2019年01月02日

2018.12.31 2018年(平成30年)の振り返り

春に西村昭男先生が亡くなられ、いよいよ身近な方とのサヨナラが増えてきた年でした。親戚のおじさんや知人の不幸があったことは少し寂しく、また自分自身の終活も考えねば!と覚悟が必要とも気づきました。
仕事では埼玉県病院薬剤師会事務局の引っ越しもありましたが仕事はどうやらつつがなくできました。
遊びで最重視のウォーキングは1か月3回は参加。
体の筋力保持のためのジム通いは年明けからBee Quickに変更し、週2回以上を心がけました。ここは老若男女が参加しており、誠に楽しいのです。その他、映画鑑賞は24回、図書館の図書貸し出し37冊。
映画は樹木希林さんの「日々是好日」や「デトロイト」「ペンタゴンペーパー」が記憶に残っています。回数が多いのはシニア料金のおかげでとても助かっているのです。
図書館利用はTVドラマや映画を本でも読み直したから多くなったのです。「西郷どん」関係では3冊以上は読みました。まあ歴史がわかっていない私ですから、少しづつ知識の補填なのでした。
このような調子で無事に1年を終了。
そうそう、暮れの紅白歌合戦はNHK見逃しサービスで見ました。何しろ歌手や曲目一覧を見ても「どうなのよ」と思うこともあり、チョイスしてみた次第です。
ではまた新しい年も楽しく元気に頑張ります。皆様 相変わらずよろしくお願いします。
posted by yunofumi at 17:08| ドタバタ日記