2017年04月22日

2017.4.18 銀座線ウォーク第1回

渋谷駅〜赤坂見附駅

銀座線は浅草から渋谷まで19駅、15km、乗車時間は32分。
このシリーズではこのコースを4回として地上部分をウォーキングします。
ということで本日は駅としては渋谷・表参道・外苑前・青山1丁目・赤坂見附の辺りをウォーキングなのです。

JR渋谷駅⇒ヒカリエ⇒宮益坂⇒御嶽神社⇒こどもの城⇒国連大学⇒青山学院⇒高野長英隠棲地⇒AOYAMA RISE SQUARE⇒大松稲荷神社⇒PRADAビル⇒青南小学校・中村草田男句碑⇒微熱山丘Sunny Hills⇒AW kitchen 青山店⇒Blue Bottle⇒表参道駅⇒山陽堂書店⇒斎藤茂吉歌碑⇒善光寺⇒徳富蘆花旧宅⇒熊野神社⇒高徳寺⇒梅窓院・青山氏墓所⇒青山墓地・大久保利通墓・乃木大将墓所⇒外苑前・外苑入口⇒カナダ大使館⇒高橋是清翁記念公園・高橋是清邸跡⇒薬研坂⇒豊川稲荷・大岡忠相墓所⇒山脇学園・武家屋敷門⇒丹後坂⇒赤坂不動⇒一ッ木通り⇒浄土寺・六地蔵⇒赤坂見附跡⇒赤坂見附駅

銀座線の車両は「オレンジ」(橙)、路線記号はG。1927年(昭和2年)に浅草 - 上野間で営業を開始した日本で最初の地下鉄とのこと。当時のポスターでは「東洋唯一の地下鉄道」という言葉が使われたそうで、アジア・オセアニア地域では初めての地下鉄路線とのことでした。また、一番に乗車したのは原鉄道模型博物館の館長、原信太郎だそうで、同館には当時の新聞記事等が展示されているようですから一度見に行くようです。
本日は朝日旅行の日帰りツアーで案内人は東京シティガイド。参加者30名超えのため約10名1グループになって出発。私がいたBグループ案内人は七尾さん。
まずはヒカリエ11階に上り東京メトロ銀座線駅のスタート地点を確認。
DSCF0207no2.JPG
まったく渋谷は工事で大騒ぎ真っ最中です。

宮益御嶽神社の狛犬は全国的にも大変珍しい日本狼石像でした。鎮座は不明といわれていますが、作成は江戸時代1673〜1681年(延宝年間だとのこと。社殿前の日本狼像狛犬は、ブロンズ製で、原形をモデルにして製作した多田端穂作でした。毎年11月には酉の市で賑わうようです。
DSCF0229no2.JPG

青山学院大学は渋谷4丁目に約12万uの敷地に今では幼稚園から大学院までそろっているとのこと。
最初は明治7年、メソジスト監督教会の宣教師によって創立された女子小学校だそうです。
アカデミックな雰囲気の中、先日亡くなられたペギー葉山さんの学生時代の歌碑がありました。
DSCF0257no2.JPG
第93回東京箱根間往復大学駅伝で往路・復路の総合優勝3連覇して大学の人気はうなぎのぼりのようです。

PRADAビル。
表参道やみゆき通りにはブランドショップが沢山あり、どれも著名建築家のセンスをふんだんに使った設計だそうです。このビルはデザインアーキテクトはヘルツォーク&ド・ムーロン。2003年に完成したようですがとても斬新でした。
DSCF0297no2.JPG

青南小学校にある中村草田男句碑
中村草田男(なかむらくさたお)(1901−1983)。俳人。外交官の父の赴任先の中国・福建省で生まれ、3歳のときに帰国し昭和4年(1929)高浜虚子の門弟となり句作に励み、同人誌『ホトトギス』に作品を発表しています。代表句「降る雪や明治は遠くなりにけり」は昭和6年(1931)大学生だった草田男が母校・青南小学校を訪問した際に詠んだものとのこと。昭和52年(1977)青南小創立70周年記念に、この句碑が正門内の校舎前庭に建立されたのです。
DSCF0305no2.JPG

微熱山丘Sunny Hills。
表参道駅から路地に入ったところにあるヒノキの角材で作られたお店。設計は隈研吾さん。
台湾の有名なパイナップルケーキが一番のスィーツ。好きな方は台湾の本店まで求めに行くそうです。
DSCF0323no2.JPG

AW kitchen 青山店。
契約農家直送の新鮮野菜などを使ったお料理を出すお店でした。旬の野菜がふんだんに使われたサラダやパスタがとても美味しかったです。
DSCF0347no2.JPG

山陽堂初代萬納孫次郎は、明治24年(1891年に書店を始め、昭和20年東京大空襲で焼け出されたが敷地に井戸があり多くの人々を助けたようです。
山陽堂書店の壁面には谷内六郎さんの壁画がありました。壁画は昔、新潮社社長が建築途中の山陽堂の前を通り通勤していた時、 週刊新潮表紙を飾っていた六郎氏の絵を壁画にと思いつき昭和38年(1963年)に完成した黄色い背景の赤い風船の絵が壁画第一号、昭和50年(1975年)に現在の「傘の穴は一番星」に変わったとのことです。
DSCF0375no2.JPG

神宮前の北青山熊野神社は神宮前・北青山の総鎮守だとのこと。
熊野神社は元々紀州徳川家・徳川頼宣の邸内(現在の赤坂御所の位置)にあったのを1644年(正保元年)に地元町民の請によって現在地に移遷されたことが始まりで、神社自体の創建は、徳川頼宣が自邸内に御宮を勧請した1619年(元和5年)に遡るとのことでした。
DSCF0431no2.JPG

豊川稲荷は元赤坂にあり、豊川稲荷 妙厳寺(愛知県豊川市)の、唯一の直轄別院(飛び地境内)だそうです。
元々は大岡越前守忠相が愛知の豊川稲荷から吒枳尼天(だきにてん)を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのが最初のようです。
境内には大岡越前守忠相の墓所もありました。
DSCF0533no2.JPG

山脇学園の武家屋敷門。
山脇学園は1903年(明治36年)に山脇玄、山脇房子夫妻により牛込白銀町に女子實(じっ)脩(しゅう)学校として設立され、3年後には赤坂檜町に新校舎を建設し、移転とともに高等女子實脩学校となったのです。
武家屋敷門は千葉県九十九里町の山脇学園・松籟荘内にあった「重要文化財 武家屋敷門」を、本校舎建て替え工事にあわせて、赤坂の本校敷地内に移築したようです。 この武家屋敷門は、もと老中本多美濃守忠民(三河国岡崎藩五万石)の屋敷門で、1862年(文久2年)の大火で焼失したが、直ちに再建され、今日に至ったものだそうです。現在の千代田区丸の内・東京中央郵便局の位置にあった代々老中職の役屋敷の表門なのです。大名屋敷として我が国に現存しているのは、この門を含め僅か三門に過ぎないようで貴重な文化財だそうです。
DSCF0545no2.JPG

近頃、少しは都内散策に慣れてきたので見聞きしたことがある梅窓院などの記事は載せませんでした。
しかしコースの作り方や講師、旅行社の違いで目新しいことも多かったです。今日は春なのに27℃と暑さが厳しく、歩程約7km、約17000歩には満足。まずは晴天を喜びつつのウォーキングでした。
posted by yunofumi at 22:59| あちこちウォーク