2018年06月16日

2018.6.10. 山手線歴史探訪ウォーク 第10回

新橋駅〜東京駅
JR新橋駅烏森口改札⇒新橋駅D51機関車の動輪・鉄道唱歌の碑⇒スペースFS汐留⇒汐留シティセンター⇒旧新橋駅停車場・鉄道歴史展示室⇒ゆりかもめ新橋駅⇒汐留駅⇒はまかぜの階段⇒旧浜離宮恩賜庭園⇒ベルサール汐留⇒銀座に残された唯一の鉄道踏切信号機⇒銀座郵便局・検査業務開始の地⇒中銀カプセルタワーホテル⇒建築の礎石(汐留遺跡)⇒昭和通り銀座歩道⇒銀座三井ビルディング⇒とらや⇒ライオン⇒交詢社通り⇒スズラン通り⇒銀座千疋屋⇒COACH⇒TOKYU PLAZA⇒数寄屋橋公園⇒泰明小学校・銀座の柳2世⇒山下橋跡⇒山下橋架道橋⇒帝国ホテル⇒鹿鳴館跡⇒日比谷公園・馬の水のみ・大岡越前守忠相屋敷跡⇒検察庁⇒法曹会館⇒皇居坂下門⇒桜田門⇒汐見坂⇒二の丸庭園⇒平川門⇒将門塚⇒GUERANICA⇒JR東京駅

JR新橋駅烏森口改札。
古くからの商店街や中小様々な雑居ビルが混在する、ビジネスマンの歓楽街、それに烏森神社が傍にあるのでこの改札名になったようです。

新橋駅D51機関車の動輪。
JR新橋駅の汐留口を出て左側、ゆりかもめ新橋駅の入り口の正面にあるモニュメント。またすぐ隣には鉄道唱歌の碑がありました。
DSCF8785no2.JPG
2018(平成30)年は、日本の元号が「明治」と改められて満150 年の節目の年にあたります。 幕末期に日本が開国へと動き始めた頃、日本にもたらされたのが蒸気機関車です。1869年(明治2年)、明治政府は鉄道建設を決定しましたが、技術も物資も資金もなかったため、外国人を招聘し、その指導のもとに鉄道建設を開始。1872年(明治5年)に日本で最初の鉄道が新橋〜横浜間に開業したのです。
今発掘された旧新橋停車場駅舎やプラットホームの石積み、基礎の構造が鉄道歴史展示室の裏で見られます。
DSCF8799no2.JPG

旧浜離宮恩賜庭園。
元々は江戸幕府の老中だった大久保忠朝上屋敷の庭園楽寿園が始まりで回遊式庭園。その後宮内庁管理の離宮を経て1924年(大正13年)東京市に下賜され、旧芝離宮恩賜庭園として現在公開されています。
藤棚、雪見灯籠、、州浜、、枯滝 、石柱、西湖堤、大島、中島 、浮島、大山、根府川山、唐津山、三百年の松など見るところが沢山ありました。
DSCF8858no2.JPG

銀座に残された唯一の鉄道踏切信号機。
DSCF8864no2.JPG
この信号機は、昭和6年から昭和62年までの56年間、国鉄汐留駅と東京都中央卸売市場築地市場との間を貨物引込線の踏切用として使用されたものとのことです。現在は汐留駅の廃止で、引込線も撤去されていますが、この踏切だけ残っていて、少し不思議な光景でした。

