2018年02月10日

2018.2.6 南方熊楠生誕150周年記念企画展へ

本日は国立科学博物館へお出かけ。
DSCF4858no2.JPG

昨年の12/19〜本年3/4までの企画展に何としても伺いたいと思っていたので、本日は仕事をお休みしてお出かけしました。
DSCF4838no2.JPG

南方熊楠は100年生まれるのがはやかった!といわれている天才!
1867年(慶応3年)和歌山に生まれ、8歳の時にはすでに本草網目を筆写していたようです。
1884年(明治17年、17歳の時、今の東大予備門に入学したようです。同級生としては漱石や子規がいたようです。
2年ほどであっさりここを中退し米国へ。何しろ語学力が相当だったようでその後、ロンドンにもわたっています。
1900年(明治33年)に帰国後、熊野や那智などの隠花植物、変形菌などの収集や発見に没頭したようです。
今回の展示では長年学者と思われていた熊樟が実は自然を愛する科学者!と紹介していたようです。

しかしこの国立科学博物館はなんてすごい所なのでしょう。今まで数回訪れたことはありましたがこの展示の仕方も含め大いに感激しました。さすが国立!
DSCF4842no2.JPG

ということで半日どっぷり時間を費やす大いに楽しんで帰宅しました。高齢者の入館料が無料だったのもありがたかったです。
今後は月1で伺うかしら、と思いました。
posted by yunofumi at 21:17| ドタバタ日記