2019年03月25日

2019.3.23. 東京新発見旅第23回 北区

今日はいよいよこのシリーズの最終回。
第1回台東区を2016年9月に開始以来、実に2年7カ月が過ぎ去りました。
この間には私的には色々なことがありましたがまずは元気で過ごせたからの最終回です。感謝!
今日はJR田端駅北口10:00集合、気温9℃、曇天でやや冷たい風もありましたが参加者21名講師は後藤先生、TDは小玉さんで一同元気に出発です。

JR田端駅北口⇒田端文士村記念館⇒東台橋⇒童橋⇒芥川龍之介旧居跡⇒田端八幡神社⇒東覚寺⇒田端文士村の散歩道⇒ポプラ坂・田端保育園/児童館⇒北区立田端公園⇒劇団文化座⇒村の鎮守の八幡神社⇒大龍寺⇒中里橋⇒山手線第二中里踏切⇒円勝寺・伊仕家の墓⇒日本植物防疫協会⇒聖学院⇒滝野川教会⇒滝野川図書館⇒旧古河庭園⇒無量寺⇒平塚神社⇒農務省農事試験場跡⇒滝野川公園⇒東京高等蚕糸学校発祥之地⇒花と森の東京病院⇒東京メトロ西ヶ原駅⇒国立印刷局東京工場⇒滝野川警察署⇒西ヶ原一里塚⇒七社神社⇒渋沢史料館⇒北区飛鳥山博物館⇒飛鳥山公園⇒豫園飯店⇒旧醸造試験所第一工場⇒北区役所第二庁舎⇒王子神社⇒玉子扇屋⇒中央工学校⇒王子稲荷大明神⇒東北線稲荷前ガード⇒北とぴあ⇒JR王子駅

田端文士村記念館は1887年(明治20年)上野に東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)が開校して、田端に芥川龍之介、菊池寛、小杉放庵、板谷波山など小説家や作家(=文士)が集まり住むようになったことを記念して、彼らの功績や素顔を紹介するとともに、北区区民などの文化活動の拠点を提供することを目的として1993年11月開館。
DSCN3141no2.JPG

芥川龍之介旧居跡は更地になっていました。ここは芥川龍之介(1892〜1927年)はが1914年に転入後、亡くなるまでの約13年を暮らしたこの旧居跡地で北区が2023年「芥川龍之介記念館」の開館をめざしているとのことです。芥川の業績を単独で顕彰する施設は全国で初めてということでした。
 
田端八幡神社は文治五年に源頼朝が、この地の豪族豊島氏と共に奥州の藤原一族を平定し、その帰路に駐留したあかしとして、鎌倉八幡宮を勧請し、祭祀を起し、郷土の鎮守とした神社とのこと。
DSCN3152no2.JPG

東覚寺(とうがくじ)は真言宗の寺院。1491年(延徳3年)に創建。堂宇は第2次世界大戦で戦災焼失し、戦後再建されたようです。
DSCN3160no2.JPG
明王殿前には赤壁仁王という金剛力士像があります。病人が自分の患部と同じ位置に赤紙を貼ると治癒するという民間信仰があるとのこと。そしてその後、治癒したら草履を奉納するとのことでした。
DSCN3156no2.JPG

田端文士村の散歩道の案内板があり、そのあたりの散歩道やそのあたりに住んでいた文士たちのことが紹介されていました。散歩道Bの案内板では板谷波山(いたやはざん)のことが紹介されていました。

田端保育園はポプラ倶楽部の跡で、ポプラ坂の名はこれにちなんでいます。ポプラ倶楽部は、明治41年ごろ、洋画家の小杉放庵(未醒)が作ったテニスコートで、田端に住む洋画家の社交場となったのです。陶芸家の板谷波山、洋画家の山本鼎、彫刻家の吉田三郎、詩人の室生犀星、小説家の菊池寛などが、このすぐ近くに住んでいたのです。
DSCN3169no2.JPG

村の鎮守の八幡神社。
DSCN3172no2.JPG
現在の田端は、江戸時代には田端村と呼ばれ、村内は上田端と下田端という二つの地域にわかれていました。各々の地域には、鎮守の八幡神社がまつられており、こちらの八幡神社は上田端の住民の鎮守で大龍寺が別当寺を勤め、もう一つの八幡神社は、東覚寺が別当となっていました。
祭神は品陀別命(ほんだわけのみこと)で、境内には稲荷神社・大山祗(おおやまつみ)神社および白鬚神社がまつられています。

