2018年08月11日

2018.8.9 「平和への祈りコンサート2018」

富士見市民文化会館キラリふじみマルチホールで開催されたコンサートに伺いました。
DSCN0461no2.JPG
平日でしたがたまにお休みして英気を養いたいと伺った次第です。
DSCN0469no2.JPG
出演:長谷川忍(メゾソプラノ)川越市出身 
   東海林尚文(テノール)川越市出身、富士見市在住。
   御邊典一(ピアノ)川越市在住歴あり、東京音楽大学准教授。。
プログラム第1部:夏の思い出、竹とんぼに、小さな空、翼、翼をください、糸。
プログラム第2部:霧と話した、白百合の咲くころ、歌をください、死んだ男の残したものは、一本の鉛筆
一言でいえば「楽しかった!懐かしかった!」コンサートでした。
近頃のコンサートでは日本語だけで進行することはあまりないようです。また現在は日本の昔からの曲があまり聞かれないのです。そういうことでも嬉しかったです。
自分的には「死んだ男の残したものは」は初めて聞きましたがとても深い思いを持ちました。
また「一本の鉛筆」は美空ひばりさんが歌われた曲でこれも深い!

コンサートは都心に行って大規模なものに参加、鑑賞するのもいいですがこのように地元の方々が地元で開催してくださることも大歓迎。情報に接したときはまた参加したいと思っています。
posted by yunofumi at 09:01| ドタバタ日記