2017年05月24日

2017.5.16 銀座線ウォーク第2回 後半

赤坂見附〜京橋

シオドメcaretta/sorasio⇒新橋停車場跡・江戸時代仙台藩上屋敷跡⇒旧新橋停車場・鉄道歴史展示館⇒昭和通り・銀座8丁目⇒御門通り・芝口御門跡⇒博品館劇場⇒金春通り・煉瓦遺構の碑・ノーブルバール⇒銀座すし久兵衛⇒豊岩稲荷神社⇒交詢社⇒並木通り・石川啄木碑⇒天一⇒空やもなか⇒みゆき通り⇒壱番館⇒泰明小学校・島崎藤村碑⇒菊田一夫碑・数寄屋橋公園⇒TOKYO PLAZA・ギンマチダイニング⇒銀座4丁目交差点・旧尾張町⇒安藤七宝店・悠久の翔⇒服部時計店⇒三愛・銀座の恋の招き猫⇒鳩居堂⇒木村屋⇒山野楽器⇒教文館⇒社交場白いバラ⇒銀座マロニエ通り⇒カルティエ⇒東京銀座通電気燈建設の図碑⇒銀座発祥の地碑⇒ヨネイビル・銀座2丁目⇒奥野ビル⇒銀座湯⇒白木屋伝兵衛商店・江戸箒⇒警察博物館⇒旧京橋親柱(1代目)・煉瓦とガス燈の碑・京橋親柱(2代目)⇒江戸歌舞伎発祥之地碑⇒明治屋ビル・京橋駅

日テレ前の広場の所に新橋停車場跡には当時の線路を思わせる工夫と江戸時代仙台藩上屋敷跡の説明がありました。
DSCF2681no2.JPG

こちらは数回伺ったことのあるお馴染みの旧新橋停車場・鉄道歴史展示館。
DSCF2704no2.JPG

御門通り・芝口御門跡。
この芝口御門は新井白石の建議により朝鮮使の入府に備え国威の顕示から芝口御門が建設されたとのことです。しかし、建設後15年で焼失し、その後は再建されることなく、そのままとなっているのです。
DSCF2735no2.JPG

金春(こんぱる)通りは長さおよそ130mほどの裏通り。江戸情緒を残す「銀座の最後の砦」と言われている由緒ある通りです。
この場所には江戸時代に能楽の金春流のお屋敷があったとのことです。江戸時代、幕府直属の能役者として土地や俸禄を与えられていた家柄に、金春・観世・宝生・金剛の四家があり、最も歴史のある金春家は室町時代以来繁栄し、江戸時代初期から観世太夫とともに江戸で能を演じていた名家で、屋敷なき後も、この地にその名を留めているのです。

煉瓦遺構の碑
銀座は日本に二箇所しか建設されなかった貴重な煉瓦街の一つ。もう一つは丸の内の煉瓦街。設計者はトーマス・ジェイムス・ウォートルス(英国人)。この煉瓦は銀座8丁目8番地(旧金春屋敷地内)で発掘されたものでゆかりの金春通りに記念碑として保存される事になったようです。下方の絵は、明治初期のガス灯や張り板、提灯など当時の金春通り煉瓦街を偲ばせる古い写真を元に銅板に彫金したものとのことです。またこの傍のお店ノーブルバール前には昔の水道の木樋が今も置かれていました。
DSCF2760no2.JPG

交詢社は1880年(明治13年)に福澤諭吉が提唱し、結成された日本最初の実業家社交クラブ。名称は「知識ヲ交換シ世務ヲ諮詢スル」に由来するとのこと。慶應義塾出身者が中心で、少しは一般の加入者もあったようです。大正元年に財団法人化され名称が財団法人交詢社に。近年法人制度改革により一般財団法人に改組したようです。
DSCF2791no2.JPG

銀座6丁目、並木通りに石川啄木碑がありました。啄木は亡くなる前の3年間、この場所にあった朝日新聞に勤務していたことに因んでこの歌碑が立っているようです。歌碑には「京橋の滝山町の新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな」とありました。

泰明小学校は明治11年創立赤煉瓦の校舎だったとのこと。現在の建物は関東大震災後建てられた鉄筋コンクリート製。島崎藤村、北村透谷、近藤文麿、和泉雅子、朝丘雪路など卒業生には有名人が多い。
TOKYO PLAZA・ギンマチダイニングから見た泰明小学校。
DSCF2884no2.JPG
敷地の一角に島崎藤村碑がありました。

かつて数寄屋橋があったところが数寄屋橋公園になっています。
数寄屋橋は1629年(寛永6年)、江戸時代初期に江戸城の外濠に初めて架けられ、1929年(昭和4年には、石橋に架け替えられたとのこと。 1952年(昭和27年)、大ヒットのラジオドラマ「君の名は」では切ない待ち合わせの場所として何度も登場し、全国に知られたのです。 1958年(昭和33年)、高速道路の建設に伴い、川は埋め立てられ、橋は撤去され、公園になったのです。
岡本太郎作の「若い時計台」、「君の名は」の作者、菊田一夫の碑が見られました。

TOKYO PLAZA・ギンマチダイニング。
DSCF2877no2.JPG
現在の銀座を見るにはちょうどよい場所です。

銀座4丁目交差点、旧尾張町の安藤七宝店外壁にある七宝焼きからくりモニュメントの悠久の翔。1日に4回動くようです。はじめて気づきました。
DSCF2911no2.JPG

