2017年01月13日

2017.1.11 房総へのバス日帰り旅行

朝10:30集合で43名が参加。
添乗員さんは50歳過ぎのおじ様、なかなかハッキリものを言われる面白い方でした。
そしてバスはだたひたすら高速を走り、目的地で自由行動ですぐまた次に向かうというオモシロイツアーでした。

ウエスタ川越⇒厚生水産⇒をくづれ水仙郷⇒房州きよっぱち⇒東京ドイツ村⇒川越駅
陽ざしがまぶしいくらいの快晴の元、富士山を見たり、海ほたる通ったりと、久しぶりの千葉県です。
厚生水産、木更津港のお土産店に立ち寄りました。ここまでで2時間。
店内はいけすもあり、つくだ煮などはお味見して楽しみました。滞在は20分間のみで忙しかったです。
DSCF6648no2.JPG

鋸南町は淡路や越前と並ぶ水仙の産地だそうです。
をくづれ水仙郷の水仙は12月ころより咲きはじめ1月が最盛期とのことでした。
野山に自生して咲いている感じが愛らしかったです。
駐車場から佐久間ダムに向かって道を下り水仙と共に梅や桃の花々を楽しみました。
ダムまでは片道約1kmとのことでしたがのんびり歩いているとダムまでには到達しませんでした。滞在約40分ではちょっと短かったです。
ここは桜もよさそうですからまた機会を見て訪ねるようです。
DSCF6693no2.JPG

DSCF6677no2.JPG

房州きよっぱちは南房総市富浦町深名にある漁師さんとお百姓さんが獲れ立てを販売している市場。きよっぱちとは「清八丸」という船の名前からきているようです。
オープンデッキという場所で遅めの昼食をいただきました。さすがにお刺身が美味しかったです。
DSCF6696no2.JPG

DSCF6698no2.JPG
お土産にめざしと赤魚をゲット。食べるのが楽しみです。

東京ドイツ村は袖ケ浦市永吉にありました。
イルミネーションは毎年テーマを掲げているようで今年は「大冒険」。
バスでの到着が日没直前だったので約250万個のLEDや電球が輝き始めるところも見られて美しかったです。観覧車に久しぶりに乗りました。
DSCF6733no2.JPG

DSCF6795no2.JPG

本日昼間の気温は11℃くらいだったようですが陽ざしがあったのでとても気持ちが良かったです。夜になるにつれ気温はグングン下がったようですがドイツ村辺りではまだまだ大丈夫で大いに楽しみ、夕暮れの富士山も見えとても幸せな気分でした。こちらでの滞在は約60分間。まずまずでした。
DSCF6772no2.JPG

その後また2時間以上、高速をひた走り川越着は20:00。まずはバスの走行距離がすごいツアーでしたからこの帰着は上出来!!やはりお出かけは平日に限る!!
これはこれでオモシロイ旅行でした。皆様に感謝!!
posted by yunofumi at 00:05| ドタバタ日記