2013年06月19日

2013.6.16 東海道五十三次 第46宿 亀山

ホテル→のぼのの森公園・日本武尊御墓・能褒野王塚古墳・能褒野神社→(バス移動)JR井田川駅

JR井田川駅⇒廻向山西信寺⇒谷口法悦題目塔(法悦の供養塔)⇒和田道標⇒石上寺(せきじょうじ)⇒和田一里塚跡⇒カメヤマ株式会社⇒亀山本町郵便局⇒衣城しもむら⇒江戸口門跡⇒椿屋脇本陣跡⇒樋口本陣跡⇒高札場跡⇒亀山警察署江ヶ室交番⇒遍照寺⇒西町問屋場跡⇒飯沼慾細斎生家跡⇒枡屋跡(旧舘家)⇒京口門跡⇒亀山城西之丸と外堀⇒武家屋敷跡⇒亀山中学校⇒石井兄弟仇討遺跡⇒伊勢亀山城址・亀山本丸東南隅石垣・多門櫓⇒サガミ(昼食)

(バス移動)→名古屋城・清正石・本丸御殿・本丸表一之門・本丸表二之門→名古屋駅

のぼのの森公園になっている能褒野神社などは東海道から離れていましたが折角そばまできているので、とバスで移動して立ち寄りました。おごそかな雰囲気が辺り一面にありました。日本武尊がこの地で亡くなられたということで伝説は色々あるけれど、この地が御墓と宮内庁も認定したようです。ということで最寄り駅であるJR井田川駅にも日本武尊像が設置されているのです。
RIMG06160547.jpg
亀山宿に入るとあちこちに昔の屋号が掲げられていました。
茶屋町、東町、西町等に、たちばなや、たばこや、どうぐや等々の屋号が、、。おまけにしちのすけの家、ぜんえもんの家なども。
ウォーキングをしている者を大いに楽しませてくれました。
途中にカメヤマ株式会社がありました。亀の絵がマーク。そう言えば我が家にもあった!全国のろうそくの50%のシェアを誇っているとのことです。
そろそろお城が近いと思っていた時、天守閣のような建物を発見!
よく見ると「衣城しもむら」。どうやら呉服屋さんのようでした。
RIMG06160605.jpg
亀山城は天守台と言われる石垣の上に長屋作りの多聞櫓が復元されていました。
この石垣は13m以上の高さで自然石を積み上げた野面積。
石垣好きの方にはスゴイ!の一声が発せられていました。
RIMG06160722.jpg
名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城。
“尾張名古屋は城で持つ”と言われた名古屋城はさすがにとても立派!!
まずは金ピカに輝くシャチ。北側は雄、南側は雌。金の板で覆われており、それは見事。
見物中に間近で見られるようにとレプリカがありました。
DSCF06160031.jpg
天守閣に上がるにはB1〜5FまでEV。あと2階分は自力。
結構展望がよかった!
下りは階段を利用し、様々な展示を見ました。
お城が乗っかっている感じの石垣はせり上がりの姿が美しい。
これではとても人はよじ登れないような急なこう配でした。 
RIMG06160744.jpg
復元途中の本丸御殿は第1期の公開中でした。
何しろ金ピカ。おまけに総檜(ひのき)で木肌が美しかった。
RIMG06160758.jpg
復元模写の壁画がまたすごい。
大いに目の保養をいたしました。
DSCF06160036.jpg
16:00すぎにはバスで一路、名古屋駅へ。
その後、駅周辺で買い物や食べ歩きをということで自由行動。
私はおじさん達と涼しいところで骨休み。
亀山宿の話で盛り上がりました。
RIMG06160774.jpg
18:24ひかりで名古屋を出発。
東京駅には20:10到着。ということで帰宅は22:00すぎ。
本日は本格的なウォーキングは約半日だったので20000歩、11kmほど。
まずは意外に元気で帰宅できたことを感謝。
もっとも明日からの仕事に備えバタン、キューでした。
posted by yunofumi at 23:01| 東海道五十三次ウォーク