大龍寺(だいりゅうじ)の創立は明らかでないようですが、慶長年間(1596〜1615)に不動院浄仙寺が荒廃していたのを、天明年間(1781〜1789)になって、湯島霊雲寺光海の高足光顕が中興して「大龍寺」と改称したと伺いました。
この寺の境内には、俳人正岡子規のお墓がありました。
DSCN3181no2.JPG
こちらは板谷波山のお墓。
DSCN3177no2.JPG
このほかチェリスト清水勝雄の記念碑、宮廷音楽家E・Hハウス、柔道の横山作次郎、子規を短歌の師と仰いだ鋳金家の木村芳雨などの墓があるということでした。

円勝寺は、僧信阿聖法(弘安9年1286年寂)が開山し、戦国時代末期には曲輪内龍ノ口付近にあったとのことです。当寺は、茶道伊佐家の墓所となっていたとのこと。
DSCN3192no2.JPG
円勝寺の墓域には石州流茶道の流れをくむ伊佐家代々の墓があり、墓石に文化5年(1808)11月銘の初代と二代の和歌及び・俳句が刻まれているとのことです。

日本植物防疫協会は、植物防疫に関する技術や知識の進歩を図り、農業生産の安定に寄与することを目的として1953年に設立。設立以来、病害虫防除に必要な資材の開発と登録の支援に向けた調査研究をはじめ、研修会やシンポジウムの開催など普及教育活動、書籍の発行や各種資材の提供など、植物防疫関連事業を多方面から展開しているとのことです。
DSCN3198no2.JPG

聖学院は1903年、米国基督教会外国伝道協会とアメリカ人宣教師H・H・ガイ博士によって聖学院神学校が設立。その後、キリスト教信仰による人格教育が始まり聖学院中学校(旧制)及び女子聖学院普通学部としてそれぞれ発展し、現在は幼稚園から大学院まで一貫教育体制を整えているとのことです。
滝野川教会は閉まっていて中を伺い知れませんでした。女子聖学院中・高校と 聖学院中・高校の東側の細い道路“聖学院通り”に面した、聖学院の男子校と女子校の境界附近に 石碑があるようです。 聖学院は、アメリカのプロテスタント・キリスト教の一派であるディサイプルス派が派遣した 宣教師によって、1903(明治36)年に「聖学院神学校」として設立され、女子聖学院は 1905(明治38)年に設立された学校です。滝野川教会は当初 聖学院神学校の校内の教会として創設され現在地は、発祥碑のある場所から北に200mほどの所で、美しい尖塔を持つ教会が建っているようです。

旧古河庭園。
DSCN3232no2.JPG
都立文化財庭園は現在9カ所あります。今ではほとんど訪れたことがありますがやはり季節が巡るわけでなかなかすべてを堪能しているわけではありません。まだ3月ですが桜が咲き、椿、雪柳、スミレ、山吹があちらこちらに見られました。
DSCN3227no2.JPG

無量寺の創建年代は不詳。それでも平安時代後期あたりからこの地にあったようです。境内に は、14世紀頃に作られた板碑が多数あるとのことです。 創建当時から長い間、寺号は長福寺だったようですが、9代将軍徳川家重の幼名・長福丸と同じだったことから現在の無量寺にしたとうかがいました。本堂にある不動明王像の前で忍び込んだ盗賊が動けなくなって捕まったことから、この像は「足止め不動」として信仰されるようになったとのことです。現在普段は公開されていないようです。

平塚神社。
DSCN3256no2.JPG
奈良時代荒墓郷「平塚」の地名の由来の“塚”は、神社社殿裏にある「甲冑塚古墳」が元とのこと。 その頃ここには豊嶋郡の郡衙があったのです。平安時代に秩父平氏豊島近義がこの場所に城館(平塚城)を築き、平安後期の後三年の役の帰路に、源義家(八幡太郎)、義綱(賀茂次郎)、義光(新羅三郎)の三兄弟がこの館に逗留し手厚いもてなしをしたようです。そこで義家は感謝の験として鎧一領と十一面観音像を近義に下賜し、後に、この鎧を城の守り本尊として塚を築き埋めたのが塚の初めとされ、「鎧塚」「甲冑塚」と呼ばれたこと、塚の高さがなくて平たかったことから「平塚」とよばれ、これがこの辺りの地名となったようです。

農務省農事試験場跡の石碑が城山公園入口にありました。
DSCN3258no2.JPG
ここには東京府が明治33年(1900)に設立した最初の府立農事試験場が置かれていたとのことです。江戸時代末頃から農業改良が行われていたようですがここでは新しい農業技術の開発やその成果を見習生の養成・講習・実地指導に生かして普及することをしていた様子です。試験場の活動は、野菜や草花の温室による促成栽培試験などもふくめ、多くの面で東京近郊の農業技術改良に影響を与えたのです。農業試験場は1924年(大正13年)には立川へ移転したのです。

