2011年09月12日

2011.9.11 「空海と密教美術展」を鑑賞

昨日から骨休めで上京していた北海道の知人と東京国立博物館平成館にお出かけ。
会期が9/25終了間近となっていたので、ちょうどよかったのです。
日曜日午後でしたが10分待ちはまずまず。

空海は日本にはじめて真言密教を伝えた方。
そうそう、空海は今は弘法大師と言われることの方が有名。
平安時代8〜9世紀の物が残っているのはビックリですが、それにもまして空海が書き記した経典の字がすごい。
また、仏像はほとんど木像でしたがあの柔らかな衣や体の線がすごい。
ということでどれもこれも圧倒されっぱなし。
先日奈良や京都で仏像など色々見た後でしたが、新たな感動をまたいただきました。
そんなこんなで2時間を超過。
お腹いっぱいというより胸がいっぱいになり、夕方、冷たい物をいただいた後、羽田と池袋に各々が出発。
やっぱり日頃まじめに仕事をしていればこその休日の楽しみ。
そして元気で働けることに感謝。

広々した東京国立博物館前
DSCF15073.jpg
展覧会のグッズコーナーは大賑わい
DSCF15075.jpg
posted by yunofumi at 00:45| ドタバタ日記