2012年06月11日

2012.6.10 東海道五十三次 第19宿 府中

2012.6.10 草薙〜府中宿
渋谷⇒富士川SA⇒清水IC⇒草薙神社(大鳥居・本殿・御神木楠の木・大龍勢)⇒草薙神社道標⇒草薙駅⇒閻王寺と閻魔坂⇒達磨禅師立像・喜捨池・中吉田町⇒草薙球場⇒県運動場駅⇒旧東海道記念碑⇒北村地下道⇒古庄・後久橋⇒兎餅跡地⇒久應院・庚申塔⇒長沼一里塚跡⇒東静岡駅⇒静岡県護国神社⇒下横田町・延命地蔵尊⇒府中宿⇒西宮神社⇒久能山東照宮道入口⇒華陽院⇒脇本陣跡⇒天神屋⇒西郷・山岡会見碑⇒札の辻跡⇒駿府城跡(駿府城公園--三の丸・二の丸・巽櫓・東御門・北御門)⇒浅間神社⇒田丸屋わさび見工場⇒海老名SA⇒渋谷

渋谷発、8:20出発。草薙神社大鳥居10:00ということで東名高速道路はほとんど渋滞がなく順調。
渋谷では晴天で強い日差しがあり、参加者20名は今日は強行軍!と覚悟。
ところが出発地点の草薙神社からは曇天、そして爽やかな風もありがたかった。

草薙神社の御祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)。
日本武尊が「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」で周囲の草を薙ぎ払い、窮地を脱したとの伝承がある。
日本武尊が没した後に景行天皇がこの社を建立し、ご神体として草薙剣を奉納。
その後、草薙剣は熱田神宮に奉祀されているとのこと。
「大龍勢」というのは仕込み打ち上げ花火というかロケット!
どうも”のろし”だったようで、今では草薙神社の例祭で、打ち上げられるそうです。
御神木の楠の木、御神門、拝殿も厳か。めったに来られる所ではない、と実感。

しばらく行くと、遠くに球場が見えたので岡山先生に伺うとすごい話が聞けました。
草薙球場は1930年に開設。今は静岡県草薙総合運動場硬式野球場と呼ばれ、静岡市と浜松市の共同経営の球場とのこと。エピソードとしては2つ。
1934年の日米野球大会でジャイアンツの沢村栄治がベーブ・ルースから三振を奪った球場。
また1974年には日米親善野球で巨人対ニューヨークメッツの試合で長島茂雄が現役最後の出場となった球場。
こういう話は面白い!

静岡浅間神社は駿河の総社として古くから信仰されている様子。
敷地内での七社参り(神部神社・浅間神社・大歳御祖神社・麓山神社・少彦名神社・八千戈神社・玉鉾神社)をすると心中祈願一々成就とあり、走り回りました。
これで今年も元気にすごせそう!大満足!
社殿の全てが極彩色の漆塗りで綺麗。その中でも楼閣作りの大拝殿はとてもとても凄味があった。
No1日光東照宮は左甚五郎さんの彫刻で有名ですが、こちらNo2は立川和四郎親子3代の彫刻。
気が遠くなるほどの情熱だったと思いました。

17:00前に再び渋谷に向かったのですが渋滞30kmにつかまる。
自宅到着は21:00ころ。
本日の歩程、公式では8kmでしたが2万歩超過ですからまずまず歩きまわったと言うことです。
それでも以外に元気で終了できました。感謝!

草薙神社の大龍勢。16m25kg、大昔のロケットです。
DSCF20552.jpg
草薙神社の御神木の楠。樹齢1000年がびっくり。
DSCF20560.jpg
静岡県護国寺。そういえば静岡県には歩兵第34連隊があり、橘周太中佐の活躍から「橘連隊」との通称もあったそうです。
DSCF20604.jpg
駿府城公園の巽櫓。美しい!
DSCF20658.jpg
浅間神社の大拝殿。もう少し手入れが良ければもっと荘厳でしょう。
DSCF20707.jpg
静岡浅間神社の七社参り(神部神社・浅間神社・大歳御祖神社・麓山神社・少彦名神社・八千戈神社・玉鉾神社)のご朱印札は心中祈願一々成就の祈願。
各地でいただいた名所のパンフもよい記念です。
DSCF20733.jpg
posted by yunofumi at 05:24| 東海道五十三次ウォーク