東京高等蚕糸学校(とうきょうこうとうさんしがっこう)発祥之地。
DSCN3264no2.JPG
大正時代, 全国各地に“蚕糸学校”が作られたとのことで, 東京蚕糸学校もその一つ。 太平洋戦争後 東京農林専門学校と合併して 東京農工大となったようです。

西ヶ原一里塚は、江戸の日本橋から日光まで続く「日光御成道」の二里目の一里塚で、徳川時代に設置されたままの位置にあるとのことです。大正時代に道路改修工事にともない撤去されそうになりましたが、実業家の渋沢栄一等を中心とする地元住民の運動によって塚の保存に成功したのです。大正11年3月8日には、国史跡に指定されました。
DSCN3277no2.JPG
西ヶ原一里塚そばの七社神社は、古くから西ヶ原村の鎮守として由緒ある神社とのこと。七柱の神である天児屋根命は祝詞の神とも言われ、安産や厄除などの御利益があるそうです。

渋沢史料館はむしろ博物館で、日本の近代経済社会の基礎を築いた渋沢栄一に関する資料を収蔵しているとのことです。
DSCN3286no2.JPG
1998年に建設された「本館」には、渋沢栄一の生涯にわたる業績が展示。 敷地内には大正年間に渋沢栄一が使っていた建物が当時のまま公開されているようです。 「晩香廬」は賓客を迎えるレセプション・ルーム、「青淵文庫」は書庫として使われていたとのこと。

北区飛鳥山博物館。
DSCN3288no2.JPG
北区の郷土資料を扱っている。紙の博物館、渋沢史料館とともに「飛鳥山3つの博物館」のひとつ。 2階部分が入口、受付と講堂、それに企画展示室。3階に飛鳥山アートギャラリー、資料の閲覧コーナー、体験学習室、軽食コーナー。1階部分が常設展示室で1つの象徴展示(豊島郡衙の正倉の復元)、13の時代別に分類したテーマ展示、そして荒川の生態系を取り上げた展示があるとのことでした。

中国料理豫園飯店 (よえんはんてん)は王子界隈で評判の上海料理のお店とのことでした。入り口では、獅子の石像がありました。味付けはあっさりでしたがなかなかおいしかったです。
お料理待ちの間に後藤先生より完歩認定証をいただきヤレヤレ。
DSCN3293no2.JPG

独立行政法人酒類総合研究所東京事務所にあった旧醸造試験所第一工場(通称「赤煉瓦酒造工場」といいます。)は、明治37年の試験所の創設以来、酒類の醸造試験、酒類醸造講習の実習工場として活躍してきたとのことです。建物は、明治期の貴重な赤煉瓦建築物として平成26年12月に国の重要文化財に指定されています。
DSCN3300o2.JPG

王子神社。
DSCN3321no2.JPG
御祭神は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)の五柱で、総称を「王子大神」と呼ぶとのことです。創建は不詳ながら、源義家の奥州征伐の折、当社の社頭にて慰霊祈願を行い、甲冑を納めた故事があります。そしてさらにその後、1322年(元亨2年)、領主豊島氏が紀州熊野三社より王子大神を迎え、改めて「若一王子宮」と奉斉し、熊野にならって景観を整えたとのことでそれよりこの地を王子という地名にし、神社下を流れる石神井川もこの付近では特に音無川と呼ばれているとのことでした。

中央工学校は1909年(明治42年)創立で工業立国を目指す当時の政策に対応するかたちで、建築・機械工学・給排水衛生設備・空調設備・電気設備を、翌年には土木工学を加え4学科体制による夜間の工業学校(各種学校)としてスタートしたようです。田中角栄さんの母校とのことで記念の石碑が校舎前にありました。
DSCN3340no2.JPG

王子稲荷大明神は東国三十三国稲荷総司の伝承を持ち、落語『王子の狐』でも有名で古くは岸稲荷と号したようです。『新編武蔵風土記稿』巻之十八の豊島郡之十によれば、荒川流域が広かった頃、その岸に鎮座した事から名付けられまた、治承四年に源頼朝より奉納を得たということでした。
DSCN3343no2.JPG
願掛けの石や狐の穴跡を見ました。

北とぴあは北区の産業の発展と区民の文化水準の高揚を目的として建設された北区のシンボルで、本格的なホール、多数の平床多目的スペース、各種会議室、音楽スタジオ等、多彩な施設があるとのことでした。最上階の17階は展望ロビーとなっており、北区を一望することはもちろん、東京スカイツリー、はては埼玉まで見ることができました。
DSCN3353no2.JPG