銀座郵便局の前に「検査業務開始の地」石碑がありました。ここには電信用機材である硝子の検査を行った「硝子試験所」があったそうです。
DSCF8870no2.JPG

中銀カプセルタワービル(なかぎんカプセルタワービル)とは、黒川紀章が設計し、世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅(マンション)。1972年(昭和47年)竣工。黒川紀章の初期の代表作。それぞれの部屋の独立性が著しく高く、部屋(カプセル)ごとに交換することも、技術的には可能な設計になっているようですが、実際には一部のカプセルのみを交換することが困難であることから、現在に至るまで一度も交換されていないとのこと。鳥の巣箱を積み重ねたような特異な外観は、ユニット製のマンションであることの機能をダイレクトに表現し、そのメタボリズムの設計思想を明確に表現したデザイン性は高く評価されているとのこと。また、ビジネスマンのセカンドハウス・オフィスとして想定されたその内装は、ベッド、エアコン、冷蔵庫、テレビ、収納などが作りつけで完備されており、洗濯機などの日用品は配されているのでした。2006年には、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれています。現在、老朽化のため取り壊し・建て替えなどの提案があるようです。
DSCF8871no2.JPG

建築の礎石(汐留遺跡)。
浜離宮庭園から築地の方向に歩いた歩道橋の下にありました。説明板によると仙台藩伊達家上屋敷の土台として使われていた礎石だとのことです。

ウォーキング途中で交詢社通りに出ました。
交詢社は1880年(明治13年)に福澤諭吉が提唱して結成された日本最初の実業家社交クラブのこと。慶應義塾の同窓会メンバーを中心として社則を草案。1880年に青松寺(東京芝区愛宕下)で発足。その後大正元年に財団法人化されて正式名称は財団法人交詢社。現在も一般財団として存在しているとのことです。

数寄屋橋公園は2016年にオープンした東急プラザ銀座と合わせてリニューアルされ綺麗になっています。ここは江戸時代、江戸城に初めて架けられた数寄屋橋があった所で石碑もあります。また岡本太郎作の「若い時計台」も見られます。
DSCF8921no2.JPG

泰明小学校は東京都中央区銀座の小学校。
DSCF8928no2.JPG
1878年(明治11年) 東京府立泰明小学として創立。校舎は、1923年の関東大震災の教訓から、通常の壁厚が15cm程度であるのに対し22cmを有する堅牢なつくりとし、第二次世界大戦の東京大空襲の爆撃にも耐えて現在に至っています。外観は、ツタの絡まる校舎の外壁や、連なる3階の半円形の窓、円形に張り出した講堂、緑を伴うアーチ型の開口を有する塀、“フランス門”と呼ばれる瀟洒なデザインの門扉などの特徴を有しています。
島崎藤村、朝丘雪路や近衛文麿など卒業生には著名人が多いとのことです。

帝国ホテル。
1883年現在のホテルの続きで鹿鳴館が完成。1887年当ホテル設立が決まり1890年に帝国ホテルとして開業。建坪1300余坪、ドイツ・ネオ・ルネッサンス式木骨煉瓦造3層で室料は最下等50銭、2食付き2円50銭09円だったとのことです。今日はこの街歩きシリーズの最終回のため帝国ホテル内なだ万で点心のランチでした。
DSCF8956no2.JPG

日比谷通りを挟み日比谷公園の向かのNBF日比谷ビル(旧大和生命ビル)の左の塀に、「鹿鳴館跡」のプレートがあります。鹿鳴館はイギリス人ジョサイア・コンドルが設計したレンガ造り二階建ての洋風建築で、1883年(明治16年)年落成。1894年(明治27年)華族会館に払い下げられ、1927年(昭和2年)には 現在の大和生命保険に売却, 1940年(昭和15年)に解体されたのです。プレートには以下の要に記されていました。
「鹿鳴館跡   ここはもと薩摩の装束屋敷の跡であってその黒門は戦前まで国宝であった.その中に明治十六年鹿鳴館が建てられいわゆる鹿鳴館時代の発祥地となった  千代田区」
DSCF8963no2.JPG

日比谷公園は霞が関、有楽町などと隣接し都心部にある都立公園。公園面積は161,636.66u。 後楽園球場や東京ドームと並んで、広さを誇っています。江戸城日比谷御門のすぐ外にあり、江戸時代には錚々たる大藩の上屋敷が置かれたところでもあります。中にはいるとすぐに「馬の水のみ」がありました。
DSCF8973no2.JPG