服部時計店は、1881年12月に服部金太郎が創業した輸入時計・宝飾品の販売店。現在は株式会社和光の本店で銀座4丁目交差点に永く銀座のシンボルとして親しまれています。

銀座の恋の招き猫。
三愛の建物の左右の境界に、彫刻の猫がいます。
オス猫「ごろべえ」、メス猫「のんき」が鎮座し、男性はメス猫を、女性はオス猫を、願いを込めて撫でると願いが叶うという「恋の招き猫」だそうです。生みの親は、彫刻家の流政之、ボディはノルウェイ産の御影石。三愛ドリーセンター誕生(1963年)とともに、この場所にいるとのことです。
DSCF2917no2.JPG
この辺りは銀座に来ると必ず通っていたのに気づきませんでした。
この辺りは、鳩居堂、木村屋、山野楽器、教文館、など有名店が目白押しです」。

東京銀座通電気燈建設之図碑。
カルティエ銀座2丁目店の壁面にこのプレートがありました。
1882年(明治15年)に初めてアーク灯が灯され、銀座に不夜城が現出した様子を描いた錦絵を彫刻したものとのことです。
DSCF2961no2.JPG

銀座発祥の地碑
銀座通り(中央通り)に面したティファニー銀座ビル前の歩道にあります。ここには 江戸時代に銀座があったのです。1955年(昭和30年)建立。 「 慶長十七年(1612)徳川幕府此の地に銀貨幣鋳造の銀座役所を設置す 当時町名を新両替町と称せしも通称を銀座町と呼称せられ明治二年遂に銀座を町名とする事に公示さる」と書かれています。江戸時代の銀座とは貨幣の鋳造所のことで、1601年(慶長6年)に伏見に創設されたのが始まり。 その後この地の銀座に統合。 この銀座役所では貨幣鋳造と銀地金の売買が行われ、役所は1800年(寛政12年)に蛎殻町に移転し、銀座が地名として残ったとのことです。
DSCF2974no2.JPG

ヨネイビル。
1897年(明治30年)匿名組合磯野商会設立(創始者:磯野計、共同事業者:米井源治郎)以来明治護謨製造所、明治屋設立、磯野商会、米井商店と次々に改称しながら社屋は現在のヨネイビルになったようです。1〜2階は昔のまま、上を近代的なビルになっていました。

奥野ビル。
かつて旧銀座アパートメントと呼ばれ、銀座界隈でも屈指の高級アパートだったビルです。今はレトロな雰囲気で注目される存在です。1932年の建設当時は、民間の建物では日本で初めてエレベーターを備えたビルでこの手動式のエレベーターは今も稼働していました。今は画廊やギャラリーなどが入っている様子でした。
DSCF2989no2.JPG

銀座湯
銀座1丁目にあるビル型の銭湯。今も営業とのこと。入口には番台、湯船は2種類、浴場には打ち上げ花火と夜景のモザイクタイル絵(女湯)だとのこと。東京駅に近いですから街歩き後、入ってみたいものです。
DSCF2999no2.JPG

白木屋伝兵衛商店・江戸箒
奈良の正倉院に、孝謙天皇が蚕部屋を掃き、豊作を祈るために使った箒がおさめられているとのこと。箒はもともと呪術的 な意味で、神事の道具でもあったようです。植物を 束ねるという箒は今も昔も変わらない掃除道具です。箒の材料は、シュロや竹、ワラ、ホウキギ、ハハキギなど。「江戸箒」はホウキモロコシが材料とのことでした。ホウキモロコシはイネ科の一年草で、草丈は約2mにもなるようです。
DSCF3004no2.JPG

警察博物館。
以前の街歩きの時は工事中でしたが、今年の4月にリニューアルオープンしたとのこと。体験型展示や昔の大事件の解説があるようです。一度伺おうと思いました。

京橋は江戸時代の木造の橋から石造単アーチ橋へと架け替えられたとのこと。1875年(大正8年)の京橋の親柱がこれのようです。
DSCF3017no2.JPG
右側は1922年(大正11年)に設置された照明設備つきの親柱1基。
京橋川は昭和34年に埋め立てられ、同時に京橋も撤去されたようです。 1872年(明治5年)の大火の後、街の不燃化が計画されて銀座煉瓦街が建設され、以後この煉瓦街と街路樹の柳は銀座の柳として名物になったのです。その後煉瓦が発掘されたのを契機に昭和三十一年(1956)当時のままの「フランス積み」という方式で再現し、そこに煉瓦の碑が建てられた。これが上の写真の左側に見える碑です。

江戸歌舞伎発祥之地碑。 
DSCF3035no2.JPG
歌舞伎は1603年(慶長8年)に出雲阿国が京都で"歌舞伎踊り"をしたのが始まりとのこと。そして20年後の1624年(寛永元年)に 猿若勘三郎が江戸の京橋付近に猿若座(後の中村座)を開設したのが 戸歌舞伎の始まり。 その後“女歌舞伎”は風俗を乱すという理由で禁止となり, 歌舞伎は男役者のみで演ぜられる芝居となったのです。

こうして本日は気温23℃薄曇りのなかまっすぐの距離としては5kmくらいだったようですが何しろ見るところが多く、すぐ説明がありますので“歩き草臥れた”まではいかなかった感じでした。ということで午後の約3時間ウォーキングも無事に終了しました。感謝!!
posted by yunofumi at 03:19| あちこちウォーク