今日は桜がチラホラ咲き始めていましたが、正に「花冷え」の1日でした。それでも空模様が持ちこたえてくれて有難かったです。本日、このシリーズのウォーキングは23回目で実質4時間、約17000歩で完歩出来ました。今後もまた機会があれば元気にあちらこちらと見分を深めたいと思っております。色々ご一緒させていただいた皆様、お世話になりました。
posted by yunofumi at 23:30| あちこちウォーク

2019年03月21日

2019.3.16. 山手線歴史探訪ウォーク 第7回

渋谷駅〜五反田駅
JR渋谷駅ハチ公⇒東京メトロ銀座線渋谷駅⇒SIBUYA MARK CITY⇒豊栄稲荷神社⇒金王八幡宮⇒金王神社前信号⇒魚屋・渋谷3丁目2⇒六本木通り⇒渋谷ファーストタワー⇒青山トンネル⇒実践女子大⇒青山学院初等部⇒常陸宮邸⇒常盤松の碑・渋谷区東4丁目4-9⇒国学院大学⇒国学院大学前信号⇒常磐松(ときわまつ)小学校⇒渋谷図書館入口信号⇒渋谷氷川神社⇒塙保巳一史料館⇒区立広尾中学校⇒都立広尾高等学校⇒福昌寺⇒庚申橋⇒東恵比寿商栄会⇒恵比寿1丁目信号⇒JR恵比寿駅西口⇒JR恵比寿駅東口⇒恵比寿ガーデンプレイス⇒アメリカ橋⇒TOP of EBISU⇒銀平(昼食)⇒エビスビール記念館⇒三田橋⇒目黒三田郵便局⇒三田春日神社⇒茶屋坂⇒アルジェリア民主人民共和国大使館⇒JR目黒駅⇒大円寺⇒大鳥神社⇒五百羅漢寺⇒目黒不動⇒JR五反田駅

JR渋谷駅ハチ公は渋谷駅の待ち合わせ場所として最も有名な銅像。
ハチの飼い主は東京大学の上野栄三郎教授。上野先生が大学で急死した後10年後にハチも死去したようです。お墓は青山墓地の上野博士のお墓の傍。現在の像は2代目。初代は本田晋作でしかもハチの存命中に制作されていたようです。八の市はその翌年だったのも何となく不思議。剥製が現在の国立科学博物館にあるとのことでした。
DSCN4599no2.JPG

渋谷は再開発が真っ最中!!東京メトロ銀座線渋谷駅はいままで地下にあったと思いますが山手線のさらに上がホームになっていました。びっくり!!
SIBUYA MARK CITYは地上25階建て。ホテル、オフィス、バスターミナル、京王渋谷駅、東京メトロ車庫などがあり、綺麗に立派にできたようです
渋谷マークシティの連絡通路で一般公開されている岡本太郎の巨大壁画「明日の神話」を見ました。縦5m、横30mは圧巻でした。
DSCN4606no2.JPG
「明日の神話」は1954(昭和29)年3月1日、ビキニ環礁での米・水爆実験で被爆したマグロ漁船「第五福竜丸」をテーマとした作品。1960年代後半、メキシコのホテルに設置するために制作され、その後行方が分からなかったのが2003年にメキシコ資材置き場で発見され、「明日の神話」再生プロジェクトが発足。1年余りの修復作業を経て2008年に渋谷区を恒久設置先に決定し、同年11月17日より同所で一般公開がスタート。以来、NPO法人「明日の神話保全継承機構」の主導で、毎年秋に壁画の清掃・修復・補強作業が行われ、今年で3回目を迎えたとのことでした。

金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)。
1092年(寛治6年)現在の渋谷に渋谷城を築き、渋谷氏の祖となった河崎基家(渋谷重家)によって創建されたとのこと。江戸時代には徳川将軍家の信仰を得、特に3代将軍徳川家光の乳母春日局は神門、社殿を造営したとのことでした。なお、江戸時代末期まではこの神社に隣接する澁谷山親王院 東n宦i天台宗)が別当寺であった。当初は渋谷八幡とよばれていたようです。社名にある「金王」は、重家の嫡男常光がこの神社に祈願して金剛夜叉明王の化身として生まれたことにより金王丸と称したからだそうです。
DSCN4623no3.JPG
金王丸が植えたという金王桜がありました。
DSCN4625no2.JPG
宝物殿にはとても古い御神輿があり、これは鎌倉八幡宮七神輿の一基で都内西湖の物だそうです。
DSCN4628no2.JPG

