2014年05月17日

2014.5.11 日光街道第5回 粕壁宿〜杉戸

春日部駅東口⇒粕壁東1丁目⇒春日部郷土資料館⇒羽子板のさか田⇒アクシス春日部(春日部商工振興センター)⇒群馬銀行・本陣跡⇒田村荒物店・道標識⇒公園橋(西)交差点・本陣跡⇒かすかべ大通り⇒永嶋庄兵衛照会⇒伊第124号踏切道⇒トキタ園芸⇒野第87号踏切道⇒春日部稲荷神社⇒春日部八幡神社⇒春日部稲荷大明神⇒成就院⇒最勝院・春日部重行公墳墓⇒新町橋⇒小渕一里塚⇒山田タンス製作所⇒道標⇒幸松交番⇒福島畳店⇒小渕山観音院・仁王門・円空仏⇒樹葉(昼食)⇒小渕(北)⇒浄春院⇒吉田銘木店⇒すきすき すぎーと36⇒本郷⇒九品寺⇒杉戸町堤根(南)⇒南小学校跡・杉戸町立南公民館)⇒馬頭院⇒東栄石材⇒三本木一里塚・清地3丁目⇒清地2丁目・鐘馗様(しょうきさま)⇒南側用水路⇒近津(ちかづ)神社⇒杉戸キリスト教会⇒本陣跡地前交差点⇒古利根川・古川橋⇒百聞2丁目⇒東武動物公園駅

今朝10:00春日部駅東口集合。
お天気も良く一日中楽しめそう、と期待しながら出発。
すぐに春日部郷土資料館に到着し、粕壁宿の知識を得る。
粕壁宿は人口4000人弱、旅籠45軒、江戸から4番目の中規模の宿場。
模型で見る宿場は西から東に横町・寺町・上宿・中宿・新宿・三枚橋・新々田・下宿と構成。模型はそのほか竪穴式住居もありました。
江戸末期でも名主3軒、本陣1軒、向屋場1軒、寺院8軒、旅籠45軒が街道に沿って並んでいたようです。

次にアクシス春日部(春日部商工振興センター)に行くと大きな押絵羽子板・麦わら帽子・桐箱や桐箪笥が所狭しと並んでおり、とてもきれいでした。
ウォーキングを開始したばかりですから荷物になりますので、何も購入できず残念。

春日部八幡神社。 
1331年春日部重行が創建。
ご神木は大銀杏。
入り口鳥居の左側に「都取りの碑」がありました。
在原業平の歌「名にし負はば いざ言問はん都鳥 わが思う人はありやなしやと」が刻まれています。
DSCF05113369.jpg

最勝院の春日部重行公墳墓。
春日部重行は元弘の乱には新田義貞にしたがって戦功をあげたがその後足利尊氏との戦いに敗れ1336年京都で自刃。この遺骨を持ち帰って祀ったのがこの墳墓。
そういえば春日部市章は重行の紋「三つ輪つなぎ」をかたどっているとのことでした。
DSCF05113432.jpg

小渕一里塚と庚申塔。
天保三年(1831)に建立された庚申塔と並んで、一里塚があったことを示す碑が建ってました。日本橋から9番目の一里塚です。
DSCF05113458.jpg

道標が2基。
大きい方が1754年建立で正面には「青面金剛」、左面に「左日光道」とあった。小さい方は1709年建立で「左方あうしう道」「右方せきやど道」とあった。
あうしうは奥州のこと、「関宿往還との追分」といわれています。
DSCF05113472.jpg

小渕山観音院 京都聖護院の末寺。ご本尊の聖観音はアザ・イボ・コブ取りに霊験があるとのことで「こぶとり観音」と呼ばれています。
DSCF05113495.jpg

また7体の円空仏があるのです。
そして元禄時代に建立の楼門は只今修理中。出来上がったら見にくるようです。
本堂の中もとても極彩色で見ごたえがありました。
DSCF05113505.jpg

すきすき すぎーと36  
杉戸町では暮らしと道の係わりを意識してもらうため、北緯36度線と国道4号線との交差する地点に設置した休憩所で、杉戸町のウエルカム・モニュメントとして親しまれているようです。
名称は公募で、町内の中学生のものが採用。ここには訪れた人々に杉戸町をPRできるように町の位置や歴史などが表示された案内板も設置されています。
DSCF05113529.jpg

東栄石材店前に大きな石碑がありました。
「人生は六十から」とあり素晴らしい教えが書かれていました。
ウォーキングはただ今60才以上には大変はやっているのです。
私もがんばります、という気になりました。
DSCF05113571.jpg

清地2丁目の民家の屋根に鐘馗様(しょうきさま)鎮座。
鍾馗様は、主に中国の民間伝承に伝わる道教系の神。日本では、疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を奉納したりします。また、鍾馗の図像は魔よけの効験があるとされ、旗、屏風、掛け軸として飾ったり、屋根の上に鍾馗の像を載せたりするとのことでした。
DSCF05113582.jpg

南側用水路 
江戸時代より利用された古利根川から田んぼへ引いた用水路。
幸手から春日部に至る田畑を潤した。今では用水路は埋め立てられており、上は遊歩道となっていました。
DSCF05113589.jpg

近津神社。
創建は不詳というくらい古い。明治6年に村社となったが関東大震災で拝殿が全潰。昭和4年に再建したのに2001年5月不審火でまたもや拝殿が焼失。今はささやかに拝殿がありましたが、鳥居、大銀杏は残っており、立派。
DSCF05113592.jpg

さらに1864年建立の裾流れ形狛犬、見返りの狛犬は威風堂々でした。
DSCF05114031.jpg

今日も4.5時間、約12km、30000歩弱のウォーキングを無事に終了。
そしてまだ訪れたことがない東武動物公園にも一度見物に行こうと思いました。
posted by yunofumi at 23:32| あちこちウォーク