2021年11月21日

2021.11.18 唐子〜寄居へのドライブ

本日も晴天とのことで友人のSさんとドライブへ出発。
まずは唐子中央公園へは下の道で約20km。小一時間で到着。周り一面の樹木が紅葉し始めていました。ここは実は打木村治著「天の園」の舞台となった地なのです。
「天の園」の簡単なあらすじは元々大家の娘さんだった「かつら」が結婚後夫に先立たれ実家に子供連れで戻ったことがはじまり。物語の主人公は「河北保」。当時でも東松山のはずれだった唐子は相当の田舎で自然いっぱい。彼は母の愛情をいっぱい受けながら、村人やその子供たちなどと大いに遊び、学んだ生活が実に懐かしく描かれています。
私も石川県ですが相当な田舎育ちですのでとてもよく情景がわかりました。
本書は1冊270頁で全6冊のシリーズ。おまけに続編「大地の園」へと成長記録が続いて描かれています。
結局は「保さん」成功物語ですが単純なあらすじではなく時代を充分感じさせますのでとてもお勧めの1冊です。
ということでこの書籍は私の愛読書になり、時々振返って読み直しております。

唐子中央公園駐車場は唐子地区体育館前にありました。
IMG_1062no2.JPG

公園内の「天の園」説明板。
IMG_1065no2.JPG

傍の唐子神社本殿。
IMG_1068no2.JPG

唐子神社神輿蔵
IMG_1069no2.JPG

唐子神社手水舎
IMG_1070no2.JPG

天の園石碑
IMG_1092no2.JPG

唐子中央公園周辺の紅葉
IMG_1080no2.JPG

次は寄居の埼玉県立川の博物館を訪問。上の道で約20km、1時間で到着。
IMG_1095no2.JPG

IMG_1099no2.JPG
ここは埼玉県が、昭和58年から「埼玉の母なる川」荒川の総合調査を行い、その後10年余りの準備の後、平成9年に開館。その後平成18年にリニューアルし現在の「埼玉県立自然と川の博物館」となったとのことでした。会館の目的は「埼玉の母なる川−荒川−を中心とする河川や水と人々のくらしとのかかわりを楽しみながら学べる体験型博物館」ということですから本日も小学生のグループがいくつも訪れていました。

本館。
IMG_1112no2.JPG

館内の様子
IMG_1118no2.JPG

周辺の紅葉
IMG_1100ono2.JPG

IMG_1105no2.JPG

東秩父の精米水車
IMG_1108no2.JPG

皆野のコンニャク水車
IMG_1107no2.JPG

本館より荒川を見る
IMG_1113no2.JPG

IMG_1116no2.JPG

本日は近頃になくのんびりドライブしました。それでも途中で歩き回ってから帰宅後、9000歩達成は満足!満足!
今後ものんびり体力維持を目指しながらゆったり、のんびり元気に過ごそうと思います。
posted by yunofumi at 13:17| ドタバタ日記