2021年10月26日

2021.10.23 Step トラベル バスツアー

ウニクス川越⇒甲州わさび漬けセンター⇒ファッション工房Ambrose⇒横谷温泉(よこやおんせん)⇒蓼科高原チーズケーキ工房⇒長円寺⇒丸井伊藤商店⇒川越駅

今日のツアーはあちらこちらと広範囲にバスで移動のいわばお買い物ツアー。
ということで集合場所のウニクス川越に7:10到着。ところが交通事故渋滞に巻き込まれたバスが遅れて到着のためそれから大急ぎで7:30出発となりました。中型バスで37名参加ですから座席は1人ないし2人での席割。私は職場の同僚Kさんと参加。久しぶりのバスツアー。晴天で富士山もくっきり!気分はルンルン。
9:30山梨県の甲州わさび漬けセンター到着。こちらは石和温泉郷の玄関口にある工場。他の店では小売りされていないという生わさびだけを使用する、珍しいわさび漬けを製造販売している所。約20分の滞在で慌ただしく見学とお買い物しました。
IMG_0011no2.JPG

次はバスで10分のファッション工房Ambroseに到着。
IMG_0035no2.JPG
Ambrosehaは1984年宝石・貴金属などの製造、販売を創業。現在は2代目社長さんが頑張っておられるようです。製品の展示室ではネックレスや指輪をお試しで手に取ってみることが出来ました。ロビーには絵画や原石があり癒されました。
IMG_0024no2.JPG

IMG_0032no2.JPG
社外に出ると富士山がお見送りしてくれました。
IMG_0036no2.JPG

コロナ感染防止のために様々な工夫の場面に出会いました。その中でもバスの中の仕切りは段ボールで作ってあり、苦心の跡が見られました。
IMG_0041no2.JPG

長野県に入ると一段と山々が迫ってきて、いよいよ雪の季節が近いことを実感。
1時間30分ほどでお蕎麦屋さん「遊楽庵」に到着。十割そばをいただきました。
IMG_0050no2.JPG

IMG_0051no2.JPG
横谷温泉旅館では入浴予定でしたがあまりの寒さに湯冷めを警戒して横谷峡の散歩に予定変更。
これは落差15mの乙女の滝。
IMG_0059no2.JPG
昨日は相当な雨量が降ったようでゴウゴウ川が流れていました。
途中には珍しい石灯篭もありました。
IMG_0068no2.JPG

その後1時間で蓼科チーズケーキ工房へ移動。時節柄試食がないのでそそくさとお買い物。

次はいよいよ紅葉を求めて長円寺へバス移動。
IMG_0079no2.JPG

IMG_0071no2.JPG
長円寺は慶安二年(1649)、武田慶尊法印が高野山金剛頂院の法流を相続して開山。正式には要穴山胎蔵院長圓寺。ご本尊は金剛界大日如来。脇士は不動明王と愛染明王。延亨二年火災のため本堂、庫裏とも焼失。同三年庫裏、四年(1747)には本堂を再建し火伏せのため山号を清龍山と改めたようです。

傍に薬師堂がありました。薬師如来は像高91.5cm。檜の一木造りの立像。鎌倉時代の春日の仏師の御作と伝えられるとのこと。日本三薬師如来と云われ旧諏訪大明神の本地仏で、明治の廃仏毀釈のおり諏訪大社上社よりこちらに移された。本日はお姿を見られラッキーでした。
IMG_0082no2.JPG
残念ながら紅葉はまだ始まったばかり。でもお地蔵様も沢山見られてちょっとほっとしました。
IMG_0091no2.JPG

そして最後は丸井伊藤商店へ。
IMG_0094no2.JPG
こちらはお漬物とお味噌の製造元。こちらは創業以来100年を数え、味噌造り一筋に、昔ながらの伝統の技を尊重しつつ、新しい技術も取り入れ、研究を重ねて故郷の味を届けているお店。
IMG_0095no2.JPG
昔ながらの天然蔵には、天然二年味噌、三年味噌が背丈よりも大きな木樽で静かに熟成の時を待っています。
近代的設備を備えた漬物工場では、一つ一つ丁寧に漬け込まれた野沢菜、山ごぼう、セロリ、胡瓜、茄子、しょうが、大根、人参、しその実、みょうが、昆布など高原野菜がありました。
蔵内には、ユニークかつ斬新な神社、「貧乏神様神社」があります。
IMG_0101no2.JPG

こうして17:00過ぎにはバスに乗車しひたすらバスは走りました。いつもの通り談合坂は込み合いましたがまずますお陰様で20:15には出発地点に到着。
ということで自宅に戻れば9700歩は上出来でした。お土産はお味噌を3種類もゲット。我が家の娘はここ数年味噌つくりに凝っておりますので、信州みそを比べてみたいとの希望でしたので買い込みました。ちょっと重かった!!
IMG_0104no2.JPG
娘孝行もできたし、無事にバスツアーも終了。また機会がありましたら参加します。
posted by yunofumi at 14:08| ドタバタ日記