2019年06月01日

2019.6.1 市民大学ふじみ野 歴史再入門

近頃、我が街の市報が評判いいんです。色々な催しもあり、そろそろ地元を知ることが大切と心を入れ替えて
初めて参加しました。
1回目、5/18、約2時間坪田幹男さんの講義でふじみ野の歴史のはじまりは武蔵野台地から、それも地形の特徴が大切とのこと。
地名に𡋽(はけ)という所がありますがこれは崖線下を縫って伸びる道で水が涌いておりその上下に昔は集落ができたそうです。
ということで本日は大井武蔵の𡋽(はけ)の道を実際に歩く歩程でした。

東武東上線上福岡駅西口広場⇒URコンフォール霞ヶ丘⇒東上線沿線⇒川越市藤間⇒川越街道⇒鶴ケ岡地蔵尊⇒鶴ケ岡八幡神社⇒旧尚美音大跡⇒ホンダ学園⇒小島屋⇒イトーヨーカドー鶴ケ岡中央店・VIVA MALL⇒日清製粉グループ本社⇒ふじみ野市あおぞら学校給食センター⇒高柳建具⇒三角の浅間神社・阿夫利神社⇒市川家⇒関越自動車道カード⇒川越江川水源周辺⇒火工廠大井倉庫跡・文京学院大学⇒大井郷土資料館

9:00東武東上線上福岡駅西口広場に参加者16名が集合。坪田幹男さんはじめ「おらほう来ねか大井郷」の旗を持ったボランティアの方が4名ほど付き添ってくださいました。
川越に向かっての東上線がグングン下降しているのがはっきりわかり、いよいよ崖の上から川越方面を見て崖線を実感。
この辺りには西遺跡があったようです。今は住宅地でした。
DSCN6732no2.JPG

川越街道は現在の道と旧道もここでははっきり見えました。
DSCN6754no2.JPG

鶴ヶ岡厄除地蔵尊。
鶴ヶ丘(旧入間郡ケ丘邑)の発生を語る芝開き地蔵尊(新旧2体)で、右側は元禄期造立の地蔵菩薩念仏供養塔とのこと。
DSCN6758no2.JPG

鶴ケ岡八幡神社。
「鶴ヶ岡厄除地蔵尊」の路地を挟んだ北側、「鶴ヶ岡八幡神社」は、旧鶴ヶ岡の鎮守で祭神「誉田別命」を安置しているとのことです。今日は中を見られませんでした。
鎌倉の鶴岡八幡宮とは関係なく、地名の鶴ヶ岡村が神社名となっているようです。説明板によると、文政期(1813〜30)ごろ、元々は村の鎮守であった神社を地蔵院が管理したいと寺側から申し入があり、村と寺との間で争いが起きていたようです。
DSCN6760no2.JPG

この辺りの崖線はまだ5mほどあり、尚美音大のあった辺りは今住宅地になり、強固な壁面が支えていました。
DSCN6775no2.JPG

傍には桑の大木がいっぱい実をつけていました。
DSCN6770no2.JPG

目の前は崖下の平地が広がっています。この辺りが大塚街道も見えオオバケといわれるところようです。
DSCN6774no2.JPG

三角の浅間神社・阿夫利神社。
江戸時代、富士信仰が盛んになり、信者はこぞって富士登山を行いました。その一方で、富士山まで行けない村人のために、富士山から運んだ溶岩で富士塚を作り、そこに登って御利益を得るようになりました。この富士塚は、幕末に作られたといわれ、現在でも8月1日を「山開き」、9月1日を「山じまい」として叉木や灯籠を飾り富士塚の登拝が行われているとのことです。
DSCN6839no2.JPG

川越江川水源周辺。
こちらのお茶畑の傍から見ると青い屋根の辺りからぐっと崖線が右にカーブし、目の前の森がずっと狭山辺りまで続いているとのことでした。
ちょうどこの青い屋根の辺りが水源だったようです。残念ながら傍には行きませんでした。
この辺り東西15町(1630m)、南北8町(870m)が昔、新編武蔵風土記稿亀窪村に記されていた武蔵といわれた所だそうです。
DSCN6865no2.JPG

DSCN6861no2.JPG

火工廠大井倉庫跡・文京学院大学。
火工廠とは旧陸軍弾薬工場の造兵廠のことで機関銃弾、小銃弾から陶製手榴弾(チビ弾)、風船爆弾の電気雷管・信管の部品などをつくっていた所。
造兵廠の付属施設として、大井村亀久保地区(現文京学院大学から山下ゴム(株)にかけての山林内)に約7,800坪(25,000u)の「大井倉庫」が設けられ、事務所1棟の他に、21棟の火薬庫・部品庫があったところだそうです。
DSCN6886no2.JPG

ふじみ野市立大井郷土資料館。
DSCN6889no2.JPG
大井町域の歴史、民俗、考古分野の展示を行う博物館。ふじみ野市立大井図書館と併設されたいる施設。常設展示室では近世の宿場町、大井の歴史を「みち」をテーマに原始から近代まで通史的に展示。町内の考古資料、中世・近世の文書、宿場関係の資料、民具等が見られました。

自分の住むふじみ野の地域が東境界線と北境界線の崖線で囲まれた地域ということを初めて理解しました。40年も住んでいるのに地元をよく知らなかったことを少しばかり恥ずかしかったです。崖線を降りる我が家の一番近くが権現山傍の寺尾への坂道なのですがそれもなぜこのよう地形かが理解できました。
こう考えると地名は長年伝わってきたのを大切にし、市町村合併などで安易に変えてはいけないのではないかと改めて思いました。
本日は9:00〜11:30、約11000歩、歩程約7kmはまずまずのウォーキング。その後、大井郷土資料館から自宅までウォーキングし約20000歩弱でしたから運動量としては十分。今後もこのような講座があれば参加したいと思いました。
posted by yunofumi at 17:36| あちこちウォーク