2018年12月25日

2018.12.24 芦ノ湖へのバスツアー

上野⇒新宿⇒ザ・プリンス箱根芦ノ湖/なだ万(昼食)⇒箱根ガラスの森美術館⇒大涌谷⇒芦ノ湖⇒新宿

今日は女性ひとり旅ツアーに参加。久しぶりのクラブツーリズム号(さくら観光バス)での出発。
DSCN2081no2.JPG
上野駅公園口駐車場9:00出発、10:00少し前に新宿都庁バスターミナルで全員集合となり、TD牛坂さん、ドライバー原島さんと共に参加者40名がご挨拶。晴天の元、今朝はやや寒かったですが元気に出発。

芦ノ湖は箱根火山のカルデラの中にある「カルデラ湖」で現在の姿は約3100年前に誕生したとのこと。神山中腹にある大涌谷から仙石原や芦ノ湖にかけて扇形をしたスロープになっており、これは約3100年前の神山の水蒸気爆発で神山の北西部が崩れて土砂が仙石原方向に流れ下った跡とのことで、仙石原にあった川はせき止められ上流の水が溜まって湖になったのが芦ノ湖だとのことでした。
DSCN2067no2.JPG
丁度12:00にはザ・プリンス箱根芦ノ湖に到着。芦ノ湖湖畔のこのホテルの地下2階とはいえほとんど湖面の高さのレストラン「なだ万」で昼食。貸し切り状態で女性ばかりですから華やかでにぎやかなこと、この上なし。
和食フルコースの献立。一番は西京漬けの魚の焼き物、デザートの焼きリンゴのカスタードプリンでした。
DSCN2064no2.JPG

DSCN2065no2.JPG

箱根ガラスの森美術館は本日クラブツーリズム貸し切りとのこと。次々にバスが到着し、駐車場も館内も満杯。
DSCN2126no2.JPG
寒く、雨もしとしと降り、ヴェニス・セレナーデ・デュオコンサートとしてクリスマスミニコンサートは館内での開催。ヴァイオリンはマッシモ・トゥリーニ氏、アコーディオンはロベルト・サルヴァライオ氏と素敵な演奏でしたが何しろ大勢でごった返しており、音楽を楽しむどころではなく早々に退散。
DSCN2097no2.JPG

展示のモザイクグラスランプはとても綺麗。
DSCN2101no2.JPG

特別展の香水瓶展示も楽しみました。これは1760年代の香水瓶
DSCN2111no2.JPG

18世紀のガラス絵。
DSCN2115no2.JPG
庭園はこの調子でしたから散策もままならず、ちょっと残念。

バスで20分移動し大涌谷に到着。この頃には雪が降りだし気温1℃。
大涌谷はモウモウとしたガスと雲でほとんど見えず。
DSCN2133no2.JPG

DSCN2134no2.JPG
外の景色はあまり楽しめず「くろたまご館」に駆け込み、温かな黒卵をゲットし、ほくほくしたのをひとついただき、残りはお土産に。
この黒卵は約80℃の温泉池で60分茹で、卵の表面が硫化鉄でまっ黒になった後、約100℃の蒸気で15分蒸し上げたとのこと。

芦ノ湖に移動し、芦ノ湖遊覧船乗り場でクルーズ船「芦ノ湖丸」(定員700名)に乗船。
今日は特別に「冬の湖上に映えるクリスマス花火」がテーマで7号玉という約240mのサイズも打ちあがったようです。
DSCN2165no2.JPG

DSCN2138no2.JPG
乗船時間は約1時間超。デッキに出ると寒さを強く感じましたが、短時間とはいえ珍しい冬の花火を楽しみました。

その後2時間のバス移動で予定通り20:00に新宿到着。こちらに帰れば一日中晴天だったことがわかりました。まあ、箱根辺りは山々の間ですから天候はこの時期定まらず、TDさんは解説に苦慮されておりました。
DSCN2172no2.JPG
それでも無事に帰宅しましたから感謝、感謝。連年とはちょっと変わったクリスマスイヴを楽しみました。
posted by yunofumi at 17:41| ドタバタ日記