常盤松(ときわまつ)の碑。
DSCN4649no2.JPG
「常盤松」は、氷川神社の神域にあった名木で、『江戸名所図会』の「渋谷 氷川明神社」の絵に「神木」として描かれている木がそうです。伝説では、源義朝の側室である常盤御前(ときわごぜん)が植えたとされており下記のような和歌があります。
わがきみの こゝろのまゝに ゆくすえも ときわの松の はなにこそみめ
またこの歌は義朝が常盤御前を想って詠ったものともいわれています。常盤御前は、有名な牛若丸こと源義経の母親で、義朝の死後は公家の一条長成に嫁いだそうです。

渋谷氷川神社。
渋谷地区の最古の神社で古くは氷川大明神といって旧下渋谷村、豊沢村の総鎮守であったとのことです。創始は1605年(慶長10年)に別当宝泉寺第百代の住職宝円の記した「氷川大明神宝泉寺縁起」によると、景行天皇の皇子日本武尊東征のとき、当地に素盞嗚尊を勧請し、その後嵯峨天皇の弘仁年中慈覚大師(円仁)が宝泉寺を開基し、それより同寺が別当となったとあるようです。
DSCN4673no2.JPG
その昔9月29日(現在は9月15・16日)の祭礼に金王相撲が行われ大変な人気だったそうでその時の土俵が今も残っています。
DSCN4668no2.JPG

塙保巳一(はなわほきいち)史料館。
DSCN4678no2.JPG
塙 保己一(1746〜1821)は盲目の学者。現在の埼玉県本庄市児玉町の農家に生まれ、7歳のとき肝(疳?)の病がもとで失明、15歳で江戸に出て盲人の職業団体である当道座の雨富須賀一検校に入門鍼・按摩・灸、琴・三味線などの修行をするが上達せず、雨富師匠の支援で学問を始めて文学・医学・律令・神道などを、さらには賀茂真淵にも入門し『六国史』などを学び、安永8年(1779)34歳から『群書類従』の編纂に取り組み、40年後の74歳で完成させた方だそうです。本日は中に入りませんでしたが館内には書物の元となった版木などが保管されているとのことです。またここを昭和12年に訪れたヘレン・ケラーが「私は子どものころ、母親から塙保己一先生をお手本にしなさいと励まされて育った」と語ったという話を聞きました。
更に埼玉県本庄市には平成27年にリニューアルされたばかりの塙保己一記念館があり、国史跡の旧宅や666冊の本となった群書類従が見られるとのことでした。

福昌寺(ふくしょうじ)。
近代的な建物がいきなりありましたが実は天正・文禄の頃の寺院だとのことです。
入口左手に石棺仏の石刻阿弥陀像がありました。
DSCN4698no2.JPG
彫刻が少ない十五世紀頃の石仏でしかも石材は6世紀頃の古墳型石棺の蓋に使われていた和泉砂岩だそうです。
またすぐ傍に花供養塔があり、説明の碑もありました。
DSCN4695no2.JPG
花は天地自然の美しき心を姿色香にあらわし 人の世の喜怒哀楽につけて その人の心を和らげ慰め励まし無量の福楽を与え来れるものなり
その花を己が商とすることを天職と思い 花を愛し 花と天地自然に感謝しつヽ生花を商う 願心の施主横山サダ及び同業の有志相寄りて人々の心を慰め散り行ける多くの花の命に感謝し慰霊せんものと 渋谷山福昌寺の聖域をトし 茲に供養塔を建立し 併せて施主家の家門興隆同業有志各家の繁栄 業界の発展を祈念するものなり   昭和丙辰51年4月吉日 花供養塔建立協賛会

庚申橋供養碑は渋谷区東3丁目の庚申橋のたもとにありました。1799年に建てられたこの碑は四面すべてに橋講中の世話役や万人講および個人の名が渋谷、麹町、赤坂、芝、麻布、四谷、大久保、池袋、市ヶ谷、目黒、中野、世田谷、荻窪と広い範囲にわたり刻まれており、この橋が江戸時代重要な交通路であったことを示しているのです。
DSCN4705no2.JPG

恵比寿ガーデンプレイスは、渋谷区と目黒区に跨る複合施設で、サッポロビール工場跡地の再開発事業として1994年(平成6年)に開業したとのことです。
東京都写真美術館手前の高層ビルはTOP of EBISU 38階の銀平で昼食。
DSCN4734no2.JPG
煮魚定食はさすがに美味でした。
DSCN4738no2.JPG

