2019年06月22日

2019.6.21 市民大学ふじみ野 大人の社会見学 大井浄水場

今月初めから市民大学の講座を受けています。今日は大井浄水場の見学です。
DSCN7456no2.JPG

ふじみ野市は平成17年に上福岡市と大井町が合併して誕生しています。現在、市民が約11万人、世帯数は約5万戸、そのうち2戸が井戸水の生活をされていると伺いびっくり。
まずは水道事業の説明を上下水道課の方々より伺いました。
DSCN7415no2.JPG

DSCN7416no2.JPG

ふじみ野市の水道水は荒川取水口から供給されている埼玉県営水道(略して県水)が2/3と市内の5カ所の井戸から取った地下水1/3をブレンドした水が一般家庭に届いているとのことでした。その工程の中に色々な消毒が行われ水質検査項目としては51項目もあり、とても驚きました。残留塩素値としては基準では0.1以上と決まりがあるとのことですが市の水道水は0.3〜0.4だそうです。また市内水道料金は一般用としては1㎥あたり72円ということでした。

下水道については市内に高低差があることもあり、また下水道が自然に流れるように下水管が埋没されていることや下水排除方式は汚水と雨水を別々の下水道管に流す分流式とのことでした。ふじみ野市の公共下水道の汚水処理は他の近辺の市と同様に荒川右岸流域下水道に接続し、最終的には新河岸川水循環センターで汚水処理をしているとのことでした。

近年ハード対策として集中豪雨などに備え、雨水幹線の整備や調整池の整備が急がれているとのことでした。

ふじみ野市は上福岡浄水場と大井浄水場がありますが、講義の後、大井浄水場の設備を以下の順で見学しました
第2配水池⇒第1配水池⇒1号・2号配水塔⇒井戸⇒給水車⇒発電機室⇒浄水場監視室
DSCN7422no2.JPG

DSCN7425no2.JPG

DSCN7432no2.JPG

DSCN7434no2.JPG

DSCN7439no2.JPG

DSCN7444no2.JPG

DSCN7450no2.JPG

DSCN7451no2.JPG

本日は今まで知らなかった市内の上下水に関して教えていただき有意義でした。地震に備えた考え方や対応も十分そうでとても安心しました。
posted by yunofumi at 21:55| ドタバタ日記