2019年01月08日

2019.1.4 東国三社初参り

東京駅⇒(首都高速・東関東道-酒々井SA)⇒香取神宮(かとりじんぐう)⇒佐倉・そう馬(昼食)⇒息栖神社(いきすじんじゃ)⇒鹿島神宮(かしまじんぐう)⇒東京駅

今日はお正月なので朝日旅行のバスツアー東国三社といわれる香取神宮(かとりじんぐう)、息酉神社(いきすじんじゃ)、鹿島神宮(かしまじんぐう)への初参りに参加。千葉県も含め、個人的にはなかなか訪れるにはハードルが高い神社ですから一度は!と一念発起の参加でした。集合は東京駅。朝早かったですが41名の参加で出発。
DSCN2220no2.JPG

約1時間30分で香取神宮に到着。
DSCN2232no2.JPG

DSCN2239no2.JPG

DSCN2240no2.JPG
香取神宮は千葉県香取市香取にありました。香取市は平成18年に佐原市・小見川町・栗源町・山田町が合併して誕生したとのこと。式内社、下総国一宮で、旧社格は官幣大社。日本全国に約400社ある香取神社の総本社として有名です。御祭神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)、又の名は伊波比主命(いはひぬしのみこと)。
社殿創建は神武天皇18年とも伝わっているようで、なかなかの古く、2600年以上の歴史があるようで、蝦夷に対する大和朝廷の前線基地として重要視されていました。平安時代に「神宮」の称号で呼ばれていたのは、『延喜式神名帳』によると伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社だけとのことです。
楼門は元禄13年にできたようで豪華絢爛。本殿も負けずに立派でした。
こちらは門前にある亀甲堂の草餅が有名とのことでしたが人が多く買えませんでした。

その後佐原に行き懐石そう馬で昼食を済ませた後街並みを散策。この辺りは小江戸といわれるようです。
DSCN2290no2.JPG

DSCN2263no2.JPG

伊能忠敬記念館を見学。伊能忠敬は江戸時代、日本国中を測量してまわり、初めて実測による日本地図を完成させた人。 忠敬は、延享2年(1745年)現在の千葉県九十九里町で生まれ、横芝光町で青年時代を過ごし、17歳で伊能家に入り当主となり、佐原で家業のほか村のため名主や村方後見として活躍。 その後、家督を譲り隠居して勘解由と名乗り50歳で江戸に出て、55歳(寛政12年、1800年)から71歳(文化13年、1816年)まで10回にわたり測量を行い、その結果完成した地図は、極めて精度の高いもので、ヨーロッパにおいて高く評価され、明治以降国内の基本図の一翼を担ったのです。
DSCN2258no2.JPG

DSCN2279no2.JPG

息栖神社は東国三社の他の二社に比べ、より静かでこじんまりとした趣がある神社でした。
DSCN2295no2.JPG

DSCN2299no2.JPG
鹿島と香取に祭られる二神が武神であるのに対し、息栖神社は、武神の乗り物であった「天鳥舟」というひかえめな存在の神が祭られているのです。説明書には御祭神は久郡戸神(岐神-除厄招福の神)、天乃鳥船(井戸の神)、住吉三神(海上守護の神)。そうそう今の住所は茨城県神酉市息栖。水上交通が盛んな時代には息栖河岸とともに大いに賑わったようです。また一の鳥居の両側にある「忍潮井(おしのい)」があり、日本の三霊泉といわれているそうですが見落してしまい残念。

招霊の木(おがたまのき)は精霊が宿るとのことでした。
DSCN2304no2.JPG

芭蕉の句碑や力石も見られました。
DSCN2309no2.JPG

鹿島神宮は茨城県鹿嶋市宮中にありました。2600年以上の歴史を誇る鹿島神宮。御祭神は武甕槌神(たけみかずち)。この神様は神話の中では地上を治めるのに大変活躍されたとのことです。
荘厳な鳥居をくぐると大きな木々が並び、中にはなんとも神秘的な雰囲気が漂よっています。
DSCN2329no2.JPG

DSCN2321no2.JPG
広大な境内にはタケミガヅチがナマズの頭を抑えている「要石」などがあり、不思議なお話もあります。
また武芸の神様「鹿島大明神」としても有名です。

いつも食事が良い朝日旅行です。しかし今回は懐石料理でしたが冷たくてちょっと残念。
また説明がないので単に行きましたというツアーとなり、自分の事前の知識が不足していたことを痛感。
日頃参加する講師と添乗員が同行するツアーに慣れてついついこのような事態の旅行になったのです。新年から反省!!でもまあお詣りできたことに感謝し、またいずれ再訪したい三社となりました。
posted by yunofumi at 04:04| ドタバタ日記