2017年12月29日

2017.12.25 屋久島ぐるり一周の旅2日目

JRホテル屋久島スタート→安房→紀元杉→ヤクスギランド→安房港 屋久杉の郷杉匠→屋久島空港→小瀬田→屋久島大社→宮之浦港→志戸子→一湊→永田いなか浜→永田岬・屋久島灯台→川原・西部林道→大川の滝→中間・中間ガジュマル→ 16:00ホテル到着

朝目覚めると晴天の様子。意気揚々とお出かけしました。気温12℃、朝にしては暖かい。
ホテルの外周を一回り。すっかり元気になっていました。
DSCF2829no2.JPG

紀元杉。
細い安房林道をバスがやっと入り、ゆっくり上り標高1230m辺りにありました。木の先端は枯れており20種類以上の着生植物があるとのこと。初夏にはヤクシマシャクナゲ、秋はナナカマドが紅葉するとのこと。推定樹齢約3000年、胸高周囲8.1m、横に張り出した枝が折れそうで太いベルト?で釣り上げていました。
DSCF2976no2.JPG

ヤクスギランドは杉やツガの大木が多く立ち並んだ原生林。木道ができており、私たちはときめきの径30分コースをゆっくり1時間弱でウォーキングしました。
杉は一般的には樹齢500年前後でそもそも屋久杉とは樹齢1000年以上の杉をいい、数百年の杉は小杉というとのことです。屋久島の杉の樹齢が長いのは雨量が多いこと、花崗岩の地盤のため栄養が乏しく時間をかけて生育しているからなのです。この森では植物が岩や樹に根を這わせる着生、倒木となった過ぎに若い杉が育つ倒木上更新、切株更新、樹脂が多い屋久杉が伐採後も腐らずにそのまま倒れているのは土埋木、数本の杉が癒合した合体木など色々見ることができました。原生林の奥に進むにつれ気温が下がり、折り返し地点では5℃になっていました。切株はほとんど江戸時代に切られたようです。
DSCF3049no.JPG

DSCF3103no2.JPG

DSCF3112no2.JPG

DSCF3134no2.JPG

安房港にある屋久杉の郷「杉匠」で昼食と買い物。
DSCF3237no2.JPG
屋久島のトビウオ漁獲量は日本一とのこと。2階レストランでの昼食はトビウオのから揚げがメインの定食御膳。
DSCF3234no2.JPG
トビウオは一匹まるごと羽がついたままの姿で唐揚げになっており、頭からしっぽまですべて食べられるとの説明がありました。私は初めてでしたが身は白身、羽はこりこり。背骨以外は本当にたべられそうでした。私もいつもよりは結構きれいに食しました。吸い物はトビウオ出汁のあごだしを使っていました。この味はちょっと魚っぽい味でしたが珍しかったこと、粉末になっていたのでお土産に購入しました。
1階は土産物店。杉材の品物が多かったです。高価でちょっと手が出ませんでした。そうそう、これらは江戸時代に伐採された切株から作られているとのことでした。
DSCF3242no2.JPG

これまでにはこの島内で景色とお花を十分に堪能。
DSCF2865no2.JPG

DSCF3440no2.JPG

の2ピンク花.jpg

永田いなか浜はどこまでも続く海面と約800mはある白砂の浜でした。今日は波が大きくうねり口永良部島は見えませんでした。ここは国内随一のウミガメ産卵地として有名で5〜7月に産卵のためにウミガメが上陸するとのことでした。
DSCF3291no2.JPG

屋久島灯台は永田岬の断崖に真っ白な姿を見せていました。地上から約20m、光到達距離41km、1897年建設。今日は晴天でしたからここから沈む夕日を見たかったです。
DSCF3303no2.JPG

西部林道は島の外周道路の一部で世界遺産に登録されているエリア。山間部ではカシ、イスノキ、シなどの照葉樹林をはじめ亜熱帯から亜寒帯までの植物があるそうです。ここは道幅狭く、ヤクザルやヤマシカも出ることから小型の自動車やバスでないと通行が難しそうでした。ヤクザルは人に慣れているのか車が近づいても悠然としていました。でも2回ほど見かけたヤマシカはすぐに逃げていきました。
078猿.jpg

大川の滝(おおこのたき)。
高さ88m、日本の滝百選のひとつだそうです。岩肌と水しぶきはダイナミックな感じ。
DSCF3368no2.JPG

中間川沿いに進むとアーチ状になった樹齢300年以上の中間ガジュマルがありました。
個人宅の門の役目に見えました。この家の近所にはガジュマルが幾本も見えました。ガジュマルはクワ科の常緑高木で屋久島が北限だそうです。
の2中間カジュマル.jpg
ここで無人の販売店でタンカン6個100円をゲット。

島内で製造されている「恵命我神散」は老舗恵命堂製造のOTC薬。生薬ガジュツ末が主成分の胃もたれなどに皆さんが気軽に使っているようです。昭和8年創業。創始者、柴 昌範は「病に苦しむ人を助け、命を救うことほど尊い事業はない」との理念から胃腸薬 恵命我神散を創製し、老舗恵命堂を設立。生薬ガジュツは屋久島や種子島産。屋久島と種子島に工場があり本社は東京とのことでした。

そして途中には徳洲会病院がデーンとありました。創立者徳田虎雄さんは鹿児島県大島郡徳之島町出身。いつでもどこでもだれでも最善の医療を受けられることをスローガンにした大病院グループの創設者。現在も筋萎縮性側索硬化症(ALS)ながら存命のようです。

本日は朝8:30スターから16:00ホテル帰着まですべてまつばんだ交通のガイド羽生さんが先導、CD福井さんが面倒を見たことで無事に1日の行程を安全に元気に終了。
本日は晴天で気温16℃と過ごしやすかったです。
ホテルの夕食は本日も素晴らしく満腹!満腹!
ホテルの温泉も柔らかい源泉。おまけに満点の星空でした。ウン十年ぶりに星が降り注ぐような感じでした。
posted by yunofumi at 19:20| あちこちウォーク