エビスビール記念館。
DSCN4748no2.JPG
サッポロビール本社やヱビスビール記念館がある恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿)。そこには、かつてヱビスビールを造る工場がありました。1887(明治20)年、日本麦酒醸造会社(現サッポロビール)が設立され、1890(明治23)年に「恵比寿ビール」が誕生。1901(明治34)年には恵比寿停車場という名の積み卸し専用の駅ができ、そこから「恵比寿ビール」を各地へと出荷。恵比寿という地名ができたのは、その後の話。そう、恵比寿という街の名は、ヱビスビールが発祥なのです
DSCN4751no2.JPG

茶屋坂と爺々が茶屋。
DSCN4774no2.JPG
江戸の初め、田道橋を渡り三田方面に通ずる坂上の眺望のよいところに、1軒の茶屋がり徳川3代将軍家光は、目黒筋遊猟の帰りにしばしばこの茶屋に寄って休息をとっていた。家光は、茶屋の主人彦四郎の素朴な人柄を愛し、「爺、爺」と話しかけたため、この茶屋は「爺々が茶屋」と呼ばれるようになったとのこと。そしてある時、遊猟の帰途、茶屋に寄った将軍が、空腹を感じて彦四郎に食事の用意を命じて出されたのが目黒のサンマ。こうして「さんまは目黒に限る」という落語がいまもつたわっているようです。爺々が茶屋の子孫は、坂下の方に住んでおられたとのことで目黒ニ丁目の島村家がそれで、同家は、代々彦四郎を襲名してきたが、今はもうやめたようです。しかし島村家には、今なお当時の模様を伝える古文書―御成之節記録覚―や一軒茶屋の図が保存されているとの話は面白いですね。

アルジェリア民主人民共和国大使館。
DSCN4777no2.JPG
目黒区三田2-10-67にありました。ホームページで見るとアルジェリアは、アフリカの北に位置し様々な風景を楽しむ事が出来る国。国土面積は、2 381 741 Km2、国境を接する国々は、チュニジア、リビア、ニジェール、マリ、モーリタニア、西サハラそしてモロッコの7か国。アルジェリアを取り巻く国境線の距離は6000kmとのこと島国の日本では想像できないことが一杯と思いました。
緩い登りの権之助坂を上りきるとJR目黒駅。
この後の歩程が大円寺⇒大鳥神社⇒五百羅漢寺⇒目黒不動⇒JR五反田駅とわかっていました。これらのコースは何度か歩いたことがあるため空模様が気になり、本日はこれにて自主的に終了とさせていただきました。
結果として渋谷〜目黒で7km、歩程約15000歩。お陰様で翌日の「MBTノルディックウォークin 代々木公園」に元気に参加し、春の花々を大いに楽しみ仲間と過ごすことができました。感謝!
これで山手線はあと1回、また4月に頑張ります。
それではここでこの翌日(3/17)に伺った代々木公園の春を感じた花をアップしておきます。

ミモザです。
DSCN4782no2.JPG
ユキヤナギです。
DSCN4788no2.JPG
彼岸桜です。
DSCN4790no2.JPG
コブシです。
DSCN4792no2.JPG
posted by yunofumi at 07:26| あちこちウォーク

2019年03月09日

2019.3.3. 東京新発見旅第22回 大田区

今日の大田区は大森区と蒲田区からそれぞれ一文字ずつ採った合成地名。東京都に23ある特別区の一つ。人口約73万人。東京都区部の最南端。大田区は多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接する交通の要地で、東京都心と神奈川県を結ぶ鉄道(JR東海道線・京浜東北線や都営地下鉄浅草線と相互乗り入れする京急線など)の本数が多い。区東部には羽田空港があり、大田区の面積の約3分の1を占める。
大田区でのキーポイントの一つは大森貝塚。1877年(明治10年)横浜に上陸したアメリカ人の動物学者・エドワード・S・モースが、横浜から新橋へ向かう途中、大森駅を過ぎてから直ぐの崖に貝殻が積み重なっているのを列車の窓から発見したのが大森貝塚。これは日本で考古学が発達していった最初だそうです。大田区側の大森駅近くのNTTデータ大森山王ビル横の小道の線路側に石碑があるとのことでしたが今日は雨降りで見に行きませんでした。
もうひとつのキーポイントは文士村。石坂洋次郎、宇野千代、尾ア士郎、川端康成、 川端龍子、北原白秋、、子母沢寛、高見順、萩原朔太郎、三島由紀夫、室生犀星、村岡花子、山本周五郎、山本有三、吉屋信子、和辻哲郎などなどが日常を過ごし楽しく暮らしていたようです。
これらは山王会館や郷土博物館で色々知識を得られるとのことで楽しみにして出発しました。

