2017年10月20日

2017.10.14 関西ぶらり旅

今年は秋が短く、アッという間に寒さがやってきました。
それにもめげず骨休めで「関西ぶらり旅」を3泊4日で楽しんできました。
10/13 高齢者用のJRジパング倶楽部に少し前に入会し、「ひかり」で悠々京都下車。その後は枚方市内の従姉宅へ。
そうそう、これから3日間は運動不足が見込まれるので「カーブス楠葉」にお邪魔して体操をしてすっきり、快調なスタートをきりました。
自宅の近くのジムとは雰囲気が違いました。でも皆さん、明るく、元気!かなり若い方も多かったです。
DSCF0112no2.JPG

10/14 今回の旅行の目玉です。
あべのハルカス美術館で「大英博物館国際プロジェクト 北斎-富士を超えて」を鑑
賞。入口には《富嶽三十六景 神奈川沖浪裏》が飾られ雰囲気が十分。
DSCF0127no2.JPG

DSCF0140no2.JPG
稀代の浮世絵師、北斎。ゴッホやモネにも影響を与えたそうです。「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」は「The Great Wave」として世界でも有名。そういえば日本の新パスポートに「富嶽三十六景」が採用されたようです。北斎好きとしてはパスポート書き換えをしようかと思いました。此処の展示では、肉筆画が中心でまた還暦以降の30年に焦点を当て、90歳まで描き続けた北斎の世界が見られました。そうそう和綴の動物・植物が筆一本で描かれたのもめったに見られるものではありませんでした。
中はカメラ禁止。残念!当然すごい混雑でした。
売店で絵葉書などのお土産を購入。
DSCF0234no2.JPG
一回り後はハルカスガーデンで一息つき、その後野菜やめいで昼食。「焼茄子ソースの豆腐つくねハンバーグ」をいただきました。
DSCF0142no2.JPG

その後、四天王寺へ。足元には自慢の大阪城がくっきり。
DSCF0144no2.JPG

四天王寺の参道には明治433年創業の釣鐘屋があり、こちらの名物は「釣鐘まんじゅう」。
屋根に釣鐘がありとても目立っていました。
DSCF0148no2.JPG

四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立で今から1400年以上も前です。
『日本書紀』では、物部守屋と蘇我馬子の合戦の際、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫り、「この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全ての人々を救済する」と誓いその通りに勝利したので建立したとのことでした。
DSCF0151no2.JPG
境内は広く、入口には石の鳥居。
創建時の木の鳥居を1294年に石造りにあらためたとのこと。

今日はウン十年ぶりにJR大阪環状線に乗りました。昔に比べ各駅舎、車両がとても綺麗でした。
DSCF0182no2.JPG

10/15 雨降りが激しかったので京都高島屋へお出かけ。
四条大橋を抜けて京都高島屋7階グランドホールにて「生誕90年 加山又造展〜生命の煌めき」を鑑賞。
加山又造(1927年〜2004)、京都市立美術工芸学校から東京芸術大学へ進み、日本画からピカソ、ルソーなどの西洋画まで制作したようです。年代でどんどん作風が変化しているのがとても面白かったです。
散々歩き回った後は「おめん」でランチ。おそばが薄味で美味しかったです。
DSCF0208no2.JPG

その後は美味しい珈琲を求めて「フランソア」へ。
絶品でした。
DSCF0216no2.JPG

10/16最終日は京都駅で乗車前に「京漬物味わい処 西利」で軽くランチ。
DSCF0221no2.JPG
もちろん自分だけでは申し訳ないので家族にもお土産をゲット。

今回の旅は雨降りがついて回りましたがそれなりにのんびりし、従姉と女子トークで大いに盛り上がりました。このような旅もたまにはいいですね。また明日から元気に働けそうです。
posted by yunofumi at 00:08| ドタバタ日記