2016年06月05日

2016.5.28 鎌倉散策--円覚寺(えんがくじ)

JR北鎌倉駅⇒白鷺池⇒総門⇒山門⇒仏殿⇒居土林⇒妙香池⇒舎利殿⇒黄梅院⇒開基廊⇒方丈⇒唐門⇒笹の森(昼食)⇒JR北鎌倉駅

春も本格的な1日北鎌倉の円覚寺を散策。
そもそも北鎌倉駅も円覚寺の境内だったとのこと。
円覚寺は鎌倉幕府第8代執権北条時宗が宋の名高い禅僧の祖元を招いて建立した。
およそ6万uに寺、庭園、塔頭が42もあったそうですが、現在は元禄時代の塔塔が18残っていました。

参道は北鎌倉駅南口の白鷺池の所から入るのが正式。
DSCF2726no2.jpg

そして第1円覚寺踏切を渡って行くと本格的に境内にはいります。
DSCF2729no2.jpg

急な階段の先に2階建ての山門(三門)がそびえていました。
この門は二重門で、楼上には観音様などが安置されているとのことでした。
また漱石の小説「門」にも登場しています。
DSCF2750no2.jpg

門を入るとすぐに仏殿がありました。
正式には大光明宝殿というようです。
正面には御本尊の木造宝冠釈迦如来坐像が鎮座。
とても穏やかなお顔でした。
DSCF2765no2.jpg

天井には白龍図が、これは迫力が、、、。
DSCF2768no2.jpg

勅使門をくぐると方丈があり、中に入れました。
DSCF2890no2.jpg

妙香池は円覚寺創建時からある池ということでした。
今は緑に囲まれていましたが、秋の紅葉も見事だそうです。
DSCF2787no2.jpg

佛日庵は塔頭のひとつ。
ここで北条時宗が座禅の修業をしたようです。
DSCF2833no2.jpg
境内のあちらこちらは苔蒸しており、まことに風情がありました。

円覚寺を見た後は近くのお食事処「笹の葉」を探し出し、玄米菜食膳をいただきました。
DSCF2971no2.jpg

DSCF2973no2.jpg

本日は鎌倉駅で一度下車。駅前の鎌倉ニュージャーマンでお茶の後、北鎌倉へ移動。
前から訪ねたかった円覚寺は境内が広く、建物、花、植物など楽しみ方が色々出来る所。今日は初めてなので建物などを中心に見物三昧でしたがとても楽しめました。
気温24℃、曇りは絶好の散策日和で歩程約7km、1万歩超は程良い満足感を与えてくれました。まだまだ見る所がある鎌倉です。また訪ねるようにいたします。
posted by yunofumi at 22:57| ドタバタ日記