JR大森駅⇒天祖神社⇒大森射的場跡(日本帝国小銃射的協会跡石碑)・大田区山王2丁目14⇒山王公園⇒山王会館・馬込文士村資料展示室⇒いにしへの東海道石碑・明神橋・大田区中央1丁目14⇒龍子記念館⇒熊谷恒子記念館⇒尾崎士郎碑⇒宇野千代碑⇒ネパール料理タンセンビュー(昼食)⇒真船豊碑⇒南馬込五丁目公園⇒佐藤朝山碑⇒郷土博物館⇒湯殿神社⇒池上梅園⇒村田商店⇒池上本門寺⇒萬屋酒店⇒東急池上駅

本日はしばらくぶりに東京23区のウォーキングツアーです。あいにくの雨降りですが参加者21人はJR大森駅に早々に集合。渡辺先生とTD小玉さんの先導で10:00出発。

JR大森駅に降りたのは初めて。山手線から京浜東北線に乗り換えて到着。1日平均乗降客は10万人弱。道理で駅舎もきれいでしたし人が一杯でした。
天祖神社は大森駅のすぐ傍で正式には神明山天祖神社。享保年間(1716〜1735年)、当地の庄屋・年寄・百姓らが伊勢講を組織して、皇大神宮で御分霊を受け祭祀したのが創建といわれているとのこと。神仏分離令にともない、1872(明治5)年に円能寺から分離し「神明山天祖神社」と改称したとのことでした。
DSCN4476no2.JPG

大森射的場跡(日本帝国小銃射的協会跡石碑)。
大森射的場のあった跡地はテニスコートとなっており、入口付近の駐車場の角に「日本帝国小銃射的協会跡」の碑がありました。この射的場は1889年(明治22年)から1937年(昭和12年)ごろまで使用されていたとのこと。敷地は窪んだところにあり谷間に作られた様でした。1899年(明治32年)明治天皇の御下賜金200円を基金に東京府荏原郡大森村に土地を購入し日本帝国小銃射的協会が設立されたのです。大森射的場は周囲の住宅化により1937年(昭和12年)に横浜鶴見の東寺尾に移転してとのことでした。
DSCN4477no2.JPG

大田区立山王会館。
馬込文士村資料展示室が1階に設けられており、山王ゆかりの文士を紹介する展示がありました。平成7年5月に「馬込文士村散策コース」中の拠点施設の一つとして開設され馬込ウォークのパンフレットもいただきました。
DSCN4488no2.JPG
馬込文士村散策マップがあるとのことでした。
これを見ながら再び気候の良い日に再度伺いたいと思いました。

環七通りの陸橋をくぐった先に「いにしへの東海道」と書かれた石碑がありました。「此の道は 時代により奥州街道 相州鎌倉街道 平間街道 池上往還などと呼ばれていた古道です」と彫られていたとのことでした。
DSCN4493no2.JPG

大田区立龍子記念館は、近代日本画の巨匠と称される川端龍子(かわばたりゅうし)(日本画家)(1885-1966)により、文化勲章受章と喜寿とを記念して1963年に設立。当初は青龍社が関与、1991年から大田区となり現在にいたっているようです。館内には大正初期から戦後にかけての約140点の龍子作品を所蔵。多角的な視点から龍子の画業を紹介しているとのことでした。展示室では、大画面に描いた迫力のある作品が多くありました。
DSCN4494.JPG
龍子記念館の向かいの龍子公園には、旧宅とアトリエが保存されていました。
DSCN4508no2.JPG
ボケが立派な実を付けていました。
DSCN4518no2.JPG


熊谷恒子記念館。
DSCN4525no2.JPG
美智子皇后陛下にご進講されたことでも知られる現代女流かな書道家、熊谷恒子(1893年から1986年)の旧居を改修し、作品を展示しています。春夏秋冬それぞれの季節の作品展が行われています。
作品約100点のほか、書道関係の書籍などを収載しています。

尾崎士郎邸跡、宇野千代邸跡、真船豊碑、藤朝山碑と次々に説明を書いた石碑があり、如何に文士たちの住まいや活躍の場が多かったかがしのばれました。

ネパール料理タンセンビューで昼食。はじめてのネパール料理でした。カレーは相当辛かったですが美味しくて皆が笑顔になりました。
DSCN4537no2.JPG

DSCN4536no2.JPG

大田区立郷土博物館。
DSCN4548no2.JPG
中の展示は大田区の地中の歴史、昔の道具、海苔養殖、大田の物つくり、麦わら細工などみるものが沢山ありました。馬込が発祥の地といわれる馬込大太三寸人参がプランターで育てられていました。

