2018年06月26日

2018.6.22. 足利フラワーパークへドライブ

自宅⇒川島IC⇒東北自動車道⇒佐野藤岡IC⇒足利フラワーパーク⇒栗田美術館⇒佐野厄除け大師⇒東北自動車道⇒川島IC⇒自宅

足利フラワーパークは栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。それ以来 「250畳の大藤」 として知られていたとのこと。1997年に都市開発の為に現在の足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしたのです。元々湿地帯だった場所だったため園内に炭を敷き、土壌を浄化しすべての生命体の活性化を図ったと伺いました。園内の拡張整備も進み、現在は 94,000u の敷地面積となっているのです。
DSCF9479no2.JPG
園のシンボルは大藤で日本の女性樹木医第一号の塚本こなみさんが移植に尽力し、現在の姿になっているとのことでした。

大藤 4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) と 80m の白藤のトンネルはそれは立派でした。今日は花の時期は終わっていましたが、また来年が楽しみです。そして先日テレビで紹介されたイルミネーション は10月とのことでしたからまた伺いましょう。
DSCF9502no2.JPG

ということで入口ではまずは花しょうぶ。
DSCF9499no2.JPG

園内にもあふれるほどの花菖蒲でした。
DSCF9488no2.JPG

DSCF9485.JPG
そして薔薇の花がこれも見事でした。
DSCF9490no2.JPG

パローレ
DSCF9496no2.JPG

ソルベフラン・ボワーズ
DSCF9541no2.JPG

大きな池には蓮が咲いていました。
DSCF9512no2.JPG

また百合も色々の花が見られました。
DSCF9550no2.JPG

DSCF9568no2.JPG

まずは広い園内を歩き回り花々を堪能した後はレストラン「ウエステリア」で食べられるお花エディフラワーをあしらったローズパフェをいただきました。バラの香りも美味しさを引き立てていました。

次はこの園から徒歩約10分の栗田美術館に伺いました。
DSCF9593no2.JPG
創設者は栗田英男(故人)さん。彼が半世紀にわたり収集した伊萬里、鍋島のコレクションを土台として昭和43年に栗田美術館東京本館を開館、昭和50年にこの足利本館を設立したとのことです。
敷地は2万坪の景勝の地でそれは広々とし、緑豊かですっかり焼き物を堪能しました。
DSCF9597no2.JPG

赤松の道
DSCF9605no2.JPG9605

ミュージアムショップ
DSCF9607no2.JPG

佐野厄よけ大師は朱雀天皇の944年(天慶7年)奈良の僧宥尊上人が開いたお寺で最初は日本仏教で最も古い南都六宗の法相に属し、正式には春日岡山転法輪院惣宗官寺というとのことでした。
DSCF9617no2.JPG

厄除元三慈恵大師一千年御遠忌を記念して建立された「金銅(きんづくり)大梵鐘」
DSCF9611no2.JPG

足尾銅山鉱毒素事件を世間に知らしめた田中正造翁の墓。
DSCF9616no2.JPG

3カ所も一人でじっくり見て回ったのでとっくにお昼過ぎとなり、佐野厄よけ大師前の佐野市観光物産会館で紹介いただいた「鰻魚豊」へ。ちょっぴり贅沢なうな重をいただきました。折角の御馳走なので、敢えて小さいのにお願いしました。近頃になく国産鰻と新潟佐渡のコシヒカリとのことで近年になくふっくら美味しかったです。
DSCF9622no2.JPG

今日は露の真っただ中ですが天気予報に後押しされ朝早くに出発。東北自動車道を走り佐野ICで下に降り、約80kmで足利フラワーパーク到着。カーナビの御蔭で何ら迷うことなく爽快な気分のドライブでした。途中休憩なしでは1時間30分くらいですからちょっと気分転換にはよい距離なのです。
一日中ほぼ快晴で気温28℃は少し汗ばむくらいでした。本日訪れた所はいずれも初めてでしたので見て歩きはとても楽しかったです。特に足利フラワーパークは季節によってはまた別の風景も楽しめそうと思いました。そうそう足利フラワーパーク駅が正門のすぐ傍にできておりこれまたお客さんには一段と便利になったようでした。
posted by yunofumi at 00:05| ドタバタ日記