2017年04月05日

2017.4.1 第15回東京の新発見 「足立区」後半 

4/1昼食後の歩程
東京都中央卸売市場足立市場・海鮮食堂(昼食)⇒千住大橋駅⇒稲荷神社⇒八幡神社⇒千住神社⇒大黒湯⇒千住宿プチテラス高札場跡⇒横山家住宅・絵馬屋⇒名倉医院⇒足立区学びピア21⇒新千住大橋⇒梅田通り⇒足立梅田郵便局⇒梅田7丁目交番⇒梅島小学校⇒東武スカイツリーライン梅島駅⇒梅島天満宮⇒ベルモント公園⇒西新井駅前交番⇒グリーンロード⇒西新井税務署⇒西新井太師⇒西新井太師駅

千住神社は千住(千寿)に集落が形成され始めた926年(延長4年)、土地鎮護と五穀豊穣を祈り、伏見稲荷より分霊を勧請し千崎稲荷神社が創建されたそうです。1051年(永承6年)、源義家は奥州征伐の際、荒川(現千住大橋付近)を渡り、二ツ森(現 千住神社)に陣営し、戦勝祈願をしたと古記録にあるとのこと。1279年(弘安2年)、武蔵国一ノ宮氷川神社より分霊を勧請し氷川神社を創立。鎌倉時代より江戸時代にかけて、ここを二ツ森といい、旧考録には代々の将軍が二ツ森で鷹狩りを行ったとのこと。寛永年間には、千住が日光街道の第一宿となり、その西方にあるので西の森とも言われた所。明治の時代を経て1915年(大正4年)千住神社と改められたのですが1945年(昭和20年)の空襲で社殿が焼失したとのことですが、1958年(昭和33年)、社殿が再建され現在の姿のようです。
DSCF9459no2.JPG

大黒湯は千住寿町にあり、立派な建物から『ザ・キング・オブ銭湯』と呼ばれているとのことです。この建物は1929年(昭和4年)の建築。脱衣場の天井には、約百枚の日本画があり露天風呂もあるそうです。また大きな浴室には定番の富士山のぺンキ絵も見られるそうです。
関東で多く見られる宮型造り銭湯の様式は関東大震災後に多くつくられたそうです。
大黒湯の建物は三角形の千鳥破風とゆるくカーブした唐破風を重ねた正面の構えはとても立派でした。
DSCF9476no2.JPG

宿場通りを進むと商店のシャターには昔の風景を示す絵が描かれなかなか楽しい。
DSCF9493no2.JPG

横山家住宅は江戸時代後期の建物(昭和11年改修)で宿場町の名残をとどめる商家。敗退する彰義隊が柱に斬りつけた跡や、戦時中に焼夷弾に貫かれた屋根などが残っているそうです。
横山家のお向かいの絵馬屋は代々絵馬を作り続けている吉田屋。縁取りした経木に色とりどりの泥絵具で描く千住絵馬の伝統を守り続け、またその代表作を一括保存しているとのことです。
DSCF9498no2.JPG

名倉医院は1770年(明和7年年)業祖名倉直賢(1750〜1827)がこの地に、骨接ぎの医業を創めたのが最初。全国から患者が来たとのこと。その当時の建物が今も残っているようです。
その後、第5代名倉謙蔵(1866〜1939)が、東大医学部の前身東大の別科を卒業し医師の資格を取得し、昭和6年には神田駿河台に、西洋医学を中心とした整形外科専門病院を築いています。
DSCF9509no2.JPG

荒川の堤防に面して足立区生涯学習総合施設、学びピア21があります。
ここは忘れもしない日光街道歩きで強風と雨にあおられながら駆け込んで休憩した場所。中には足立区立中央図書館、荒川ビジターセンター、足立区生涯学習センター、放送大学東京足立学習センターがありあらゆる世代、あらゆるニーズに合った生涯学習が提供できる施設となっているのです。今日は東京スカイツリーが見えてまた良かったです。
DSCF9517no2.JPG

千住新橋は、足立区千住と同足立の間の荒川に架かる橋。荒川の河口から12.6 kmの地点にあり、右岸は足立区千住五丁目で左岸は足立区足立一丁目で 橋の全長は1981年(昭和56年)竣工の橋は橋長446m、幅員15.75m、最大支間長120mの鋼連続箱桁橋。河川区域外にある橋の前後の取付道路は高架橋で、右岸側は1981年(昭和56年)完工した千住新橋右岸取付高架橋といわれ橋長135m最大支間長45mの連続鋼鈑桁橋に接続しています。

ベルモント公園は足立区と西オーストラリア州ベルモント市との友好親善のシンボルとして作られた洋風の公園。多くの花壇、赤レンガの陳列館(オーストラリアの工芸品・日用品などを展示)、ヒツジのモニュメントやユーカリ・ブラシノキ・アカシアなどのオーストラリア原産の植物などが見られました。また、バラも多く花に季節はとても見事なようです。
DSCF9560no2.JPG

西新井大師は826年(天長3年)弘法大師「空海」が開創し正式名称は五智山遍照院總持寺といい古くから「関東の高野山」といわれています。境内は広く梅、桜、藤、芍薬、菖蒲、紫陽花があり年中花が見られるようです。その中でも一番は3000株以上もあるという牡丹は有名です。
本日は山門が保存修理中だったのでお詣り後は山門前の清水屋さんで草だんごをいただき帰路につきました。
DSCF9574no2.JPG

東武大師線は大師前駅〜西新井駅の一駅区間。元々は大正時代、東武伊勢崎線と東上線を結ぶ連絡線上の駅として開設。第二次世界大戦による東京への大空襲が激化したため営業は休止。戦後、大師様信仰が高まり再び営業を開始。改札はフリーパスで無料でした。西新井駅からは東武スカイツリー線を、北千住でJR常磐線に乗り換え、帰宅しました。
本日は時たまポツポツと小雨あり。気温約9℃でやや寒い感じでしたが12名参加。講師信野先生、CDは黄木さん。スタート10:00。ゴール16:00頃でしたがまずは無事に終了しました。この回は特に日光街道ウォークを思い出すことが多く、大勢でのウォーキングは正直、初めて見るところはイマイチ、ピンと来ていないことも多いのですが今日はおおかた納得でき、楽しめました。感謝。
posted by yunofumi at 19:43| あちこちウォーク