湯殿神社。
DSCN4553no2.JPG

池上梅園。
DSCN4556no2.JPG
ここはもともと日本画家伊東深水の自宅兼アトリエだった「月白山壮」がありましたが戦災で焼失。戦後は築地の料亭の小倉氏の別邸だったとのこと。その後庭園を残して大田区に譲られたとのことでした。現在大田区の花である白梅150本、紅梅220本が植えられているとのこと。今日は雨模様でしたがほぼ満開状態で散策を楽しみました。

村田商店は天草100%の寒天はほんのり甘くお土産にも最適という池上で評判の甘味処。
店先に大きくみつまめ、あんみつ、ところてんと書いてありました。
DSCN4564no2.JPG

池上本門寺(いけがみほんもんじ)は、日蓮宗の大本山。日蓮の入滅の霊場であり日蓮宗の十四霊蹟寺院のひとつでありまた大本山のひとつにも挙げられている寺院です。
1282年(弘安5年)、病身の日蓮が身延山を出て、湯治のために常陸(茨城県)へ向かう途中に武蔵国池上郷(東京都大田区池上)の池上宗仲の館に到着し、生涯最後の20数日間を過ごしたのです。またこの時、池上氏館の背後の山上に建立された一宇を日蓮が開堂供養し、長栄山本門寺と命名したのが池上本門寺の起源ということでした。

総門は元禄年間(17世紀末〜18世紀初め)の建立とのこと。「本門寺」と刻された扁額は本阿弥光悦の筆によるとのことでしたが、現在掲げられている額は複製。オリジナルは霊宝殿に収蔵されているのです。
DSCN4592no2.JPG

大坊には日蓮が亡くなられたお部屋があるとのことでした。
DSCN4566no2.JPG

多宝堂は境内の西方にあり、日蓮の荼毘所と伝えられる場所に建っていました。
DSCN4570no2.JPG

経堂は東京空襲による焼失をまぬがれた建物の1つ。輪蔵形式の内部に回転する八角形の書架があり、天海版一切経が収められていたとのこと。現在は別途保管。1784年(天明4年)に建立。第二次大戦後、大堂再建に伴う旧宗祖奉安殿移設により、元の場所よりやや北側の現在地にありました。
DSCN4577no2.JPG

本殿は、本師(釈尊)のおられる殿堂。1969年(昭和44年)に、戦災で焼失した釈迦堂を再建したもの。
DSCN4579no2.JPG

五重塔高はさ31.8m。空襲による焼失をまぬがれた貴重な古建築の1つ。江戸幕府2代将軍徳川秀忠の乳母である岡部局(大姥局)(正心院日幸尼)の発願により、1608年(慶長13年)に建立され、後に現在の位置へ移築されたようです。
DSCN4583no2.JPG

力道山の墓。この方は大相撲出身だったのがプロレスラーで有名になった方。お酒の上での殺傷事件で命を落としたようです。
DSCN4587no2.JPG

大野伴睦の墓。
DSCN4588no2.JPG
昭和39年に亡くなった政治家。典型的な党人政治家として知られ、「伴ちゃん」の愛称。また、「政治は義理と人情だ」「猿は木から落ちても猿だが、代議士は選挙に落ちればただの人だ」等の名言を残した大物政治家。

日蓮像。
DSCN4591no2.JPG
宗祖七百遠忌記念のとして昭和58年富山県新湊市の黒谷美術株式会社より奉納された像。制作は、斯界の権威 北村西望。北村西望は平長崎の平和祈念像.の制作者でもあります。

萬屋酒店。
DSCN4596no2.JPG
池上本門寺参道沿いで、もとは茶屋を営んだのがはじまりとのこと。つし二階建,出桁造りで江戸時代以来の町家の形式で、上げ下げ戸を含め、旧状を良く残しているようです。門前町の代表的な建物のひとつで棟梁は加藤甚五郎とのことでした。

東急池上線は蒲田から五反田までに15駅があります。1922年(大正11年)に池上本門寺へ参拝客を運ぶ目的で開業。はじめは蒲田から池上、その後、現在の五反田まで開通。沿線では現在も池上本門寺と洗足池が有名。私的には星薬科大学のある戸越銀座駅や昭和大学がある旗の台駅が馴染みです。

本日は出発時から終了まで雨降り。朝は4℃、日中も10℃はなかったかもしれません。
久しぶりにゴアテックスの上下を着こんでいたので特に寒さは感じませんでした。やはり街歩きとはいえ装備は大切なのです。歩程8km、150000歩をこなし、まずますのウォーキングでした。この東京新発見もあと1回の北区を残すのみとなりました。次回は3/23です。晴天になりますように!!
posted by yunofumi at 23:16| あちこちウォーク