ちなみに荒川区立第三日暮里小学校には「夕焼け小焼けの記念塔」が建立されているとのことでした。
この歌の情景は、雨紅の故郷八王子の恩方村の様子。彼の生家の近くにある「夕やけ小やけふれあいの里」前には「夕焼小焼」バス停が設置され、今でも高尾駅と陣馬高原下を結ぶ路線のバスが停車するとのことです。

日暮里繊維街は東日暮里3丁目から6丁目までの四町会にまたがり、日暮里中央通り(バス通り)を中心に両側約1kmにわたり80軒以上の生地織物の店が連なる繊維の街。繊維街には和装、洋装、紳士婦人服地、繊維製品から服飾関連の小物から付属品5に至るまで生地織物に関する全てのものを品揃し便利な街なのです。
DSCN0526no2.JPG

書道博物館は、洋画家であり書家でもあった中村不折(1866-1943)が、その半生40年あまりにわたり独力で蒐集した、中国及び日本の書道史研究上重要なコレクションを有する専門博物館。
DSCN0556no2.JPG
殷時代の甲骨に始まり、青銅器、玉器、鏡鑑、瓦当、塼、陶瓶、封泥、璽印、石経、墓券、仏像、碑碣、墓誌、文房具、碑拓法帖、経巻文書、文人法書など、重要文化財12点、重要美術品5点を含む東洋美術史上貴重な文化財が多くありました。

子規庵の建物は、もともとは旧前田侯の下屋敷の御家人用二軒長屋だったようです。
明治27年子規はこの地に移り、故郷松山より母と妹を呼び寄せ、子規庵を病室兼書斎と句会歌会の場として、多くの友人、門弟に支えられながら俳句や短歌の革新に邁進しました。
DSCN0560no2.JPG
子規没後も、子規庵には母と妹が住み、句会、歌会の世話をつづけたとのことです。


御隠殿跡(ごいんでんあと)。
DSCN0564no2.JPG
輪王寺宮一品法親王は、天台座主に就き、東叡山・日光山・比叡山の各山主を兼帯し「三山官領宮」とも呼ばれた方。その後、第三世から幕末の第十五世まで、親王あるいは天皇の猶子(養子)を迎え継承され、ここはこの輪王寺宮の別邸「御隠殿」があった所。 輪王寺宮は一年の内九ヶ月は上野に常在されの時は寛永寺本坊(現、東京国立博物館構内)で公務に就き、この御隠殿は休息の場として利用したようです。1868年(慶応4年)御隠殿は彰義隊の戦いによって焼失し、現在ではまったくその跡を留めてなくこの説明板のみでした。

羽二重団子(はぶたえだんご)はきめがこまかく羽二重のようだと絶賛されたのが由来とのことで、そのまま名前となっているようです。生醤油を塗った焼き団子と、さらし餡を巻きつけた餡団子の二種類がありました。
DSCN0574no2.JPG
今日は漱石もなかをお土産にしました。

日蓮宗寺院の善性寺は、関妙山といい長亨元年(1487)に創建、寛文4年(1664)六代将軍徳川家宣の生母長昌院が葬られて以来、将軍家ゆかりの寺となったとのことです。
DSCN0575no2.JPG
今日は石橋湛山第55代総理大臣と第35代横綱双葉山のお墓を見ました。

日暮里駅前に太田道灌の鷹狩の姿の銅像がありました。鷹狩の途中雨に会い村娘に山吹を差し伸べられた逸話があり、そばには村娘の像もありました。
DSCN0598no2.JPG
日暮里の地名は「新堀村」からきているようですが“ひぐらしのさと”と読んだともいうことです。江戸時代の古地図には日暮里も新堀村も表記があり、日暮里は“あまりにも心地良い所で日が暮れるのを忘れてしまうほど一日を楽しむことができる里”という意味だそうです。

本日はAM10:00〜PM15:15まで歩程約10km約14000歩は青空の元、気温24℃でスムーズに終了。このシリーズは2巡目ですが本日のように前回には見なかった施設にもうかがえてなかなか有意義な1日となりました。帰りの道すがら吉村昭作品を近日中に図書館で見てみようと思いました。今日得た知識からまた違った見方ができるかもしれないという期待感がわいています。
posted by yunofumi at 21:26| あちこちウォーク