東京メトロ丸の内線霞が関駅近く、弁護士会館の角に大岡越前守忠相屋敷跡の案内がありました。時代劇で有名な大岡越前は実在の人物です。彼は徳川8代将軍吉宗が進めた享保の改革を町奉行として支え、江戸の市中行政に携わったほか、評定所一座に加わり、地方御用や寺社奉行を務めました。そしてこの当地が町奉行の大岡家の上屋敷跡が弁護士会館というのも面白いですね。
DSCF8981no2.JPG

桜田門(さくらだもん)は、江戸城の内堀に造られた門。1860年(安政7年)にこの門の近くで水戸藩浪士らによる大老井伊直弼の暗殺事件(桜田門外の変)が起きたことはよく知られています。

汐見坂は江戸城の本丸と二の丸をつなぐ坂道。江戸城築城の際には、江戸湾の日比谷入江が目の前まで迫り、坂の途中から海が見えたのが名の由来とのこと。往時には坂の上には、汐見坂門があったようです。また坂の横には白鳥濠があって、防御が堅いことがわかります。

江戸城二の丸は本丸の東側にあり、3代将軍家光の命で1630年(寛永7年)に小堀遠州の手により遊行のための庭園を造成。家光と秀忠との茶会が催されたとのことです。2代将軍・徳川秀忠が死去した後の1636年(寛永13年)には二の丸御殿が建てられ東側に庭園を配置したのです。現存する庭園は当時の庭園を昭和43年に復元したものだということでした。コウホネ、ヒメコウホネ、ヒツジグサ、赤坂御用地の池から移したアサザ、菖蒲田には昭和41年に明治神宮神苑から株を譲り受けた84品種の花菖蒲と季節ごとに色々な花が見られます。
DSCF9026no2.JPG

平将門の首塚(たいらのまさかどのくびづか)は、平将門の首を祀っている塚。伝承では、将門の首は平安京まで送られ東の市、都大路で晒されていたのが、3日目に夜空に舞い上がり故郷に向かって飛んでゆき、数カ所に落ちたといわれています。伝承地は数か所もあるようで、いずれも平将門の首塚とされているとのことでした。その中でも最も有名なのが、この大手町1丁目、三井物産本社ビル傍にある首塚。かつては盛土と、内部に石室ないし石廓とみられるものがあったようですがこれは、古墳であったともいわれているようです。

東京駅丸の内北口、丸の内オアゾ1階の○○(オオ)広場にピカソの「ゲルニカ」複製陶板壁画がありました。
GUERANICA(ゲルニカ、Guernica)は、スペインの画家パブロ・ピカソがスペイン内戦中の1937年に描いた絵画、およびそれと同じ絵柄で作られた壁画です。ドイツ空軍のコンドル軍団によってビスカヤ県のゲルニカが受けた都市無差別爆撃(ゲルニカ爆撃)を主題としているとのことです。20世紀を象徴する絵画であるといわれています。今では反戦や抵抗のシンボルとなり、ピカソの死後にも保管場所をめぐる論争が繰り広げられたのです。 ゲルニカは、「偉大な神が降りた」とも言われているようです。

本日はこのコースの最終回。とはいえ、このコースでは初めての雨降り。それも一時はかなりの風雨でカッパの中は汗でぐっちょり。久しぶりでした。気温22℃もここ数日にしては低め。また講師井上先生、TD阿部さんの添乗は初回と同様でご縁を感じました。今日も歩程10km、22000歩を達成。帝国ホテルでの御馳走の後、完歩式がありました。参加者26名中完歩は24名。私は10回中2回がまだ穴あき状態なので残念ながらシリーズ終了とはいきませんでした。後日の催行を待ち、完歩を目指すことにいたします。
posted by yunofumi at 22:30| あちこちウォーク